人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

I celebrate myself.

a0205246_23372788.jpgうれしくて、感動してて、
恐いけれど、踏み出す自分を祝う。

今朝、Pushim の曲で身体を揺らして。
腰から下、私の身体がしっかり床を捉えてるの感じる。
そのまましばらく瞑想のように、漂う感じ。

やがて涙が溢れてくる。
涙のワケを感じていくと、深い感謝の気持ちだった。

友人、周囲の人たち、
自分をholdしてくれていて、
受け入れてくれる人たちが確かにここにいる。

それは、ホントに幸せだ。

決断を迫られる時。
人生に挑まれるように思える時がある。
それは、まさに自分の人生を生きようとしている時なんだろう。

ロールモデル不在だ。

勇気を持って一歩踏み出すことができるのは、
この周囲の人たちがいてくれるからなんだと気づく。

自分を迎えてくれる人がいてくれること。

人生の真ん中を歩こうとする時、
そこへ行くことを許す時は、こんなに怖い。

だから、休もうとしてもいいし、怖くて振り向いた時、
私には優しい友がいるんだと思えること。

それなくして、自分が自分を信じて人生に委ねることは
できないんだろう。

ありがとう。
私のことを受け入れてくれて。
ただ寄り添って。
どうしようもない私。言っても聞かない私。
やらせておいてくれる人たち。
聞いてくれる人たち。

ありがとう。

みなさま、よろしかったら、少しだけ時間を取って、
よくやっている自分を、ご自分でお祝いしてください。

なんにも習っていないのに、ちゃんと生きてるって
スゴいです。



写真は七里ヶ浜。
懐かしさとともに。
by masumihug | 2011-10-18 19:27 | 日記
a0205246_239931.jpg







友人からのメールでおもしろそうと、
2,3日前、駅へ行ったついでにキオスクで買って読んだ。

と言うか、途中からは流し読み。

そもそも、男のせい?女のせい?なんて…誰のせいか突き止めたって…。
本気で読み込むような記事は見当たらない。
今まで語り尽くされたような記事しかなく、主人公は置き去り。

だって、本当にオンナは出世したいの?
出世したければとっくにしてるよ。

いくらお尻叩いたって本能が知ってるよ。ウソだって。
賢いオンナは知ってるよ。
現実と折り合って生きるんだから。

理由なく。身体がそう動く。
オンナってそういうふうに作られているのだから。
もしそうじゃなかったらそのセンサーが 壊れてる。

私、壊れてたから分かる。

オンナをいわゆる職場へ、
と言うか、職場のひな壇へ上げたいのはなんのため?

先進国で38位の不名誉を返上したいためだけ?
少子化の解消のため?

目的をハッキリさせた方がいい。

私が、思うのは、
誤解を恐れずあえて言うならば、
女に、いわゆる会社の事務職なぞさせない方がいい。

もっと言ったら、
雇われて働くことなぞさせない方がいい。

毎日同じクオリティーでアウトプットすることにはそもそも向いていない。
女の身体はそういうふうにできてはいない。

毎日身体の状態が違うのが当たり前。
お月さんと共に生きている。

気温が違う、
匂いが違う、
気圧が違う、
生理が近い、

様々な要素を感じ取って
自分をそれらとハーモナイズしながら生きているのが女なんだ。

それは、太古の昔からやってきたことだから。

それを継承し、知恵を繋いでいくこと自体、
女の意識せずやってしまう役割
だから。

そのものすごく
淡々とした脈々が
人類をここまで継続させたんだから。

その智慧を持ってて繋ぐことが出来た民族は
生き残っているってことなんだから。

女に余計なことをさせなくていい。
安心させてやればいい。
そうすれば、カラダは直ぐ思い出す。

と言うか、
オンナはどこかでそれをずっと
覚えています。

何を覚えているか
わからずに。

と言ってもいいのかもしれない。

会社員として評価を受けたとしても、
得体の知れない
焦燥感や怒りや悲しみ
に、もし苛まれるのだとしたら、

あるいは、

満たされた感じがどこか足りないのは、

もしかすると、
あなたの、この辺り、
生命のとても近く、
本能のごく近く、

至極当たり前のところ、

に、何か言葉があるのかも知れない。


*この記事は2011年10月のものです。











by masumihug | 2011-10-14 19:51 | 所感

新酒(期間限定)

a0205246_20532537.jpg

今年の新酒ができました。

梅酒です。
うまいです。

29日に瓶詰めしました。
300メートル先の梅園の梅。
正真正銘の地酒です。

瓶詰めした日は、酸味が立って良く言えばフルーティー。
今日は、コクが出てきて、また美味しい。
梅酒になった。

この1週間内にうちへいらっしゃる機会があればラッキー、ご賞味
いただけるかもしれません。
でも、明日にはもうないかもしれません。
なかったらごめんなさい。

家中の空き瓶に瓶詰め。
これは、信州諏訪の銘酒、『真澄』。
母の故郷。
私の名前とは関係がないみたいです。
by masumihug | 2011-10-02 21:06 | 日記

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug