人気ブログランキング |

カテゴリ:日記( 57 )

リトリート@精進湖

今回のリトリートの会場は、
精進湖近くのホテルでした。

素晴らしい環境でした。

ブログでこんなことはあんまりしないのだけど、
写真をシェアさせてください。

よかったらご覧くださいね。

a0205246_18465363.jpg
富士山が近い!

2日目の朝、
リトリートを祝福してくれた
富士山。

精進湖は、富士山がさらに美しく、
また、優しく見える
場所だと知りました。



a0205246_18464127.jpg


朝露
この時間しか見ること出来ない。



a0205246_18463181.jpg

こんな大きなしじみが
ごろごろ。

黙って私に掴まれていますけど、
ちゃんと生きていますよ。

到着直後、湖畔へ降りて
精進湖と富士山にご挨拶。

ここにいるすべてのいきものたちに
ご挨拶。

しばらくお邪魔します。
探求のサポートをお願いした。

自分と向き合うとき、
こんな環境は本当に助けになります。

身体ごとその場の安全が
確認できていく。

大きなテーマと出会う。
その準備ができていきます。

a0205246_18462187.jpg
最終日の前日、最高の天気になりました。
身体中でよろこんでいますね。ワタクシ。笑

この日、大きな大きな探求を行いました。
人生でも記念になりそうな日となりました。

それを予言するかのようなお天気。
有難い。







〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

     




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2017-10-02 19:03 | 日記

沈黙とともに歩く



「ゲシュタルトの気づき」
をもっともっと深めるため、

自分自身を観察対象として、
安全に実験をしてみる場として、

大好きな探求を心ゆくまで堪能するため、

また、

クライアントさんと分かち合う時間を
もっともっと豊かなものにするため、

自分自身のセラピストとしての在り方を
磨くため、

学びの機会を自分自身に与えています。

約3年ほど続く、スタディーグループに属しています。

私がもっとも真似したい、
出来ることなら私の身体にインストールしたいと思う
先生がリードする合宿形式のリトリートに
年に2回参加しています。

私自身の変容を実感しています。

この写真は、
合宿2日目の朝の様子。

サイレント・ウォークの様子です。

沈黙とともに歩きます。
一瞬一瞬とともに居て、気づきます。

そして、
時々歩くのをやめて、その場に留まります。

今、何に気づいている
今、何を体験しているか
呼吸は、どうか。

外で、歩きながらする
瞑想のようですね。

やがて、自分自身の身体の
中を、風が通り抜けていく
感覚を覚えました。

その日のプログラムの
良いウォーミングアップになります。



〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

     




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2017-10-02 18:27 | 日記
a0205246_22095821.jpg

毎晩、ほぼ毎晩、

Twitterで配信されている漫画

「夜廻り猫」


この子は、そこに出てくる一人(一匹)のキャラクターで、

猫集会に憧れている「集会猫」。


「集会を始めま〜す」
「歌もあるよ〜」
「あと1分待ちま〜す」


だけど、誰一人集まらない。


独り言のような歌を歌い終わると、
すっとその場を立ち去る見知らぬ猫の姿。
「少し、いい歌だった」って言い残して。


この子は、誰かとつながりたくて、
つながることに疑いがなくて、


だけど、あまりにストレート過ぎて、

スマートで時に命がけの猫社会のソーシャル
とのチューニングが合わない。

悲しいね、だけど、誰かは見てる。


私はこの子が大好き。
そして、この子に自分を託すように、
物語を追う自分に気づく。


大好きな『夜廻り猫』がとうとう書籍化された。

待ちに待ったと云う気持ち。


作者の深谷かほるさんの個展

『深谷かほるの世界』が、
ちょーおしゃれな南青山にある

Tobichi2にて、(あの糸井重里さんの)
開催されると聞いて、
ご本人に会いたくて、

ワークショップの帰りに

急いで行ったのです。


こんなに丁寧に、イラストと言葉を描いていただいた。

お話ししながら、目の前で

漫画のキャラクターが描かれていくんです!
それはもうすごくて、今思い出しても胸が熱くなります。


たくさんのファンの方がみえていらした。

その一人一人と、ちゃんと対話されていらした。

その丁寧さにも、ぐっときました。


私の名前も認識してくださっていた!
なんとうれしいこと。


うれしい。
すごくうれしい。

何度も見てはにんまりし、

そして、じわっと涙がこみ上げます。


a0205246_22541541.jpg



たった8コマで心揺さぶられる奇跡の漫画
‪#‎夜廻り猫‬ は、twitterでほぼ毎晩配信されています。


ご本はコチラ↓


夜廻り猫 1 今宵もどこかで涙の匂い

深谷 かほる/KADOKAWA/エンターブレイン

スコア:






いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2016-07-11 23:02 | 日記

プロフィール写真

プロフィール写真を変えました。

写真を上手に撮る方がいらして、
つい最近ご一緒した時に、
撮ってくださった写真です。

撮影するからって作った顔じゃない、
自然な表情なのだけど、
いつもの顔より、数倍良い表情(笑)。

わたしが、安心しているからでしょうね。

送って頂いたので、
早速使わせていただきました。
ありがとうございます。

今までの写真は、約1年前のものでした。
昨年の12月に前髪を切ったので、
だいぶ印象が違うのです。

だから、気になってはいたのです。が、
なかなかいい写真がなくて、そのままに
なっていました。

有難いです。

なので、この顔が今のわたしです。笑




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2015-11-10 00:05 | 日記

Happy Birthday

今日、
お仕事関係の方達と、
誕生日の話になった。

そこに居た一番
年若い彼女が、
屈託無く、
まことに屈託無く、
みなさんに
聞いたんだ。

そう言えば、みなさんの
お誕生日、聞いたことが
なかった。

わたしは、
今、帰宅し、
今日聞いたみなさんの
お誕生日を思い出して
書き出してみた。

わたしを挟んで、
お二人が、
20年前と後ろに
生まれていらした。

そして、
お一人は、終戦の年。

20年の歳月、
40年の時間の幅。

そして、戦争が
終わって、70年が経つ。

お名前と、誕生日を
並べて、
こうして
眺めていると、

それは、
ただの、時間の幅では
なくなった。

時代のストーリーを
背景にした、

それが、人生っていう
生身のものになった。

涙が込み上げてきた。

みんなのことが大好きだ。

今日、
四人で話していて、
すごく楽しかった。

4人四様の、
人生、
そして、それを
ただ、そのままに。

なんという
人たちだろう。

有難い場だった。

しみじみと、今、
味わっている。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。









by masumihug | 2015-07-29 22:10 | 日記
わたしの母、
75歳。

今まで生きてきて、
今が、いちばん楽しい
と、言っている。

それは、
こちらから見ていても
明らか。

決してハイテンションって
わけじゃない、

まぁ、どっから見ても
それなりの婆さん、

だけど、エネルギーが、
みなぎっている

この人と居ると、
今のわたしは、
ただ一緒にいるだけで
何があっても
オッケーに思える。

それは、かなり、
助かる。

子供の頃は、
この人の存在に、
かなりやられたのだけど、
様々なプロセスを経て、
ゲシュタルトに出会い、
わたし自身の探究を経て、
この人との和解の後、

今は、この人が、
わたしの最大の理解者、
であると、わたしは、
感じている。

この人は、相変わらず
あっけらかんとは、
しているけれども。

そんな、人。

この人が、
言っているのが、
タイトルの通り。

将来がないから、
未来がないから、
夢がないから、

目の前のこと、
やるしかないから、
それやってる。

そう、
つまり、
「今ここ」に、
生きている人。笑

そして、
今が一番幸せと言っている。

皮肉、ですね。
おもしろい、です。

年齢を経て、
そうせざるを得ない
状況になったって。

「そうせざるを得ない」状況
というのは、
ある種の、
吉兆と、
わたしは、常々思っておるんです。

想像することを止めて、
今に取り組むことが
始まるから。

年若い
クライアントさんとの
セッションで、
ときどき、
個人的なわたしが、
あぁ〜と、
あぁ、そうだったなぁと、
自分の、若い時のこと、
思い出す時がある。

長~い将来があり、
たくさんの可能性、
たくさんの選択肢。

余りにも、
それは、多い。

驚くほど多い。

多かったなぁ~。

これは、
悩ましい。

そして、想像がどんどん膨らむ。
身体から、中身が離れていく。
目の前のことに取り組んでいるようで、
気もそぞろ。

ここに居ない。
身体はあれど、中身が不在。
と、なりがち。

これは、ある意味仕方ないことでもあるよね。

だって、それが若いって証拠。

母に聞いたら、65歳くらいまで、
そういう感じだったって言ってたし。(笑)

それを踏まえて、

いろんな選択肢、
今何を選択したとしても、
何かを、やり損なったということじゃない。

何かを選んで、
それにしばらく取り組んで、
それとじっくりくんずほぐれつして、
そして、
それが終わったら、別のもの、別の人、
が、出てくるから。

それには、文脈がある。

文脈のある、人生になっていくから。

点と点は、結ばれていく。

コネクティング ザ ドッツ

安心して、目の前のこと、目の前の人、
出会っているということは、
相当のご縁があると思っていいから、
それと、その人と、しっかり取り組んで
みる、体験してみる、表現してみる、
丁寧に関わってみる、
のが、いいよ。

明日のことや、
10年後のこと、
ちょっとだけ、脇に置いて。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2015-07-06 06:00 | 日記

おはよう!

a0205246_09072654.jpg


今朝、
海で出会った、
若干トートツな
この方、

ハマボウフウ?

ひょっこりさん、
きみ、ほんとにここでいいのかい?

いや、
わたしの心配など、
杞憂に終わるんだ、きっと。

植物は、
間違いはしない。

来週行ったら、
きっと家族が増えて
いるんだよね。

本日も、
朝5時より、
FMBC(フライデーモーニング
ビーチクリーン)
無事、終了いたしました!

みなさま、おつかれさま〜♫

どちらさまも、
よい金曜日を😃

////

エキサイトブログが、
スマホのアプリをリニューアル
して、使い易くしたっていうから
今、試しに投稿しています。

うん、確かに、少し…

これからは、
iPhoneから
短い記事を
気楽に投稿して
みようかなぁ。
なんて、思いました。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2015-06-26 08:55 | 日記
マリエン薬局の
『ウーマンブレンド』

a0205246_1643912.jpg



a0205246_165412.jpg


これ、いいみたいです。

普段、こんな宣伝みたいなことは、
書かないのだけれど、
書いたっていいんじゃない?って
わたしの中で、何かが取れた(?)ので、
書いてみることにします。

前置きが、長い。笑

コレ、
いつ飲んでもいいのだけど、
生理が始まる1週間前くらいから飲み始める、
とあるので、そのようにしています。

いわゆるPMSの症状が、
気が付くと、消えていた。

わたしの年齢(48歳)であっても、
生理にまつわる身体への表れ、
心への表れって、あって、
そして、無視できない。

無視したくない。

むしろ、この年齢になって、
少し、生理というのが、身体にとって
また違った感じで、負担になってきた
かもしれない、と、感じているんです。

いくら年齢を重ねたからって、このカラダと
長年付き合っているからって、手馴れている
というワケには、いかない。

カラダは、どんどん変化していくし、その変化
は、いつも初めての経験だから。

子宮筋腫の影響で、貧血になったり、
それでピルを服用することになったり、
30代の頃は、そんなことをやっていました。

ピルについては、当時の私は、ある意味助かったという
気持ちもあるし、でも、その後、胆略的だったとある時期はっ!
として、すっぱり止めてしまいました。が、
その後、しばらく、かなり長く、生理は、穏やかで、
28日周期をきっちりサイクルして巡ってきていました。

ところが、このところ、ここ数年かな、
ちょっと暴れ気味なんです。

新たな時代がやってきた。みたいだ。

自分の想像では、そろそろ閉経が近いからかなと
感じています。なにか、断末魔の叫びのようにも
感じる。これは、わたしが何か、投影して言っている
んでしょうね。

まあ、とにかく、周期は乱れるし、量も多い、そして、
若いときに悩まされたPMSが復活したのでした。

初めは、気が付かず、なんでこんな気持ちになるのか?
と、思案しておりましたが、どうやら、PMSだ!と気づきました。
思い出した、と、言いますか。

で、マリエン薬局のこのハーブティーを試しに飲んで
みることにいたしました。

マリエン薬局は、蚊よけローションや、サプリメントを
使っていて、信頼しています。

いろんな葉っぱや、お花が、入っていて、良い香り。
それを、乳鉢ですり潰して、お湯を注ぎます。

お花から色が出て、お湯を注いだ直後は、
きれいな深いブルーになります。

待つこと10分。

飲みます。
なにか、カラダに滲みます。

あんまり、期待はせず、飲んでいましたが、気が付くと、
気分の、理由のない落ち込みは、消えていました。

これは、いいかもしれません。

ティーバッグタイプと、ルーズのリーフタイプとあります。
私は、リーフタイプ60g入り。

60gと聞くと、え?それっぽっち?って思うけど、
1回の量がだいたい2gですからね、結構使えます。

アマゾンで、小さい乳鉢を買いまして、
それで、1回ごとに潰してお茶を入れています。

PMSの症状のある方、一度お試しあれ。
オススメします。

妊活の方にもいいんだって。






いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
by masumihug | 2015-02-06 06:33 | 日記

ピーナッツかぼちゃ

ピーナッツかぼちゃを
頂きました。

丹精込めて、畑で作られた
ピーナッツかぼちゃちゃん。

ありがとうございます。

a0205246_21595851.jpg


で、ポタージュスープにしたら。。。

わぉ!
とってもおいしい!
大正解!

a0205246_2204912.jpg






ごちそうさまでした!!


なんだか、ここ数ヶ月ずーっと
忙しかった。

ありがたいことです。

12月の声を聞いたら、
静かになった。

ちょいやばい、

のかもしれない、けど、
まぁ、ゆっくりしよう。

料理をして、
部屋を片付けて、
音楽をかけて、
料理をしよう。

自分のために。






いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
by masumihug | 2014-12-01 22:05 | 日記

死ぬときって

数日前、死ぬ夢を見ました。

その死ぬとき、おもしろいことが起こりました。

もしかしたら、死ぬときって、
こうなのかもしれないなと、
思いました。

そして、ちょっと、悲しさが残っていました。

夢は、こんな感じです。

ちょこっと書いてもいいですか?

私は、掘っ立て小屋に住んでいます。
男性一人と、女性二人の三人で、
この小さなオンボロの小屋に住んでいるみたい。

この三人は他人同士。
そして、仲がとてもよい。

何か、コミュニティーに属している様子です。

この日も、3人で仲良くふざけあっていた。
但し、こうやってふざけあうのも、取り巻く環境が
必ずしも恵まれていないからだという
そんな背景も感じとれる。

3人は、助け合い、いたわり合いながら、懸命に
生きて、そこで暮らしていた。

その時、突然、状況が変わる。
外がなにかものものしい。
何かが起こっている。
たくさんの人が私たちを攻撃しにやってきている
のがすぐに分かる。

来るものが来た!と、分かる。

家の中に放送が流れる。

警報と共に、速やかに隠れなさい、各自身を守りなさい、
というような、録音された女性の声。

その瞬間からは、各々が自分の判断で行動した。

私は、咄嗟に、木の棚の下へ潜った。
この家は、何でも木か、紙か、土でできている。
昔の日本家屋の、もっとも、貧しい造り。

だけれども、その私は、その夢の中の私は、
日本人なのか?その場所は日本なのか?は、
はっきりしない。
もしかしたら、違うかもしれない。

私は、身を最も小さくして隠れたものの、
薄い木の壁のすぐ外で、たくさんの人がこの家に
向かって銃を乱射しているのを知っている。

こんな壁一枚では、身は守れないと思って、
この家の、せめて逆側へ移動しようとした。

その瞬間、雨のような銃の音。

ああ、もうダメだと分かる。

その次の瞬間、私は、多分、身体を抜けた。

痛さも、なにも、なくなった。
そういえば、音もなくなったかもしれない。

私の、遺体が、ごろごろと回転して、荒れた道を
転がっていくのを見ていた。

もうその物体は、ただの物体になっている。

ごろごろとものすごいスピードで転がって、いく。

その先には海があった。
真っ青な晴れた空と、やっぱり真っ青な海。
深そうな青い水面が、太陽の光にキラキラと輝いている。
そこへ向かって、私の亡骸は、転がっていく。

それを、私は、少し浮いたような場所から見ている。

その時、少し、悲しい。
泣きそうな感覚があった。

その悲しさの意味は、はっきりしない。
ただ、ちょっと悲しい、のです。

妙な、感覚でした。

そして、何か理解があった。

死ぬことが分かっていて、それが酷く痛いことが
分かっているとき、先に肉体を離れることが
できるんだ。

こんなふうに、痛さを避けることも可能なんだ。

死ぬということが、もう、確実ならば、先に肉体を
離れる、というか、その恐怖で、抜けてしまうのだ。

そして、愛着のある、さっきまで一緒にいた肉体と
別れる。

それが、少しだけ、悲しいのだ。

そして、死ぬのは、あっけなかった。

さっきまで、仲間とふざけ合って、日常をやっていたのに。

彼らはどうなったのか?

それでも、私は、彼らを探すわけでもなく、
自分の死体がごろごろと転がっていくのをただ見ている。

この夢は、とてもリアルだった。
鮮明に覚えている。

そして、目が覚めた。
時計を見たら、3:33 という時刻。

3のぞろ目。

何かの暗示?

少し恐くなった。
見てはいけないものを見たような。

そして、iphoneのボイスメモに、今見た夢の
ストーリーを録音し、また、寝た。

この夢を入り口にして、今度、ゲシュタルトのワークをしよう。

ワークをしたら、何が起こるだろう?
どんな、私の想いがこのストーリーに込められているんだろう?

見てみたい。







いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
by masumihug | 2014-09-08 21:49 | 日記

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug