映画『太陽』


a0205246_16494913.jpg



アレクサンドル・ソクーロフ監督の『太陽』


ずっと観たいと思っていて、でも忘れていて、
中古DVDを入手する機会を得て、ふいに観ることができました。


おもしろかったです。
なんというか、鑑賞後の自分の感覚に、興味深く、います。


戦争を取り扱っている映画を観た後に、
こんな観点を得たのは、
初めての体験かもしれないです。

日本人ではない人が作ったから
かもしれません。いや、この監督の才能ということですね。


昭和天皇という人のことを、
あまりよくよく知ろうとしたことがなかったのだけれど、
だけれども、
ここ数年であの方の評価が変わってきていることくらいは知っていて、
それが事実かどうかは誰も証明できないけれども、
どうやら、そうらしい、平和を求める人だったらしい、
ということはなんとなく情報として知っていました。


そして、
ソクーロフというロシア人の監督が、
『権力者4部作』シリーズの第3作目に
昭和天皇を取り上げたことにもちょっとした驚きがあって、
その第1作目がかのアドルフ・ヒトラーだってこともあいまって、
とても興味がありました。そのタイトルは『モレク神』。


『太陽』は、もちろん、天孫である(とされている)昭和天皇のことを象徴している。
そして、それを初めて手放した人でもある。

作品は、もちろんソクーロフさんのフィルターを通って私たちに見せている。
こと天皇のことに至っては、誰にも事実を確認することは出来ない。
この作品はどこかへ私たちを誘導しているかもしれないってことを誰も否定できない。
史実と違う!ときっと言う人がいる。

ということを踏まえた上で、
私のごくごく個人的な感想を書いておきたい気持ちがあります。

私も日本人の一人で、
この映画の余韻が、
身体にずっと響いているのです。

そういう一人の人の、
殆どが想像で出来た感想です。と、お断りしておきます。


とても、良かったのです。
思いもかけないインスピレーションを得られたという点で。


そして、「とても合点がいった」という言葉が
私の中にあることに気づきます。

そういう感想を持ったことが、不思議でもあります。

映画は、第二次世界大戦の終戦間際を描いています。
が、いわゆる戦争映画のように、テロップが入りません。

戦争映画って、場所の名前や、軍人の名前や肩書きが
入るのが当たり前。そんなものは一切なしです。

説明もなしです。

ナレーションもありません。


ひたすら、ヒロヒトさんの行動、言葉、振る舞い、を追っています。

彼の頭の中の言葉も、まったく出てきません。

だけど、伝わってきます。
あぁ失礼!それは、私の解釈ではありますが、
私が、受け取っているのに気づきます。


口をパクパクする癖がかなり誇張されてはいましたが、
その癖にも、映画を見て、合点が行きました。


彼は、「いやいや、そうじゃなくてね」って、言えないんです。

「あ、そ」としか、言えないんです。


神で居てほしい人たちに、そうであってください!と無言で言われています。

一番偉いのに、命令の中にいます。
自分でさえ、自分に命令していたと思います。

たくさんの「そうじゃなくて!」
という自分のことばを抱えて、飲み込んで、
いたのだろうと想像しました。

口をパクパクもごもごするしかなかった。
実際には、声にならない声で、
何かを脳内で言っていた。

のだろう。


御前会議で意見を申される場面は、美しさを感じました。

明治天皇が大正天皇に伝えた言葉、
それは、和歌のようなことばなのですが、
それを比喩として自分の意見(命令)をします。

この時ばかりは、口をパクパクせずに
言葉にした。ということは、強い主張だと
そこに居並ぶ軍部・閣僚たちは受け取ったと思います。

平和を求めよという強い意思を感じました。
つまり、降伏ということです。


昭和天皇は、戦争中、嘘の情報を聞かされていたと聞いたことがあります。

参謀たちは自分たちが動き易いように、
「あの人にはこう報告しておこう」くらいな扱いを受けていたというワケです。


マッカーサー司令官との食事会の場面。
もしかすると、マッカーサーは、
「この男はちょっと気が触れている。」
「生かしておいても害は無し」とでも思ったのでしょうか。

「神格を手放す」という合意を迫って、取り付けたのだと思います。
その晩、ヒロヒトさんは寝ずに過ごします。

万世一系の天皇家を思えば、
自分が神格を手放す責任の膨大さが分かります。
だけど、彼は、多分、その時、
自分自身の家族を想ったのではないかと想像しました。

何より、妻と子供たち。

そして、もしかしたら、国民。
少し、想像をたくましくすれば、国父という気持ちもあったかもしれません。

あるいは、自分と同じように、
国民の中の、家族という結びつきに思いを馳せたのかもしれません。


香淳皇后がヒロヒトさんの元へ久しぶりに帰った時、
「私はやったよ」「運命を拒否した」と言いました。
そして、皇后の胸に頭を埋めました。


とても若い時に天皇に即位し、
たった一人でその立場を背負い、
戦争を経験し、
味方をもぎ取られ、
だけれども、彼にはまともさが残っていたと思いました。

それは、「愛」というのを知っていたことだと思うんです。

たった一人で天皇職をやっていくときに、
明治天皇、大正天皇、それ以前の天皇たちがどんなことをしていたか、
難しい局面でどんな判断をしてきたか、
に、貪るように答えを求めたのじゃないかと想像しました。

生きていて近くにいる人の中で誰も共感してくれる人は不在です。だって神ですから。

外へ探しても分からなくて、自らの内側へ聴いた時、

自分は、「人間だ」。ってところに帰結したんじゃないでしょうか。


そして、理由は、「愛したい」し、「愛されたい」ってことです。


「愛」だけじゃ足りないんです。欲があります。

人間ですから。「愛情」という、矢印、情動、「わたしとあなた」。

「愛したい」「愛されたい」が、自分自身の中に確かにあることに気づいたんじゃないでしょうか。


だから、私は、神じゃない。

みんなと同じ人間なんだよ。

私は、「愛したい」そして、「愛されたい」それが、何よりの証拠だ。
私が人間である証拠だ。

これは、まったくの私の妄想なのですが、
映画を鑑賞して湧いてきたものです。


侍従長は、ヒロヒトさんの時折みせる「おんなじニンゲンダヨ」に不服そうで、
それに対してヒロヒトさんは、「ま、よかろ」「なんというか、冗談だよ」と言います。

こういう時だって、真っ向から持論を並べることはしない。出来ないです。
それは、大きなテーマに対抗することになるのを知ってるから。
侍従長と議論するのは無駄なのです。

だけど、終戦に当たって、彼は自分自身の思いを優先した。
というふうに見えました。


香淳皇后との関係、子供たちとの関係が実際にはどのようであったか分かりませんが、
その子である現在の天皇陛下の姿を見る時に感じるものがそれを表しているように思うんです。
これは、私だけではないのじゃないかな。
そして、それを引き継いでいる現在の皇太子。


この映画を観る体験を経て、
あくまでも私なりの解釈ですけど、それを前提にしてみると、
この現在の皇室、と言うより、「天皇一家」は、まだ新しい試みの真っ最中なのだと思いました。


神でいて欲しいという勢力もやっぱり近くにいるのだろうと想像します。
抵抗勢力もたくさんいるんでしょうね。
苦悩して当たり前だな。今、試行錯誤を見せてくれている。


戦争というものを、ここまで引いて引いて、つまり
後ろへ下がって見たのは初めてです。

これだけ淡々と見ることで、眺めることで、
見えてくるものがあったように思います。


もっと言ったら、(この戦争は)天皇が神格を手放すために
必要なプロセスであったのじゃないか?くらいまで思いました。


あれだけの影響力のある人物ですから、
それくらいの大きなプロセスがあっても不思議ではないです。大波が起こります。


何か事が起こっている時、
目立つ激しいストーリーに気を取られがちですけれど、
それが行われている大きな大きな背景へどんどんどんどん降りて、
その大きな背景も含めていった時に
見えてくることがあると、「夢の探求」などを行っていて感じます。

取り得る観点として、何か共通のものを感じました。

もう一度言いますけど、
あくまでもこれは、私の解釈です。

そして、映画は、作品です。
殆どフィクションと言ってもいいと思っています。

そして、この新しい観点は、私のものです。
それは、私をしっくりさせているのに気づきます。


いろんな人に見て欲しい作品です。
お勧めします。








個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







[PR]
by masumihug | 2018-05-17 23:28 | 所感