江ノ電

*インスタグラムから


えーと、江ノ電に久しぶり乗りましたよ。

高校時代の通学電車でした。

毎朝遅刻をしていました。笑

小さな電車が、
三つの高校の生徒で破裂しそうにぱんぱんになるので
それが終わってから乗るとどうしてもそうなるのです。

だから、私が乗るのは、
いつもがらがらの電車でした。

で、そうすると、
だいたい同じ顔ぶれがいらっしゃいました。

で、別に、
だからといって、
交流するわけでもなく。。

で、学校へ行ったら行ったで、
授業を聴くでもなく、
上の空で、
だいたい寝ており。。

海へ行ってしまうことも
よくありました。

念のため書いておきますが、
他の同級生の名誉の為にも、書いておきますが、

学校は、がらの悪い学校ではないです。
お勉強的には、学区の中には全国的にもとても優秀な高校もあったので、
それからしたら偏差値的は下がるけれど、
決して悪くないです。
生徒さんたちはわりと品の良い感じ。
そして、自由な校風でありました。

毎日遅刻していました。と、言いましたけれど、
私自身は不良少女というわけじゃないですよ。

ただ、自由な校風をいいことに、自堕落に過ごしていました。

よっぽど不良少女のレッテルを貼られるくらいだったら、
私は、誰かのケアを受けられたのかもしれませんね。

毎日遅刻をしているのに、
授業を受ける態度も酷いのに、
テストの点も悪いのに、

なんで卒業できたんだろう?

と、
最近思ったんです。

今頃。笑
随分時間差がありますね。

卒業させるな!

と、ツッコミたくなりましたよ。

もっといかにもーな格好して、
不純異性交遊でもしてたら、
「どうしたの?」って聞いてもらえたんでしょうかね?

「暴走族」「不良少女」
などなど、
そういった、分かり易い看板を掲げていたらね。

そんなコスプレも、
ちょっと、、ね〜。。
恥ずかしいじゃないですか。
「実は、助けてください」みたいな、あからさまで。笑

だけど、
本当に本当にサポートを求めていました。

そして、それを、まったく認識できていませんでした。
まったく、自分が何を必要としているのか、
わかっていませんでした。

そして、
これだけはありましたね〜
「誰かと話したい」

すごく。

話せたら、
何を自分が今最も求めているのか、
気づいたのかもしれません。

誰かが教えてくれる
のじゃなく、
鏡が必要だったんですね。

鏡を、欲していましたね。

それを、身体の中ではわかっていたのでしょうね〜。

よくよく正確に写し返してくれる、
鏡です。

鏡を、探していましたね〜。


そんなことを、
今、思ったのでここでシェアしますね。

そんな、高校生でした。
わたし。

みなさんは、どう?









〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

     




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






[PR]
# by masumihug | 2017-09-23 12:34 | 日記