人気ブログランキング |

自分の中にうねるもの

「女性ばかりを狙う「ぶつかりおじさん」は、ストレス社会が生んだモンスターなのか?」
という記事を興味深く読みました。



この記事に出会って、

ああ、やっぱりアレは、
わざとだったのか。。

と、合点がいきました。

そして、
記事の中にもあるように、
同じ経験をしている人が多いとわかりました。

記事にしてくれて
世の中で共有してくれて
有難い。

不意にぶつかってしまった時とは、
明らかに違うのがわかります。

あるのは、

距離が、あったはずなのにな〜
おかしいな〜

というのと、

不意で、無防備なところに、
一撃を食らわされる
「突然さ」と「驚き」で
一瞬何が起こっているのかわからない
茫然自失状態。

そして、次の瞬間に
身体に痛みがあることに気づきます。
それもかなりの痛みです。

そして、
「もしかして、やられた?」

と、考えが至ると、
恐さが広がってきました。

男性から攻撃を加えられたのだ
という事実におののきます。

命の危険を感じます。

私に、何か非があったのかな?
と、少し前の自分の振る舞いを、振り返ります。

でも、思い当たらない。

そんな、経験が複数回ありました。
もう殆ど忘れていましたけれども、
記事に触発されて、
体験が蘇ってきました。


そして、
改めてこの記事を
ゲシュタルトのファシリテーターの目線も
含めて、読んでみたことを
書いてみようかなと
思いました。


その時を巻き戻して
私は、彼に確認したいと思いました。

できたら、その場でその時に確認したかった。
少なくとも、「ちょっと、ちょっと、ちょっと待って。」と、言いたかった。

「いま、痛かったよ。ものすごく痛かったよ。
何があったの。教えてよ。」

でも、茫然自失⇨激痛⇨その人は既にいない
でした。
 
そりゃあそうだろうなぁ、と、思うんです。
本人も、半分は、わかっているのじゃないかと思う。

その怒りの本当の対象が私じゃないって。

多分、ここまで言語化されていないのだろう。
大事なのは、そこのところ。

同時に、その本人の身体には、
感覚が、その度に素早く走っていると想像できる。

対象に思いっきりぶつかっていく時
ぶつかる時
ぶつかった後

強い衝動
駆られる感じ
快感

あとには、罪悪感のようなものが残ると思う
それを必死で打ち消す言葉も出てくると思う

これをやっている限り、
終らない。

この人には、本当の怒りの対象がいるから。

こんなことやったって、代替行為に過ぎない。

この人が、本当に抗議を、向けたい人がいるはず。

もっと言うと、
この人が、怒りをぶつけられなかったエピソードがあるはず。

もし、機会があったなら、
それを聴きたいです。


私は、
こんな道端で誰かの投影の対象になる
のは、嫌だ。

その人の怒りを表へ表現する練習の為に身体を貸すのは、
私は、嫌だ。


その人は、怒りを表に出せなかった、体験があるのだろう。

あるいは、過去に、
後から考えてこんなふうに思った体験があるのかもしれない。
「ああ、俺は確かに怒っていた、あの時俺は(相手に対して)怒って良かったんだ、ちくしょー」って
気づいた体験が、未完了のまま、まだ全然LIVEのまま
身体にあるのだろう。

と、推測している。

推測ついでに、更に推測すると、
この人は、「怒り」に対して、強い禁止も持っているのかもしれない。

だとすると、自分自身の「怒り」と馴染む練習も必要なんだ。


もっと言うと、怒りだけじゃなく、
すべての感情とも。


もし、この人と
セッションという構造を作ったならば、
私は、出会うことが出来る。
と、考えている。

推測、憶測はしたくない。

推測、憶測でその人を決めつけたら、
私も同じことをその人にしていることになる。
暴力こそはしてないが。

ぜひ、確認したい。


人間には、人を殺せるくらいのパワーがあるのを知っている。

そして、私は、
誰かの憤りには正当な背景が必ずあると思っている。
(もちろん、絶対とはどんな事に対しても言えないけれど)

そして、怒り⇨暴力 の矢印(⇨)のところを
一緒に見ていくことがしたい。
そこに興味がある。

それ以外の選択肢の可能性を発見できる。
人には、可能性を発見出来る力が必ずある。

そうすることで、その人は、犯罪者にならなくて済むと思っている。

その怒りには、背景がある。
事情がある。
歴史がある。
正当な理由がある。

そして、
その奥に、その人の純粋な望みがある。願いがある。

のを、知っている。

そこに触れたい。

純粋なニーズに触れることが出来れば、
それを満たす方法を、知ることへつながる。

少なくとも、その手段は、駅の構内で女性にわざとぶつかることじゃないはずだ。
いや、言い換えよう、
「駅の構内で女性にわざとぶつかること」も、一つかもしれないが、それ以外にもあるはず。

と、私は確信してる。


自分の内側のニーズに触れていくには、
時間と場所と、構造が必要だ。


私は、道端で、こんなふうに自分の身体を貸したくなんかない。

だけど、この同じ人と、セッションの場だったら、
お互い合意してなら、会いたいと思う。

もちろん、その時には対価をもらいます。

これは、私の才能と、それを磨いてきた努力がある。
そして、覚悟と責任と、優しさを使うからです。

それから、
私には、興味がある。
このことに、好奇心が向くのです。

私は、ただこの「ぶつかり男」を断罪するということでは
片手落ちのような気持ちが残る。

私自身が、自分の「怒り」とくんずほぐれつしてきた
歴史がある。だから、この人の歴史にも好奇心が向く。

そして、自分の「怒り」に責任を持ちたい。と、思うんです。

そうしなければ、自分が可哀想ではないか。
自分で自分を、ただのキレる危ない奴に貶めていいのか?

と、思うんです。

あなたが、
真剣に生きてきた。
真面目に生きてきた。
なのに、どうして。と、悔しいなら、
自分で、自分を解明する必要がある。

それは助けになる。
誰の為でもない、
ましてや、誰かに証明するのが最大の目的じゃない。
自分のため。

自分が、いま、生きていく為に、
自分の知性を自分の為に使うことが出来る。

自分の中にうねるものは、あなたのものだ。
責任を持つ必要がある。

そして、その有り余るエネルギーを
見ず知らずの弱き存在をブッ飛ばすのに無駄遣いするんじゃなくて、
自分の人生を存分に生きることへ注いでくれ!

あなたがそうしたいって意欲があるなら、
よろこんで応援したい。

あなたは、でかいエネルギーを持っている。


そんなことを
思ったのです。

もっと言うと、
ちょっと、ちょっと
と、あのとき呼びとめられたら、
出来たらここまで伝えたかったな。

私だって、思いや願いや、様々な感情との歴史を持って
生身のからだでそこに歩いていて
あなたといま、袖触れ合った。

あなたの方から、触れ合ってきた。
一応、受け取った。痛みと共に。
私にも、あなたへ向ける機会を、ちょうだいよ。










個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2018-12-26 12:17 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug