人気ブログランキング |

安心して悲嘆にくれよう

悲嘆にくれている人がいたら、
その体験を邪魔したくない。

絶望している人がいたら、
むやみに大丈夫なんて言いたくない。

葛藤している人がいたら、
うれしくなります。
「わぉ!」
なにかが生まれるんだね!

普段のコミュニティーの中では、
誰かのそんな状態は、
薄めようとされるかもしれません。

その人は、
悲嘆にくれる、
絶望する、
葛藤する、
っていう体験を今まさに
味わっている最中。

そこに、
こんな言葉がかけられたりします。

「私の歳になればわかるから」
「そんなこと考えない方がいい」
「前を向いて」
「どんな時も笑顔で」

それは、誰の為?

耐えられないだけです。

悲嘆にくれている人じゃなくて、
見ている人がです。

本人の貴重な体験は、
ストップされてしまう。

ディスカウントされてしまいます。
もったいない。

安心して悲嘆にくれることができるって
ものすごく贅沢なことなんです。

安全に絶望することができるって
なんて稀有な経験でしょう。

葛藤と、真剣に向き合うって
最高に前向きなことです。
(前向きって言葉は大キライですが)

普段のコミュニティーの中では、
なかなかさせてもらえないことかもしれません。
タブーとされている人もいるかもしれません。

人間に起こってくることで、無駄なことなんて
ないです。すべてに意味があります。

それと、関わってみることができます。
それにどっぷり浸かってみることができます。

何が起こるでしょう。
体験してみることができます。

環境を整えて、
安全を確認して、
時間をたっぷりとることで、
見えてきます。

そこが、探求の入り口になります。
自分の中へ答えを探しに行けます。

他でもない、自分だけのための回答です。
知恵にあふれています。
身体ごと納得感があるかもしれません。

個人セッションの時間は、
そんな時間になります。

そして、そんな体験を経たあなたは、
次に悲嘆にくれている人を見たら、
その人の体験をそのままにしておきたくなる自分に
気づくかも。ね。

その「悲嘆」「絶望」「葛藤」が、
貴重なものだって分かっているから。

心の中でエールを送るかもしれないね。

そして、ひとまわり統合している自分を
実感するのかもしれません。

そして、
誰かの「悲嘆」を見たくない人たち。
のことにも想いを馳せることができるかも。

その人たちは、慰めるテイを装って、
自分がそれを見たときに自分自身に起こる(であろう)
感情の高まりを受けとめることができないと予想して怯えている。

言わば、自動安全装置が働いている。
無意識のなせる技。

そして、
相田みつをみたいなこと言ったりしちゃいます。
口から滑らかす。笑

「自分の感情の変化、動揺、を、どう扱ったらいいか分からない」
「自分がどうなっちゃうか分からない」
「恥ずかしい」
だから、
「ないことにしなくちゃ!」となるのです。

ひとまずその場を、やり過ごす為のシステムを
人は備えています。
無意識のなせる技です。
ある意味、健康体でちゃんと機能してます。

ただ、それは、自分のために使うだけでいい。

人のその体験まで薄めなくていい。

「ああ、いま、自分の安全システムが稼働中だな」
って、気づいていればいいのです。

そして、
一旦、「そんな自分に気づいている」の状態を
知ったなら、

あなたは、大切な人をサポートすることができます。

つまり、

悲嘆にくれているのが、あなたの大切な人ならば、
ただ、一緒に居るということを選ぶことができます。

もしかしたら、今までだったらただオロオロするしかなかった
局面に、選択の隙間があることに気づくワケです。

これ、何気なく読んでしまうと思うのですが、
大きな違いです。

そして、一緒に居るを選んだら、
言葉は要りません。
いいこと言わなくていいです。

ただ、居てくれること。それがなんと贅沢か。
それは、最高の、大切な人へのサポートになります。

サポートしようとしなくて、サポートになります。

その相手へ100%の貢献をする必要はない。し、
サポートしているフリをする必要もありません。

ただ、一緒に居ます。
自分自身を感じながら。
ただ、呼吸と共に。

それは、悲嘆にくれられるスペースを提供しています。
それは、存分に悲嘆にくれていいよという時間を提供しています。

それだけで、でっかいメッセージになっているんです。

そして、あなたは、あなたの大切な人が、悲嘆の底から
生命力を胸に抱いて浮上してくるのを目の当たりに
することになります。
それを見れば分かります。

人ってすごいです。
悲嘆にくれている人も、
ただそこに付き合った人も。どっちも。

自分自身の「気づく」力、
セッションの中で出会えるかもしれません。

お会いできたら光栄です。


*個人セッションは、医療行為ではありません。




〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

 



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。









by masumihug | 2016-10-19 19:16 | 個人セッション

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug