人気ブログランキング |

2016年 08月 02日 ( 1 )

「ゲシュタルトの気づき」
の視点から見ると、
私たちの日常の風景に、
風が通っていくのを感じます。

そこに、スペースが空くのを
感じることがあります。

その一つで、
こんなのがあります。

「コミュニケーションは、
相手のニーズがわかること
それを満たすことではない」
- Christine Price

会話をしていて、
相槌を打っているからといって、

それは、「あなたに賛成です」と言ってるワケじゃないし、
ましてや、「はい、あなたの言うようにします」では
まったくない。

時々、「あなたに賛成です」
「そのようにします」
が、
自動化していて、
相手の話を受け取り、味わい、吟味することも
すっ飛ばして、
瞬時に、
相手の意向を汲んで動くにはどうしたらいいかな。
と考え始めているように見える方がおられます。

或いは、このような反応が自分の中に起こることを
知っていて、或いは予測してしまって、
人とのコミュニケーション自体を
辞退してしまう人、
嫌気がさして止めてしまう人を見かけます。

残念です。

「相手の話を聴くこと」の中に、
「あなたに賛成です、そのようにします」
は含まれていません。

そのように、感じるならば、
あなたが今まで生きてきた中で、
どこかの時点で取り入れた考え方。
採用した信念。かもしれません。

そんな、
自分の中にある仕組みに気づいたら、
切り分けることができます。

ただ「気づく」だけでも
自分自身にとって好ましい方向へ
動き始めます。

自分自身に観察の眼差しを向けて、
ゆっくり丁寧に、
自分の中で起こっていることに
映画の一コマ一コマごとに区切るように
そのプロセスを注意深くたどってみてください。
優しくね。

気づきという光を当てると、
今のあなたにとって最早必要ない仕組みであれば、
消えていく可能性があります。
変容していく可能性があります。

合理的で、楽で、自分らしい振る舞いへ、
変化している自分に気づくはずです。

そして、今まで採用していたやり方を
決して馬鹿にするのではないです。
それにはきっと理由があります。
「そうせざるを得なかった」時期があったのかもしれない。

だから、優しい眼差しでアプローチします。

元のやり方に、新しい選択肢を加える、
かもしれないし、
或いは、
いくらでも選択肢はあるのだ、
その時決めたっていいのだ。なんて、
自在感が増すかもしれません。

自動反応だったところに、
隙間ができます。

日常に散らばっている
こういった小さな一つ一つ。
それらに、気づきを向けて、
一つ一つを今の自分仕様へ調整していくことができます。

快適さ、自由度が増し、
自分自身にくつろいでいます。

これは、より大きな責任を取り扱っていける
自分を準備することにつながっています。

そんな転換点におられる方が、
セッションに来てくださいます。

それは、そういう理由からです。

一見葛藤です。
もうカオスでしかない。
って、思っておられるでしょう。

だけど、いつも書いているけど、
それは、吉兆。

取り組む意味があります。
価値があります。

人生がそれをあなたに要求してるんだから。
乗ったらいいよ。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2016-08-02 01:13 | 個人セッション

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug