人気ブログランキング |

映画『メッセージ』観た


『メッセージ』観ました。
思いがけず、かなりおもしろかったです。

お誘いあって、なんの期待もなく、
予備知識もなく、ただ行ったのだけど、
行って良かった!!

私は、最近、家の敷地を通り道にしている猫と、
(その猫さんがなんとも可愛いので)
煮干しを使ってのコミュニケーションを
試みているのだけれど、
その「煮干し言語」と相通ずるものを
感じてしまい感慨もひとしおとなりました。

そして、

地球外生命とのコンタクトも、
地球内生命同士のコンタクトも、
隣の人とのコンタクトも、
猫とのコンタクトも、
起こってくることは同じ。

言語=思考
その背景に、文化、習慣、歴史。

それを無視しては始まらない。
敬意を払いたい。

そして、

「解らない」に出会うと恐怖に駆られて攻撃しちゃう。

そんな時代を散々経たんだから、
ちょっとばかしは賢くなって、

「解らない」に出会ったら、ちょっともっと近づいてみる。

で、

「あなたを教えて」
「あなたに興味があるの」
「わたしは、にんげん」「こんにちは」
(わたしは、こんな顔(姿・かたち)をしています)

まずは、挨拶から。
ちょっとずつ。
「星の王子さま」で、確かきつねが言ってたことじゃないか。

自分と、自分自身とのコンタクトの時だって、
同じトラブルが起こる。
頻発する。笑

やり方は、やっぱり、
文化、習慣、歴史、に、敬意を払う姿勢で、
挨拶から。

セッションの時は、
私も、クライアントさんの内側の「クライアントさん自身」に、
敬意を表すること、その人に教えてもらうこと、心がけてます。


ところで、

ヘクタポッドの繰り出す「文字」は、
成り立ちが「漢字」と似てる。

これは、英語圏の人の思考や常識に
フレッシュなインパクトを少なからず
与えるんじゃないかな。と、
想像しました。

とてもわくわくした映画。
インスピレーションをたくさん得ました。

今年は、映画の当たり年か。

a0205246_17335667.jpg
煮干し言語の一例
*追記です。
一つシーンを思い出しました。

映画の中で、言語学者のルイーズがヘクタポッドにもっと近づいて、
ガラスの壁越しに手と手を合わせた瞬間、それまでの情報量なんか比較にならない
程の情報を受け取る。(と、これはわたしの勝手解釈ですが。)

一種のインパスと言おうか、或いは、イルカの情報伝達を連想しました。
イメージ的なものを使って体感を伴う情報伝達
をするとたくさんの大事な情報を瞬時に伝えられます。

そんなところから、近づけば、更に、触れれば、
待った無しに大量の情報交換が行われます。

お互いの間に電流が流れるような。そして、それは、火傷するようなリスクの
可能性もあって。。だけど、お互いが、同じように相手を知りたい、伝えたいと強く
思っているからなのかもしれない。

ルイーズとヘクタポッドとのコンタクトのプロセスは、
個人レベルの好奇心を超えていて、
人類、宇宙市民、っていう大きなヴィジョンを共有する者同士の、
大いなる目的がある。という、ところで握り合えた。

そうわたしは妄想し、ぐっときました。

ヴィジョンのスケールが違うと、
カテゴリーエラーが起こるワケです。

大体の場合、気づいてないのです。

もうそこら中で頻発しとるよ。笑
(仲良くなれるはずの夫婦・上司と部下・恋人、あらゆる二人の間で。。)

いやはや、良かったです。



〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

 



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。








by masumihug | 2017-05-28 17:51 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug