人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Beautiful Life

福山雅治の、
『Beautiful life』
いい曲ですね。

私、実は、普段TVはあまり見なくて、
特に歌番組なんて、まず見ないのですが、
大晦日の紅白は毎年家族で観るのがいい。

で、素晴らしい曲や歌手を発見したりします。

今回、初めてこの曲を聴いて、びっくりしました。
耳が、歌詞を捉えたら、流して観るなんてできなくなった。
釘付けになりました。

その歌詞に、涙が止まらなくなった。

これが、本当に福山雅治が書いたのなら、(失礼!)
彼は、なんと豊かな経験をしてるんだろ。
なんとすてきな女に支えられてるんだろう。
本当に経験した言葉に感じる。

★『Beautiful life』歌詞

この曲を、世界中のカップルに贈りたい。
どうしようもない葛藤の中にあるカップルに贈りたい。

相手が、この曲の歌詞にあるような事を、あなたに言うことは
残念ながらないだろう。言ったとしても、それは、字義通りではないかもしれない。

でもね、確かに、あなたの存在によって、その人は光を見たんだと思う。
生きていることに希望を見出す経験を、まるで初めてのようにするんだ、したんだろうな。
嵐のような人生の中で、Beutiful lifeを垣間見る瞬間だったろう。

そして、願わくば、ほんの一瞬その相手が独り正気になったとき、
感じてほしいと願う。

自分と一緒にいてくれてありがとうと。
そうしてくれる人も、この世にいると知るんだ。

そして、そういう人を相手としてしまった人。
ありがとう。

あなたの努力は、世界中のカップルの葛藤を溶かす助けになっている。

相手をただ信じて、自分を信じて、ただ愛でいることを選択している。

それは、良い関係性じゃない。のは分かっていても、そこに流れ着いて
しまうことがある。

その相手を信じる人が、強烈に必要な時があって、その人として
選ばれてしまっている人がいる。

とても残酷だね。

まず、あなたの身の安全が心配です。
自分の安全を確保することをまずしてください。

そして、シェアしてください。
一人で抱えたら、辛いです。
いろんな人とシェアしてください。

その情報は、必要とされている。
あなたのシェアによってまた、癒される人たちがいます。

そして、ある程度役目が済んだら、
その役を降りてください。

その役に、人生や、命を、身体を、削る必要はないです。
それで、十分です。
目の前の人が変わらなくても、それで十分です。

世界の何処かが溶けている。

何より、そこから、帰って来た時、
そして、あなたがその疲れを癒したら分かる、
自分がひと回りも二回りもスペースを大きくしていること、
以前より自分が自分に寛げるようになっていること。

だから安心して、自分のホームに戻ってください。

おつかれさま。
ありがとう。

そこから、自分の人生を生き始めてください。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村




by masumihug | 2013-03-29 04:44 | 所感

満月の夜は、

涙が込み上げ、
仕方ない。

涙を止めないで。

口を開けて、
声をあげて、
涙に任せる。

ピュアだった自分。
一生懸命だった自分。

思い出される。

そうしか出来なかった。

精一杯やった。

あなただって、そうだった。
ないことにしないで。

ありがとう。


いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村




by masumihug | 2013-03-29 00:40 | 日記

自己紹介

自己紹介が苦手です。

ワークショップなど、参加する時、ワクワクします。
が、当日、電車に乗って、その駅が
間近に迫って来て、初めて、あ!と気がつきます。
「自己紹介、あるんだろうな。。。」
途端に、ブルーになります。

そんな短い時間で、過不足なく、自分の事を、
ましてや、ナイスに、語ることなんて。

でもね、自分のワークショップで、みなさんの
自己紹介を聴く時間は、とっても大好き。

少し緊張しながら、語る様子は、
まざまざと、その人を語ります。

そう、語る言葉そのものより、語っている時の、
その様子が何より語る。人は、そっちを、受け取る。

と、それを、踏まえて、
しょうもない内容の自己紹介をしてみます。

一見しょうもないが、自分が、つい没頭して語ってしまう
事を話した方がいいと思います。

内容よりも、自分が没頭して語ってしまう事を
話すことで、自分の人となりを、言葉以上に、人に
伝える事が出来る。

そうすると、受け取る人が、受け取ってくれます。

ちょっと、やってみます。

こんな感じです。

私は、水分が好きです。

日ごろ、水分が欠かせません。
どこかに出かけるときには、
このナルゲンの水ボトルに
家の浄水器の水をいっぱいに入れて、
持ち歩きます。

このボトル大好きで、2代目です。

先日、友達と温泉に行ったとき、
そこには、10cmくらいの浅くて、ぬるいお湯の
お風呂があって、温泉ですっかり熱くなった身体を
そこに横たえ、空を見たり、しゃべったりしました。
そのお風呂は外にあります。

そのお風呂がとても気に入りました。

できたら、誰もいなかったら、口を開けたまま、
目も開けたまま、脱力して、死体になってみたかったな。

開けた口からお湯を飲んだり出したりしたかったな。

水ともっと一体に、水にもっと溶けるように、
漂ってみたかったな。と、
妄想しました。

あ、こんなことを言うと、誤解されて、嫌われてしまうかも。
と、恐れる私がいることに今気づいています。

一応、そういうことには、気づいています。(これで、大丈夫。多分。)

すごく喉が渇きます。
と言うか、渇いているのかどうかは実際にはどうでもいいのかもしれない
けれども、水分が欲しくなります。

ごくごく飲みます。

会社員時代、ビルの下のコンビニで、500mlの水を買って、
我慢できずに、エレベーターの中で飲んで、ごくごく飲んだら
飲みきれず、危なく溺れそうになったことがあります。
そのくらい危機的になります。

席に着いたら、殆どもう空。

足りないです。

足りないと言えば、
喫茶店のコーヒーカップの量では、全然足りないです。
少な過ぎます。
飲み終わったあとの時間をどう過ごせばいいんでしょう?

だから、ドリンクバーが好きです。
継ぎ目なく飲み続ける事が出来る。

でも、あれは、ちょっと、
危険です、私みたいな人には。

飲みすぎて、だいたい次の日、やられてしまいます。

どうも、体調が悪くなるなと感じます。

最初は、だいたいフレーバーティーから、
おずおずと始めます。
100%ジュースがあれば、それも一緒に持ってテーブルに。

シナモンアップルティーが好きで、そういうのを2,3杯飲んだ後に、
だいたい調子に乗ってきて、いろいろあるからうれしくなって、
いろいろあるっていう事自体が、私を既にうれしくさせているんですが、
だからって、いろいろ飲むわけじゃなく、
カプチーノを、立て続けに飲み干してしまいます。

そうすると、だいたい翌日身体がだるくなります。

多分、いろんなモノが入っているんですよね。
そりゃあ、仕方ないですよね。

だから、みなさん、ドリンクバーは、
ほどほどにした方がいいです。

だから、ナルゲンで持参した水を飲むのがいいなと
思っています。

今日は、みなさんとお会いできてうれしいです。
何が起こるか今からワクワクしています。
よろしくお願いします。

と、こんな感じで。

とっても受け取ってくれる人が近づいて来てくれます。

そうじゃない人は離れていきます。
by masumihug | 2013-03-27 04:44 | 私のこと

自分を救う

私は、小さいときから、
あまり、この社会がよく分かっていなかった
のかもしれない。そんな気がする。

し、もしかしたら、
今も、分かっていないのかもしれない。

もしかしたら、誰かに、「あの人は~。。」って、
ハンディキャッパーとして、扱われているのかもしれない。

小さいとき、どうして、他のみんなは、
知っているのだろう?という場面が多々あり、
恥をかいたり、戸惑ったり、寂しい思いをした。

なので、周囲をものすごく気にするようになった。
浮かないように。
悲しい気持ちにならないように。
危険なことにならないように。

理由を考えても、よく分からず、多分みんなは
親に教えてもらっているのだと、ずっとそう思っていた。

だから、親を恨んだ。

本当につい最近までそう思っていた。

しかし、どうやら、違うみたいだ。

人の社会には、暗黙に了解されていることがある。
習慣とか、暗に示唆されていることとか。

それが、私には難しい。ことがある。

大人になり、記憶を貯めていくことでカバーした。
だから、だいぶ手馴れた。

けれども、今でも、実はものすごく不安がある。

特に相手に失礼になったり、悲しませてしまうことに
ならないかがとても気になるので、そういう場合は、
恥ずかしいが、今でも母に確認をする。

だから、突発的なことや、予想できない状況の方が、
自分には楽だったりする。

気持ちに従っていけばいい場合だと、納得して、安心して行動できる。

社会の暗黙に了解されたことは、親の教育だけではない、
ということが最近分かって、実はとても、安心した。

親に対する、なんで教えてくれなかったの?という気持ちが、
さっぱりなくなった。

親は、私にするべきことを仕損じた訳ではなかったのだ。

私が、あのまま、親になっていたとしたら、自分の戸惑った経験から、
いちいちいろんな状況を想定し、かわいそうな目に遭わないよう、
余計な寂しい経験をしないよう、配慮したことだろう。

いや、配慮なんてもんじゃないだろうなと想像できる。

子供の気持ちより、自分の不安解消のために、過剰な過干渉になったかもしれない。
ヒステリックに。

その上、学校や地域やママ友のお付き合いなど、こなしていける自信はとてもない。

私のような人が、この暗黙に了解された世界を、一人で泳ぐには、あまりに丸腰だ。
と感じてしまう、だろう。

私のような種類の人は、多分たくさんいるんじゃないかと推測する。
エラもないのに、水中にいるような気分だろう。

暗黙に了解された世界に全面服従しようとすれば、それは、自己の死を
意味する。半分死にながら、生きることになる。

自分を知ることだ。
自分を知ることで、自分を救うことができる。
自分にとって、ダメなこと、好きなこと、心地良いこと。

特に、
自分のダメを受け入れると、なんと心地良いことか。
すっと、世界が広がる。
自由を手に入れた感じがする。

出来ないことは、教えてもらえばいい。
信頼できる人に、世の中アドバイザーとして就任してもらうのもいい。
服従じゃなくて、仕組みを知ればいい。
相手に歩み寄ることも大切だ。

そして、なにより、マイノリティーの私たちには、することがある。

この硬直した世界を溶かすこと。
新鮮な目で見る視点。
バイアスのない気持ちを持ち込むこと。
リラックスの風を送り込むこと。
同じような仲間に声をかけること。

得意なことをやっていこう。
没頭しちゃうことを優先しよう。
そのほうが、うんと楽しいよ。
時間を忘れてしまうよ。

そして、マイノリティーかと思いきや、みんなもそうかもしれないよ。


いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村






by masumihug | 2013-03-22 04:44 | 私のこと
少し、独特な感じかもしれません。
いわゆる、カウンセラーとクライアントが、
机を挟んで、椅子に座って、向き合って。。。
という図ではないです。

セッションは、大抵の場合、畳の和室です。
クライアントさんには、ご自分の心地良い場所、
心地良い姿勢で、好きなだけ座布団を使って
座っていただきます。

他の誰のためでもなく、ご自分のために
十分にこの時間と、私を使っていただきたいと
思っています。

私が、とても大切に、心がけているのは、
クライアントさんにとって、安心で安全な場を
設定するということです。

幸い、これは、私の質が功を奏してくれます。
みなさん、とてもリラックスして、心と身体を緩ませる
時間になるみたいです。
うれしいことです。

クライアントさんの安心と安全が十分に保たれ、
彼/彼女が自分自身の心地良さを追求し、自分自身を
なにより大切にし、自分自身を感じ始めたとき、
セッションが、とてもクリエイティブに展開するように
思います。

私も、場の設定に心を砕きますが、クライアントさんも
どうか、自分自身の心地良さにこだわってほしいのです。

セッションは、ゆっくり、丁寧に、
クライアントさんのプロセスを大切に進めていきます。

時間が延長することもあります。
時間に応じて、料金が変わることもあります。
その場合には、相談させていただきます。


『聞くセラピー』ウェブサイトより
http://kiku-therapy.jimdo.com/セッションについて/
by masumihug | 2013-03-15 04:44 | 個人セッション

私の中の悪態

今日は、悪態をついてみる。

花粉症の人は、
なんで、治そうとしないのかな?
と疑問に思うんだ。

薬を飲んでいるけど、
それは、症状を止めるものであって、
根治しようという気はないみたい。
に見える。

ここまで書くと、
怒り狂って文句を言われそうに感じて
いる自分に気づいています。

だけど、今日はあえて、言いたい自分。
言っちゃうぜ。

治すための行動につながらないのには、
理由があるという事を言いたい。

その症状によってメリットを得ているから。

例えば、

人前で、泣く事が許される。
みんな泣いてるし。

たくさんの人と一つのことを共有出来る。
しかも、解決しなくてもいい問題は、永遠に共有していられる。
という、永遠にしゃぶれるアメのようだ。

究極的に、当たり障りのない話題。
今日の天気の話しに次いで。

悪いのは、杉。
あるいは、植林。
あるいは、戦争。伐採した場所に植林したから。

季節を、同じ時間を、同じ辛さを、共感し合う幸せ。
人間には必要。

しかし、他の事では、恐くて、自己開示出来ない。
花粉の話しなら、セーフ。

日本人全体が、一つの船に乗っかって、そこにおとなしく
乗っかっていれば、誰かがまもってくれる、という幻想。
騙す人も騙される人も共犯者。共依存の温床。

本当の事は、隠される。
忌み嫌われ、葬り去られる。
一見温かい社会は、酷いイジメと表裏一体にある。
無言のプレッシャー。

小さな団体なら、カルトと呼ばれる。

日本中で、一斉に人が泣き始める。
何かの弔いか?

この、ドグマに絡め取られ、絡め取られることで、
安全を確保している。ような気分。

それは、果たして、安全か?

本当に治したいのなら、
本当に自分の安全を確保したいなら、
生活を変え、食生活を変え、自分自身の悲しみに共感し泣く
時間を取ること。
自己開示出来る環境を自分に与えること。

それを試してみて、まだ、くしゃみが出るなら、
本当の鼻炎だと思う。

花粉症という方便。
によって、日本中が演技し、予定調和の中にあると、
私は、恥ずかしいが、これに関して、自分の中の
あることが、刺激される。
悪態をついてしまう。自分がいる。

そう、まだまだ不自由な私です。

この私の、この悪態の、根っこにあるものが、
今日、フォーカシングをして、現れた。

次は、ココと対話したいと思う。

そうすれば、私は、悪態をつくことなく、
花粉症の人と、対話をすることが出来るだろう。

そうしたいのです。

その、ひつこい、症状を、どうにかしてほしいの。

あなたより、
見ている私がツライのよ。
by masumihug | 2013-03-14 04:44 | 所感
a0205246_1175379.jpg   









最近マクロビに凝っている私。

レシピに沿ってちょこちょこ作っています。
効果があるように思います。

案外簡単。
簡単じゃなきゃ、現実的じゃないし。

写真は、たまねぎ、ごぼう、にんじん、かぼちゃのポタージュスープ。
本当は、最後にほんのちょっと麦味噌で味を調えるんだけど、
なんにも入れなくても美味しい。

それこそ、ブイヨンとか、出汁の類、生クリームとか牛乳の類、
まったく入ってないのです。野菜と、水だけです。

でも、美味しいの!

すっかり好きになってしまった。

しかも、この「好き」は、なんとも、言えない、
ツボにはまった感じの「好き」なんです。

なんだろう?

スープで、フォーカシングしてみました。

そうしたら、そこには、意外にも、私にとって大きなメッセージが
あった。

私のテーマ、キーワードがしっかりそこに存在していたのです。
だから、ただの好きじゃなかったんですね。

このポタージュスープをありありと思い浮かべて、
身体に感じるものを辿っていきます。

まず、胸から頭にかけて、微振動が感じられます。
コレを言語化すると、「ワクワク」でした。「楽しい」もあります。

そうすると、自分がスープを作っている映像が現れてきます。

うんうん、野菜を刻んでいます、心を込めて仕込んでいます。

そして、鍋に投入。後は、鍋の中で、鍋にお任せ、時間にお任せ、
天にお任せ、なにか、錬金術の釜のよう?

そこで、あ~と、気づきと共に、言葉が出てきました。

分かった、なんであれ、私は、こういうプロセスが好きなんだ。
丹精込めて、仕込む、そして、後は、任せる。
楽しみに待つ。何が起こるか。

そうそう、ワークショップもこれと同じだ。

心を込めて準備をする、当日その場で何が起こるかは分からない、
けれども、場に任せ、参加者に任せ、一緒にやっているパートナーを
信じ、自分を信じ、何が起こるか、楽しみに待つ。

これが、私は大好きなことなんだ。

しっかりと、スープにも、その要素が入ってる!!

こんなふうに、納得がやってきました。

この納得は、とっても満足感があります。
自分の曖昧なものが、しっかりと形を得て、表現され、
自分が自分の身体ごと、丸ごと、共感をし、された感じ
なのだと思います。

そして、言語化されたキーワードは、これから利用できます。

この要素があると、私は心から満足するようです。
そして、私は、なんであれ、そういう人なんです。
これが、今の私、なんです。と言い切れます。

気持ちいいです。

何気ない感じで、始めましたけど、結果として、とってもいいワークに
なりました。

この間、10分ほど。

フォーカシングって、とっても便利です。
by masumihug | 2013-03-13 04:44 | 個人セッション

啓蟄過ぎて

3月5日は、啓蟄。

いきものが、うごめき出すとき。

いつもの道をランニングしてたら、
中くらいの、茶色いカエルが、
道の真ん中で佇んでいました。

まだ、寝ぼけてたのかな。

そこにいては、ひかれてしまう。ので、
道の端へ誘導しました。

私は、両生類が、好きです。

かわいい。

でも、彼らの生きるような曖昧な場所は、
今とっても少ないね。

だから、道端でカエルに会うなんて、
いつ振りだろう?

昔は、うちの庭に毎年、でっかい茶色いカエルが
お出まししたもんです。

いつの間にか、いなくなっちゃった。
by masumihug | 2013-03-12 04:44 | 日記
a0205246_1517298.jpg3月8日金曜日、
M&Mカウンセリング研究会として、
カウンセラーの恵さん (カウンセリングスペースM)と一緒にやっている、
フォーカシングワークショップがありました。

今回も、とっても良い場が創られました。
参加してくださいましたみなさん、ありがとうございました。

今回は、既に一回私たちのワークショップを体験していただいている方対象の会。
私たちにとって、初の試み!言わば、応用編の、初の会でした。

とっても良かったです。
大いに、自画自賛します。

中でも、「自分のキーワードを探す」ワークは、実は大きな意味を持ってたと思う。

恵さんの発案で、ジェンドリンのワークをちょっとだけアレンジ。

めちゃくちゃ好き!でなくてもいい、何気なくでもいい、
好きなモノ、愛するモノ、からフェルトセンスにそって辿って行く先に、
自分のキーワードがしっかりと存在していることが分かります。

それは、自分自身にいつも鳴っているベース音の様なイメージが、私にはあります。

一人一人の個性が際立ちます。

だから、自分では、一見やっかいな感じすらもっているかもしれない。
そこを丁寧に感じて、フォーカシングモードへ入っていきます。

結果、その人らしい、固有の世界観が現れます。
むき出しになってきます。
深い納得と共に自分のキーワードが口から出てくる。

これを知っていると、何であれ、選ぶ時・決める時、自分にとって何が大切か、
何を優先に考えればいいのか、軸を持つことができます。

短い時間なのに、何気ないモノから辿ったのに、見つけたキーワードには、
「確かにそうだ」と言う納得感があります。

自分自身とぴったり一致する瞬間です。
身体はそれを待っている。そして、その時の、「その心地良さ」があなたの基準点。
いつでもそこを目指せばいい。

ワークは、感動的ですらありました。
いつも思うけど、人間一人の世界の深いこと広いこと大きいこと美しいことおもしろいこと、
そのユニークさに、私は興味が尽きません。

無防備になってくれて、その世界を見せてくれて、ありがとうございます。

私たちが、最も心を砕くのは、安心で安全な場を設定すること。
そうすると、参加者さんがその場を特別な場にしてくれます。
参加者と私たち、みんなで創り上げる、そして毎回違う、豊かな場です。

今回、私は、当日午前中、自分にフォーカシングしました。

何か、胸の辺りにモヤモヤとしていたし、良くない意味で緊張感がない。おかしいぞ。
これから、みなさんをお迎えするのに、この「なんでもなさ」は何?

こういう時、フォーカシングの出番です。

辿っていくと、モヤモヤが徐々に言語化されていきます。
あ~、なんとなく分かってきた、参加者一人一人の顔や感じが感じられてきます。
そして、私の今日の心の込め所はどこなのか、が分かってくる。そうか、それが、分からずに
モヤモヤしていたんだね。

言語化すると、
「とにかく安心して無防備になれる場を設定すること。今日私が精一杯やることはそれ。
参加者さんが、本当に、自分の心地良さに沿っていけるように。
他の誰のためでもなく、自分自身のために、時間を使ってほしい。」
「最善の場が創られる。それを信じる。」「みんなを、私を、信じる」となり、
納得と共に感謝の気持ちが湧いてきました。
そう、いつもと同じだ。心地良い場を創ることが全て。
それを、改めて意識化した。

これを感じては、私は、とても落ち着きました。重心がお腹の底へ降りた感じです。
これで、なにも心配したり疑問なく、その瞬間にいることができるようになります。

このワーク、多分10分かかっていません。
フォーカシングって本当に便利ツールです!

こんな感じでワークショップを行っています。
良かったら是非遊びにいらしてください!

次回の予定です。

4/14(日曜日)ワークショップを既に体験済みの方対象の会の第2回目
4/25(木曜日) フォーカシングワークショップ(主に初体験の方対象)第6回

いずれも、12:00-16:00
場所は、藤沢駅から徒歩15分です。
和室でゆったり行います。
脚を伸ばせる、楽な服装でおいでください。
参加費は2000円です。

毎回、身体にやさしい手作りおやつを用意します。
これは私の楽しみでもあります。
今回は、桜餅でした。

a0205246_15134646.jpg






ぜひ遊びにいらしてください♪
お会いするのを楽しみにしています♪

トップの写真は、会場に借りている和室。
静かで、なにか、調う、良い空間です。
by masumihug | 2013-03-10 17:44 | 個人セッション
暮らしの、いろんなモノを、
買わないで、自分で作ろうとすると、
とっても時間がかかります。

食べ物だけでも、結構かかります。

今、ちょっとマクロビオティックに凝ってたり、

そして、会社を辞めてから、

いろんなモノを、実は自分で作れるんだ!って、
喜びを知ったりして、

そうすると、

そんなことにかまけていると、

あっちゅう間に一日が
終わります。

とっても楽しく。

全てのことが、自分の生活のためであり、自分の
身体の血や肉であり、それによって、自分自身が
創られていく訳で。

そうです、実は、モノを作っているようで、自分を
つくっています。

おもしろく、興味が尽きない。
のは、そのせいです。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村






by masumihug | 2013-03-09 04:44 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug