それが出来ないって感じることは

あなたが、なにか。。

もっと上手にそれができたらいいのにって

思うことが何かありますか?


或いは、過去にそんなふうに思っていた

何かがあったでしょうか。


それが出来ないって感じることは、

あなたが、それに対する要求レベル、

すごく高いんだね〜。と、

思うんです。


出来ないんじゃないんだ。


むしろ出来てる。


もっと言うと、

そこに才能がある(可能性がある)。


そこに、どうしても妥協できない

基準のようなものが、

あるのじゃない?


だからこそ、

本人の要求レベルが高い。


と、言ったら、

どんな感じがしますか?


出来てない感が高まる。

欲求不満になる。


と言うことは、

がっかり感が大きい。

(がっかりは、先に期待があってこそ生まれる)


ひいては、やらなくなる。

これは、実にもったいないこと。


どうでもいいことだったら、気にならない。


要求レベルが高い。と言うことは、

「違う、そうじゃない。」

と、(笑うとこじゃないんだけど)

と、言っていることが多いかもしれません。


「そうじゃないんだよ!」って

感情が湧いてきてるのも受け取っています。


「そうじゃない」

「なんか違う」


ダメ出しばかりしている自分にも

ウンザリしてきます。


一方で、


どうだったらOKなのか?

どんなものを求めているのか?


と言われると、「。。。。」

それを描写することは、

難しい。。と感じているかも。


本人も探している。

もしかしたら、四六時中。


そして、「どうせ見つからない。」

と、がっかりしているかもしれない。

絶望しているのかもしれません。


「見つからないものを探している」って

思い始めているかもしれないです。


多分、外へ探しに行っても見つからないです。


誰も再現できないものだからです。

誰も、見たことがないものなんだと思う。


あなたのそのレベルには誰も届かない。ワケです。


のだったら、

あなたが創れる可能性があるワケです。


探しているモノが、

あなた自身の可能性があります。


あなたの中へ探しに行く価値がある。

あなたがちょっとそこは粘る必要があるかもしれません。


今まで散々外へ探しに行ったことを考えれば

なんてことないです。


散々陳腐なものを見てきたあなたは相当な目利きになっているし。

そのための修行だったんだね。って、

わかるかも。


自分の中へ探しに行く時。


あるはずです。

だって、「それ違う」ってあなたが言う時、

あなたが基準にしてるのは、

あなたの中に確かに存在してる「物差し」だから。


それを、探求しに行く時です。


あなたにとって、外にあるものを採用する時代が一通り終わった

時なんだと思います。


おめでとう。




〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

 



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。







by masumihug | 2016-10-15 01:49 | 個人セッション

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug