人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

甘酒chaiラテ

酒粕で甘酒。

a0205246_17454392.jpg







ここんとこ、バリエーションを変えて作ります。

今日のは、お砂糖多目、牛乳入れて、カルダモンとかクローブとか、チャイっぽく。
飲むときにシナモン。

濃い目に淹れた紅茶もちょこっと入れてみたけど、これはあんまり意味なかったみたい。

温まる。

酒粕のせいで、ほんのり顔が赤くなるよ。

外は、雪景色。

ここいら辺では、今年初。これが見たかったんだ~。

今日にぴったりの飲み物だな。

みなさん、今晩お帰りはくれぐれも足元に気をつけて。




いつもはない日。
おまけの日。
思いっきり無駄に過ごそう。
by masumihug | 2012-02-29 17:17 | 日記

ほっしゃん。が言ってた

ほっしゃん。がいいこと言ってた。

私、同感です。

ほっしゃん。は、子供の頃とても人見知りで、
避難場所を常に携帯してる亀に憧れてたそうです。

そんな彼の転換点がいつ訪れたのか、今は、
「剥き身」でいることが一番いいと分かったと
言っていました。

彼は、オーナーシェフって表現してたけど、
自分を如何に料理しよう、パッケージはどうしようと
あれこれ考えていたけれど、ある時自分は料理はヘタだと分かった。

周りが料理してくれる、だから自分は如何に剥き身でいられるか、
今はそこに気持ちを置いてると言っていました。

それにしても、彼は、匠のメタファー使い。

オーナーシェフから素材に変わったと言う表現。
その自分のことを、もう、海から揚がってきたままです、塩さえも振りません
と表現していた。とてもしっくりくるよ。

そして、自分であれこれ考えていたけれど、所詮浅知恵だったと分かり、
甲羅を脱ぐコトにした。

ほっしゃん。のことをこんなに熱く見たのは初めてだった。

売れない時代が長く続いたれけど、不思議と、この仕事で自分が
輝く、本領発揮するということは、わかっていたと言う。
それには、一点の曇りもなく。確信があったそう。

そして、R-1グランプリと言うので優勝した時、わかったって、
足りなかったモノが、コンセントが抜けていたんだって分かったと。

それから、電源が入ったほっしゃん。は、本当の意味で動き始めたんだそうです。

うん、人形に電気が通った絵が見えたよ。
ものすごく、リアル。体験したからこその説得力があった。

私は、そのコンセントというのは、社会とつながる接合部と思える。
いくら才能があっても、自分と社会をつなぐモノがなければ、それを
必要な人へ届けられない。溢れる情熱は、流れ出る先がない。

でも、ピッタリな所へひとたび届いたら、ちゃんと反応が返ってくる。
それは、想像以上かもしれない。

社会と自分をつなぐ「仕掛け」作り。
自分にぴったりの居場所を、条件を、自分に与えること。

自分を信じて、光の方へと暗闇を探って行くしかない。ひたすら、ひたすら。
行くしかない、と言うと、辛そうだけど、実際には、気持ちのいい方へ。

そして、これらの体験を通じて今に至る今のほっしゃん。が、
テレビの中で語っていたんだ。

番組の、この短い時間の中でこんなに伝えることができたのは、
この人がムキミだからだよなと感じた。

テレビの人だから、それにお笑いの人だし、
それをネタとして使う部分もあるんだけど、
それにしても、弱みや恥かしいことも含めてそのまま正直にいようとしてた
からだ。

隠された意図や、虚飾があると、人は言っている事より、
そっちのメッセージを受け取る。

しかし、内側をそのまま正直に表現すると、
人は正確に、いや、それ以上のものまで受け取ってくれる。

ほっしゃん。が好きになりました。私、受け取っちゃったよ。

当時のR-1グランプリの映像が映ったら、司会は雨上がり決死隊だった。
この人達は、吉本天然素材の時一緒だった。関西ではアイドル並みの
人気だったそう。
ほっしゃん。悔しかったでしょ。そんな中、グランプリをもぎ取ったんだよね。
と思ったら私涙が出た。

ほっしゃん。のために泣いてしまいました。
by masumihug | 2012-02-26 07:50 | 所感

昨夜は、222。

昨夜は222だった。

お風呂に入るのが遅くなってしまった。
湯船に、目を閉じてゆっくりつかりあったまって
さあ、出ようかとふとパネルを見たら、2:22。

うわ、来た。
どりーんさんに聞いてみよう。

222
あなたが新たに植えたアイデアが現実になるよう育ち始めています。
そうすればじきにそれは、土を突き抜けて育ち、現実化しているという
証拠を見ることができるでしょう。
言い換えるなら、奇跡が起こる5分前にそれを止めてはいけません。
それが実現しているのが、じきにあなたにもはっきりと目に見えてきます。
ですからそのまま頑張り続けてください。
肯定的な思考を持ち続け、アファメーションを言い続け、ビジュアライゼーションを
続けてください。

『エンジェル・ヒーリング』
ドリーン・バーチュー 著 ダイアモンド社

楽しみです。
by masumihug | 2012-02-21 13:53 | 日記
大雪の後の雪掻きシャベルの値上げ、正当か不当か?
では、災害時の水の値上げは?
消防の民営化。
年会費を払っていない家は消火しないは不当か?

ある高校が成績を向上させるため、インセンティブ制度を導入。賛成?反対?

代理母が出産後に赤ん坊を連れて失踪。この契約は無効か?
インドでは代理母が既にビジネスとして確立されている現実。これはどうか?

徴兵制度、貴方の子供が抽選で徴兵されることに、お金で他人を
送り込むことができるとしたらあなたならどうする?

マイケル・サンデル 究極の選択 「お金で買えるもの買えないもの」を観た。
(NHK総合 2/18放送)

マイケル・サンデルの、時に挑発的なファシリテーションによって参加者誰もが
思考のスイッチを入れる。

でも、思考だけじゃ自分の意見が作れないことがすぐ分かる。

再現アニメーションを観ることで参加者は自分の感覚・感情が揺り動かされるのを体感する。
そして、マイケルは容赦なく、参加者へ質問を投げかける。
それは、頭とハートの両方へズブっと入ってくる。

倫理感、感覚、価値観、エゴ。噴出してるのが分かる。
自分が、何かを選択するとき頼りにするモノサシが問われる。

マイケルは、金融危機後、或いは311後、人々は、自分の責任で考えなければならなくなったと言っていた。

今回の場合、それは、全てのモノが売りに出される世界か?そうでない世界か。どちらに住みたいか。

どんな世界を実現したいのか。一人一人に責任がある。一人一人が描くビジョンが現実になる。

全ての人を満足させることができる案などない。
だからといって、それをまな板の上に載せないで、載せないままではいられない時代になっている。
逆に言えば、それを、先送りしてきた。何年も何年も。そして、今生きている私達が今選択することが私達が将来住む世界を決めていく。そういう時代だと言ってる。

どんな世界に住みたいのか。
どんな現実を見たいのか。

言葉にしたくないこと、コントロバーシャルな話題、グレーなこと、まな板に載せる勇気。

二者択一?とは限らない。三つ目の最高のアイデアもあるかもしれない。
フラットで自由な対話の中で、醸成されてくるものがあるかもしれない。
それを信じて、スポットライトを当てよう。怖がらずに。

そう勇気づけられた。

取り扱うテーマがなんであれ、この人は、すごい場を作っていた。
素晴らしいファシリテーションを見た。

元プロ野球選手、女優、経営者、学生、一人一人が剥き出しになった。

元野球選手の思考停止は意外だった。
女優は、正直にいようとしてて好感もてた。
英会話番組でよく見かけた女性は、驚くほど日本人だったし、非常に情の人だった。
この人がチャリティーイベントをやってるのをなにかで見て意外に思っていたけど、これで頷けた。
通販大手の経営者は、経営者の顔、個人的な思いの両方で揺れていた。
ある意味正直な人だ。

徴兵制度のところで、猪瀬直樹がそれは、非現実的な問いじゃないと言ってたのが印象的。
福島で起きていることは、これはある意味で戦争だと言ってた。
確かに、国のため、国民のため、誰かがやらなくてはならない時がある。それは、突然やってくる。その時あなたはどうしますか?という問なのだ。

野田さんは収束宣言をしたけれど、私は今、はっきり言って非常時と感じる。
既にそういう時代だ。そして、私達一人一人の瞬間瞬間の選択が、次に現れる瞬間を決めている。
偉い人達だけじゃない。普通の人が、自分のモノサシに照らし選択を迫られる。
あらゆることが人ごとじゃないと感じる。
そして、同時に、人間は知恵があるし、不具合を漫然と放置するほど愚かじゃないと思っています。

良い番組をありがとう。
by masumihug | 2012-02-19 22:24 | 所感

昨夜は、111

昨夜は、111だった。

ここんとこ多かったのは、444なのに。
変わった。

つい目が合ってしまう時刻のことです。

昨夜、お風呂場の給湯パネルの時計が、1:11になった時に
目が合って、1分間釘付けに。

なんか意味があるように感じて。

で、調べてみた。

ドリーンバーチューによれば、

自分の思考を注意深く監視していてください。
そして、考えたいことのみを考え、考えたくないことを考えないようにします。
この組み合わせはチャンスの扉が開こうとしているサインです。
そして、あなたの思考が記録的な速さで具体的な形になっています。
111の組み合わせは、フラッシュの眩しい光のようなものです。
その意味は宇宙があなたの思考の写真を撮り、それを具体的な形にしているのだということです。
宇宙が撮ったあなたの思考にあなたは満足していますか?していなければ、思考を修正しましょう。

『エンジェルヒーリング』
ドリーンバーチュー著 ダイアモンド社

この直前に、「貧乏」について考えてた。
で、「考えるのよそっ」って思ったとこだった。
お湯の中で。
危ないトコだった。
宇宙人に写真を撮られるとこだったよっ。

この、ドリーン先生の、ゾロ目メッセージ、意外とイイです。
遊べます。

お友達に教えてもらいました。
webでカンタンに調べられます。

みなさまも、ゾロ目と目が合ったら、是非。
by masumihug | 2012-02-17 08:05 | 日記

ひどい選挙

市長選の結果にオドロイタ。

驚いたのは私だけ?なのかな。

現職になって、この市は、私の感覚では、
市民のクオリティに合った市になって来たと感じていた。

誤解を恐れず言えば、元々ココは文化度高く、誇り高く、
民度高く、一方で、慎ましやかに生きる人が多い。

結果、郷土愛をさほど表現せず、ここに
ある空気、時代の変化、それらも含めてここの
文化であり、それらを包み込み、受け入れるのがここの流儀だ。

来るもの拒まず去るもの追わず。

丸井も、西武も、東急ハンズも、去って行って
しまった。例えがちょっと、アレだけど。

モールフィルという、非常に安普請なショッピングモールができた時には
藤沢っ子として、随分ナメラレタもんだなと感じたのは事実。

実際、藤沢を愛し、住みながらも、職場は都内のため藤沢で消費活動を
行いたくても行えない人が多い。私も長らくそうだった。

都内までの過酷な通勤に耐えるのも、藤沢を愛するが故。

そうこうしているうちに、魅力的なお店は姿を消していってしまうのだ。
そして、よくある街に成り下がった。


駅前の醜悪さ、酷かった。

そんな、半ば自信喪失した藤沢市民に誇りを取り戻させてくれた市長だったと私は思う。

辻堂の再開発で、使えるテナントが入ったショッピングモールが出来た。
開店初日、ロンハーマンは史上最高の売り上げを記録したって新聞に書いてあった。
そういうものを、ココの人たちは待っていたんだ。

ココには大きな総合病院も入る。私はこれがとても嬉しい。
藤沢には、言葉は悪いが、今ろくな病院がない。

母の命を救ったのは隣の鎌倉にある病院だ。父の心臓バイパス手術もそこだった。
お陰で二人ともピンピン生き延びてる。
この病院への信頼は厚い。

その同じ系列の病院がココに出来る。
藤沢市民に相応しいと感じる。

もっと誇りを感じたのは、藤沢の北部は農業、畜産が盛んだ。
そして若い後継者の人達が頑張っている。そういう人達が作った
品々が売れているらしい。その人達のストーリーが、メディアで紹介されている。
そういうのを目にすると、本当に嬉しい。やっぱりねっと誇らしい。

現職は、そういうことに熱心だったと私は感じていた。

また、教科書選定を勇気を持って変えたと聞いた。
子供を持っていない私は知りにくい事だけど、知らない内に
おかしな教育がされようとしていたらしい。それを食い止めた
んだな。コレは力仕事だっただろう。

こんな努力やプロモーションによってここ数年人口流入が続いていたんだ。
それは税収アップにつながる。

たくさんの企業が出て行ってしまった後、税収UPの道はこういうことだろう。

来たばっかりの人達は、享受しているものの背景は知らないだろう。
それ程の愛着もないだろう。
そこに、ネガティブキャンペーンが繰り広げられた。
呆気なく、落選。

子供の遊びじゃないんだ。
大人は責任を取る必要があるんだよ。

たったの30%の投票率。その中の半分くらいの人が支持した人が市長になってしまう。

投票に行かなかった人。どうしたの?何をしてた?

しかし、話は変わるが、中田さんといい、松沢さんといい、今回の現職といい、
松下政経塾出身者の受難の時のようだ。
(野田さんは最高峰に登りつめたけど、政経塾ダマシイどうなってる?)

いや、本当の受難者は、私たち市民だ。

気をつけよう。
真贋を見極める目を身につけよう。
こういう時代だからこそ。
自分の目、ハートを、研ぎ澄ませておこうね。

ところで、現職だけど、数秘的に見ると、ピナクルの変わり目がちょっと前にある。
だから、このタイミングは理にかなっている。
職を解かれて良かったかもしれない。彼にとっては、こんなチンケな市の
首長の職などもう要らんということになるだろう。
コレを糧にもっと羽ばたくのでしょう。
ココで、あなたは、自分のクセをイヤと言う程知ったしね。

おつかれさま。
生まれた場所でもない所で、懸命に働いてくれて、
ありがとう。

次のリーダー。
今の段階でなにか決めつけたりはしたくない。

生まれも育ちも藤沢と書いてあった。
藤沢っ子ってコトできっと心は通じると信じているよ。
自分のハートに聞いて行動してね。藤沢っ子はサポートするよ。
藤沢を愛する気持ちは同じなはずだからね。

選挙がヒドかったんであって、あなたや現職がヒドイ人ってコトじゃない。
今回は、思惑ばっかり膨らんでいて気持ち悪さだけが漂っていた。
フェアじゃなかったし、政策の議論なんてまるでないんだからさ。

そして、あなたに決まっちゃったんだよ。
あなたの人生は、あなたにやれと言ってるんだよ。

だから、やって。
by masumihug | 2012-02-14 18:43 | 日記

ゲシュタルトの祈り

ゲシュタルトの祈り

私は私のことをする、あなたはあなたのことをする。

私はあなたのために生きているわけではないし、 あなたも私のために生きているわけではない。

あなたはあなた、私は私。

もしも、お互い出会うことができたら、それはすばらしいこと

もし出会えなくても、それはしかたのないこと。


英文は、

-Gestalt Prayer-

I do my thing, you do your thing.
I am not in this world to live up to your expectation.
And you are not in this world to live up to mine.
You are you and I am I.
And if by chance we find each other, it's beautiful.
If not, it can't be helped.

Frederick S.Pearls
(フレデリック・S・パールズ)


ゲシュタルト療法を開発した、フリッツ・パールズの言葉です。

私の好きな言葉で、人が生きていく時に、人が人と関わっていくときのことを
端的に表していると感じます。

そして、この詩を受けて、タブスという人が書いたまた素晴らしい詩があります。

ゲシュタルトらしさを尊重しつつ、
人間の人間たるところ、人間らしいところを
忘れずにいようとしている。

今まで出会ったゲシュタルトのファシリテーターの姿勢を
思い浮かべ、涙が出そうになる。
非常に共感します。

こちらもまた、人が生きていく時に、生身の人間が、人と関わっていくときに、
そこで起こっていることを、実に生々しく感じることができる詩です。

私は、人として、セラピストとして、この両方の祈りを
携えて、そこにいたいなと思います。


パールズを超えて

タブス

(國分康孝訳)


曰く

われはわが事をなし

汝は汝のことをなす、と

されど、それのみならば

われらの絆 失わるること明白なり



わが生くるは

汝の期待にそわんがために非ず

されど、われ

かけがえなき汝の存在に脱帽せんとするものなり



そしてまた

われも汝に脱帽の礼をうけんと欲す

われら相互に

心とこころふれあいし時のみ

われらここにありと宣言すべきなり

汝との絆失わば

われすでにおのれを喪失したも同然なり



われらの心ふれあいしは

偶然にあらず

心を尽くし 思いをこめて

求め合いしがゆえに

心に通うに至りしなり

いたずらに 事の流れに

おのれをまかしたるに非ず



内に期するところありしが故に

心ふれあうに至りしなり

然り、事の起こりは

わが発心なり、されど

わが発心のみにて

足れりとするに非ず

真理のきざしあるは、われと汝と

共にあるときなり



a0205246_23113278.jpg









我と汝。
どんなときも。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2012-02-05 19:57 | ゲシュタルトの祈り

初午と節分

うちには、なぜか、お稲荷さんがあります。
昔は、小さな鳥居もあったそうで、
道行く人がついでにお参りに入ってこられたり
したそうです。

今年は、初午と節分が重なった。

節分は立春の前の日。
初午は2月の最初の午の日。

昔々は、初午の日に子どもを寺子屋へ通わせ始める
なんて日だったそうです。

外は、めちゃくちゃ寒い。
けれども、植物達をよく見ていると、春が近くに
やってきているのも同時に感じます。

『はじまり』という言葉が緊張感と共に胸に浮かんできます。

初午には、おこわ。
おこわには、なぜか、筑前煮。

おこわと筑前煮を交互に口に運んでいると、永遠に
止まらない。美味しいです。

母に、「なんで筑前煮なの?」って聞いたら、
「知らない」って言われましたけど。



a0205246_111716.jpg
by masumihug | 2012-02-04 00:38 | 日記

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug