人気ブログランキング |

共生球 その1

知人が赤ちゃんを産んだ。

それで、思い出したエピソードがあります。

随分と前になるけれど、
あの感覚を思い出した。

小さいお子さんをお持ちのお母さん達が
集まるイベントのお手伝いをした時のこと。
わたしは、ベビーシッターをやった。

それをやるということ自体、
今考えると、自分の選択とは思えないのだけど、
その時のわたしは、興味が勝って、やってみることにした。

だけど、ドキドキだった。
だって、いい歳して何一つ経験がない。
わからない。

分かったフリも出来ない。
予習も出来ない。
丸腰で、向かうしかない。
って言ってる時点で、相当おかしい。
構え過ぎてる。

おかしくなっていると、
恐怖を増大させる想像がどんどん膨らむ。

そして、理由を見つけ始める。

こんなふうに、

わたしには子供がいないから、

子供を預けるお母さん達は、
きっとわたしのことを、
不信な目で見るに違いない。

わたしには出産経験がないから、
お母さん達は、わたしをバカにするに違いない。

惨めな女と思うに違いない。
負け組とジャッジするに違いない。

そして、
想像はどんどん膨らんで、

もしそんなことになったら、
わたしはもう立ち直れない。
そのダメージは、致命傷になる。
あぁ、そんな経験は死んでもしたくない。
なんて。

実際は、そんな事態は微塵も起こらなかった。

お母さん達は、
そんな他人のことなんて、
見てない。笑

で、もっとすごい体験になった。
やって、良かった。

長くなりそうので、次回に続きます。。。。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。




by masumihug | 2015-11-13 22:40 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug