出産シーンの話しの違和感の件

「産めない女性に対して配慮がない」などと、
批判殺到。。的な、

記事を、
ネットのニュースで見かけ、

「へ~」と、思っていたら、
それは、なんと、
その番組の放映前で。。。

「なんだ、まだ、放送してないのに、
批判殺到??」

という、違和感が、まずあって。。

で、
わたしも、「産んでない女」として、
ちょっとだけ、
いや、結構、
この、見出しに、反応している自分に
気づいていて。。。

そして、
反応しちゃっている自分が、
実は、かなり情けなく。。。

危うく、尻馬に乗りそうな、
自分にも気づいていた。

こういうときは、
こんな感情が湧いてしまった時は、
特に、マスコミの流すものの時は、
注意した方がよくて、

世間の雰囲気を、作ることに
長けている人達だから、

「わたしがそうなった」ってことは、
他にもたくさんの
そうなった人がいるはずだ。

正気に戻って、
そうなることを
目論んでいること、
疑った。

なんであれ、
話題になれば、
テレビ局は、
「しめしめ」なんだから。

そして、
実際の放送が終わって。

スイマセン、
わたしは、観ていないですが。

観てなくて、なんだかんだは言えないのは
承知の上で、書いております。
ご了承ください。

そして、普段もこの番組は観ていないです。

そして、
観たいとは、思わなかった。

それが、すべてを物語っている
ワケですが、

そして、

わたしが違和感に感じていることが
もっと、ありそうだと、
うっすら感じていた。

そのことが、
やっと分かってきた。

この方、産んだ方、
その芸風が、
「女性でありながら、体を張った芸」というのを、

つまり、
カンタンな表現で言うと、
いわゆる、女を捨てた芸、
というだろうか、

そういうことをしている人、
という認識で、

昔、見たときに感じた
痛々しさというのを
覚えていて、

その人が、いきなり、
自分の、「女性」というのを
テレビで見せようということに、
わたしは、何か、
気味の悪さを感じたんだ。

女性の女性たる、
女性にしかできない、
「産む」という、
最高級に、女の特権みたいなことを、
使って!

いきなり、
まさに、いきなり、
アピールしようとしていることに、

何か、しらけたというか。
乱暴過ぎる。

と言うか、
結局、彼女は、同じことをしているワケで、

「女であって、人前で、カメラの前で、お尻を出す」という、
女にしか出来ない、芸をすることと、

女にしか出来ない、出産を、
人前でするということと、

そして、
ちょっと、違うのは、
それを、
身内で、おめでとう!というのに
つき合わせようとした。

そして、その
言いワケとして、

息子のためとか言い、

CCDカメラで撮るから、これは、
いつもの体張った芸と同じです
と言わんばかりの。

体裁?をとって。

なんだろう?
気味が悪い。
乱れた意図。

ちぐはぐな意図。

それが、わたしの違和感です。

いやいやシャレですから
ってスタンスを、
持ちたい。

ことここに及んで。

とても、
中途半端な感じ。

そんな、
両親の、中途半端さを、
破るように、
この、カラダから飛び出してきた
赤ちゃん。

これだけは、
この人だけは、
本気で飛び出して来たワケだ。

多分、
両親、少し、ここではっとしたんじゃ
ないだろうか。

生命の本気さに。

当事者が、もう一人いたことに。

そして、
息子は、
産まれた瞬間から
両親によって、
勝手に、
テレビに出された。

子どもが、挫折した時に
見せたいって、言い訳は、
フワフワして、
本当に、そうなった時、
この両親は、
自分達の浅はかさに、
赤面するんじゃないか。
恥じるのじゃないか。

そして、息子に、
謝りたくなるのじゃないか。

本気だったのは、この息子だけ。

まったくの、
わたしの
勝手な想像。
です。

しかし、
わたしの違和感は、
こんなことまで、
含んでいる。

それくらい、
この件は、
インパクトが、
実は、あったのです。

多分、
世の中の多くの人が、
言語化出来ない、
し辛い、
モヤモヤに苛まれたんじゃないか
と、思う。

「産めない女に配慮」云々、なんて、
キャッチーな言葉に、
ぼやかされないで!

ぜひ、そういう方は、
そのモヤモヤと、一緒に居て、
ぜひ、
言語化してほしいなと、
願います。

そして、
周りの人たちと
シェアしてほしい。

今、観ている人達の方が、
よっぽど感性が高いのです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ



by masumihug | 2015-07-09 22:52 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug