人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先日フォーカシングWSを受けてくださった、
敬聴塾の田渕さん。
かなりのインパクトがあったと言ってくれました。

そして、更に、ご自分の考察交え、
ブログに記事を書いてくれてます。

1回のワークショップで、こんなに受け取ってくれました。
うれしい!
とっても繊細な感覚を使う方です。

シェアさせてください。

田渕さん、ありがとー!

「朝の通勤時間が苦手な方へ」
敬聴塾ブログ

http://halfmoonbay.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-395b.html
by masumihug | 2013-05-21 22:18 | 個人セッション
フォーカシングws@敬聴塾

この間、私の産業カウンセラー受験の時の寺子屋の
せんせー、田渕さんの所でフォーカシングワークショップを
やらせてもらいました。

寺子屋って言ったら失礼でしょうか。
でもね、そういう雰囲気。
私は、たった2回の参加でしたが、田渕さんの独特の
雰囲気に触れた気がした。

普段は会社員さん、週末は敬聴塾塾長として、
傾聴講座や、陶芸を教えたり、季節がやってくれば
産業カウンセラー受験対策講座をされたりする、
多彩な方です。

田渕さんが、今回のワークショップのことを、
ブログに書いてくださいました。

敬聴塾ブログ
「フォーカシング、やってみました」

興味深く感じてくださったようで、よかった。
うれしいです。
田渕さん、ありがとうございます!

最近は、こんな感じで、ご注文に応じて、
フォーカシングWSを出前したりしてます。

自分で言うのもなんですが、
自分で言わないと誰も言ってくれないから言いますけど、
なかなかおもしろくて、ためになる、ワークショップです。

セラピストにとっては必須の、
良いクライアント体験の為にも必須の、
体験に、間違いなく、なると思います。

体験的に腑に落ちると思います。
なにかしら、持ち帰れるはずと思っています。

お2人のグループでokです。
4人くらいまでがちょうどです。

お気軽に声かけてください。
楽しいよ♪

田渕さんのブログです↓
http://halfmoonbay.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-77ac.html

敬聴塾
白楽にある田渕さんのスペースは、
横浜らしい高台にあって、見晴らし良く、
時折、港に停泊する船の汽笛まで聞こえてくる
気持ちのいい空間です。よい風が通ります。
田渕さんの在り方とどこか似ていると感じます。
by masumihug | 2013-05-21 21:38 | 個人セッション
エンカウンターカフェ@藤沢
日程、詳細、決まりました!

ご案内させていただきます♪

どーぞ、遊びにいらしてください!!


エンカウンターカフェ@藤沢

こころで出会う場

藤沢で、エンカウンターカフェを開催します!

日にち:5月30日木曜日
時間: 午前の部 10:00-12:30
     午後の部 13:30-16:00
場所: 藤沢駅から徒歩圏内  (お申し込みの方に詳細お知らせします)
参加費: 午前午後通して参加 3500円/一部参加 2000円
★初開催のため、今回の参加費はコチラ♪ ―> 3000円/1500円
参加条件: 非構成・どなた様でもご参加可能です 定員8名ほど
主催/ファシリテーター: エンカウンターカフェ藤沢/佐野珠美 (聞くセラピー)
お申し込み・お問い合わせ: masumihug@gmail.com さのますみ

あるがままに心が響き合う、ホリスティックなエンカウンター・グループ。

日々の忙しい生活の合間でも気軽に参加する事が可能な、
「小さな、ホリスティックエンカウンター」です。

昔の日本なら、『縁側でのお茶のみ』の場でしょうか。
古くて、新しい、そして、やさしく、安全な場。
でもしっかりと、心理学的根拠に基づいた、癒しのアプローチです。

聞きなれない言葉、ですよね。少し説明させてください。

集いの場や自助グループの雰囲気に似ている部分もありますが、
ファシリテーター(促進者)と呼ばれる、心の専門家が、しっかり見守る場です。
安心してご参加ください。
どのような方もご参加可能です。

多様性が出会い、混ざり合い、それぞれの方が、その時に必要なエッセンスを持ち帰る、
そんな場が創られます。

「エンカウンター」とは「出会う」こと。

見ず知らずの人と出会い、語られる誰かの経験、価値判断なしに、
その人とその人固有の経験が尊重される場。

ただそれだけで、何かが溶けていくのを感じるはずです。
それが、エンカウンターグループのダイナミックさです。
是非体験していただきたいです。

例えばこんな方に、
カウンセリングや心理療法、興味があり、受けてみたい、
けど、よく分からないな~と思っている方。
安全に、その世界に触れることができると思います。

対人援助のお仕事をされていらっしゃる方、
ご家族の介護をされていらっしゃる方、
本当に頭が下がります。
普段なかなか流せない思いはあるでしょうか。
ここは、お気持ちを分かち合うのにぴったりな場となるはずです。

大切な人とのお別れを経験された方、
しっかり悲しみましたか?どんなに辛かったか、誰かに話しましたか?
良かったら、分かち合ってください。

こんなふうに感じているのは自分だけ?
良かったら、その感じを口に出してみませんか?
案外、仲間がいるかもしれません。

また、グループエンカウンターのテイストを経験してみたい方、
セラピストさん、カウンセラーさん、是非ご参加ください。

ご参加に当たり、不明なこと、不安なことがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。


エンカウンター・カフェって?
「コミュニティ・カフェ」と「グループ・セラピー」を組み合わせる事で、
特に、メンタルヘルスの予防と回復に寄与するセーフティー・ネットを、
地域レベルで構築して行く取り組みです。

エンカウンターカフェ運動を、2011年から八王子を中心に活動されている
高久誠さんの考えに深く共感し、藤沢でもエンカウンターカフェを開催する運びとなりました。

エンカウンターカフェ運動 詳細については↓
http://encountercafe.web.fc2.com/about.html
高久誠さんのウェブサイトです。


●宗教活動や商品の販売活動などとは、まったく関係ありません。

☆☆お問い合わせ、お申し込みは、メールにて↓ますみまで☆☆

お待ちしています♪


佐野珠美(さのますみ)
masumihug@gmail.com
聞くセラピー セラピスト
エンカウンターカフェ ファシリテーター(促進者)、
ホリスティックカウンセラー、心理カウンセラー、
産業カウンセラー、
日本ゲシュタルト療法学会会員


ホームページ: http://kiku-therapy.jimdo.com/
ブログ: http://masumihug.exblog.jp/


【自己紹介】
海運会社勤務のかたわら、2009年よりコーチングセッションを開始しました。
コーチングに違和感を感じ、徐々に心理療法の領域へシフトしました。
その後、2011年8月長年勤めた会社を退職し、「聞くセラピー」として
心理カウンセリングを開始しました。
2012年4月から7月まで、精神障害、知的障害をお持ちの方々と生活を共にする形
での支援に関わらせていただいた後、藤沢へ戻り、10月「聞くセラピー」を再開しました。
現在、神奈川県藤沢市にて、来談者中心療法、傾聴、フォーカシング、
ゲシュタルト療法を組み合わせた心理セラピーを行っています。
by masumihug | 2013-05-20 23:53 | 個人セッション
こころで出会う場。

藤沢で、エンカウンターカフェを開催していきます!

日程調整中です。
決まりましたら、ご案内させていただきます。

あるがままに心が響き合う、ホリスティック(包括的)エンカウンター・グループ。
日々の忙しい生活の合間でも気軽に参加する事が可能な、
『 小さな・ホリスティック(包括的)エンカウンター 』です。


エンカウンターカフェ運動を発案し、現在八王子を中心に活動されている
高久誠さんの想いに深く共感し、藤沢でもエンカウンターカフェを開催する
運びとなりました。

高久誠さんの言葉を借りて、ここに紹介します。

****** 
エンカウンターカフェ ウェブサイトより


体系的には、カール・ロジャーズ博士の発案したベーシック・エンカウンター・グループが展開された、カウンセリングの概念に囚われない包括的なグループ・アプローチです。

ホリスティック(包括的)・エンカウンターは、カール・ロジャーズ博士に最も古く個人的に指導を受けた日本グロースセンター所長の大須賀 克己博士が考案したもので、形式や部分にとらわれない全体的調和をテーマとして体系化されたエンカウンター・グループです。

特徴として、出会った人達であるがままに展開される自由で深い交流。自然や宇宙のエネルギーや“ご縁”への積極的関わりを大切にします。

集いの場やピアサポートの雰囲気に似ている部分もありますが、ファシリテーター(促進者)と呼ばれるホリスティック・コミュニティ・アプローチの専門家が、しっかり見守る場です。

******


安心してご参加ください。

どのような方もご参加可能です。
多様性が出会い、混ざり合い、それぞれの方が、その時に必要なエッセンスを持ち帰る、
そんな場が創られます。

見ず知らずの人と出会い、語られる誰かの経験、価値判断なしに、
その人とその人固有の経験が尊重される場。ただそれだけで、
何かが溶けていくのを感じるはずです。
それが、エンカウンターグループのダイナミックさです。

なにも治さず/直さず、その今の感じのまま、それと共に
いらしてください。

例えばこんな方に、
体験していただきたいです。

カウンセリングや心理療法を受けてみたい、けど、よく分からないな~と思っている方。
安全に、その世界に触れることができると思います。

対人援助のお仕事をされていらっしゃる方、
ご家族の介護をされていらっしゃる方、
本当に頭が下がります。普段なかなか流せない思いはあるでしょうか。
良かったら、シェアしてください。

大切な人とのお別れを経験された方、
しっかり悲しみましたか?どんなに辛かったか、誰かに話しましたか?
良かったら、シェアしてください。

こんなふうに感じているのは自分だけ?
良かったら、その感じを口に出してみませんか?
案外、仲間がいるかもしれません。

また、グループエンカウンターのテイストを経験してみたい方、
セラピストさん、カウンセラーさん、
是非ご参加ください。

また、ますみがどんな人か、確かめたい方。
是非!どーぞ。お会いしたいです♪

ご参加に当たり、不明なこと、不安なことがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。



以下再度 エンカウンターカフェ ウェブサイトより

エンカウンター・カフェの活動は、
「コミュニティ・カフェ」と「グループ・セラピー」を組み合わせる事で、特に、メンタルヘルスの予防と回復に寄与するセーフティー・ネットを、地域レベルで構築して行く取り組みです。

主にエンカウンター・カフェの店舗にて開催されますが、特定の場所に囚われずに開催される利点があります。 自宅での活動や既存の飲食店、その他では近所の公園等にて開催される場合もあります。また、エンカウンター・カフェ運動の柱となる活動でもあります。

エンカウンター・カフェ運動とは、「エンカウンター・カフェ」、「ホリスティック・コミュニティ・カウンセリング」、 「ホリスティック・エンカウンター」、これらの活動を統合したムーブメントの事です。 活動場所は、自宅、店舗、ワークショップ、スポーツジムetc.といった具合に、職種を問わず展開されるグローバルなエンカウンター活動を目指しております。

エンカウンターカフェ運動 詳細については→ http://encountercafe.web.fc2.com/about.html
高久誠さんのウェブサイトです。
彼のたたずまいと同様に、静かだけれど、
熱い情熱が伝わってくるサイトです。



『聞くセラピー』ウェブサイト
エンカウンターカフェ

http://kiku-therapy.jimdo.com/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7/?logout=1
by masumihug | 2013-05-17 04:44 | 個人セッション
この詩を初めて目にしたのは、
もう何年も前だけど、
涙が止まらなかったのを覚えている。

その頃は、こんなふうに、実際、思って
人との接触をすることがあったから。

この詩に、共感してもらったように感じました。

今では、もう、大切な人とのコンタクトで
躊躇するようなことは、少なくなったなぁと思います。

伝えたい事があったら、自分をおさまえておくことが難しい。

この人!って思ったら、自分から近づいて声をかけて、
しっかりつながりたい気持ちや、一緒にいるとうれしい、
を伝えます。

今ではそういうことが、自分のやり方になってるけど、
そうじゃない時が長かった。

その頃、この詩のように、自分に問うていた。

そして、それまで、私が、気持ちを伝えない事で、
感情を表さない事で、感謝の気持ちを伝えない事で、
傷つけた人、失くした関係、掴みそこなったチャンス、
があったこと、強烈に気がついた。

自分の、つまらない、何か、を守るため?
だって、そういうの照れ臭い。
だって、そういうの初めてで。
ばかやろー!
結局自分の、人との関係の連続性を、失った
人生の展開の芽をつぶした。

そうすることで、自分に果実を与えない。
自分を大切にしない人の典型をしていました。
それには理由、自分の歴史があったのだけれど。

自分自身の暗闇に光を当てて、解きほぐし、
徐々に、この詩のような事ができるようになりました。

自分が自分を大切にしていないと、
自分を大切に思ってくれる人を、悲しませる、傷つける。

そこにも思いを馳せてみてほしい。

そういった、痛い経験から、
今では、フォーカシングして、伝えたい気持ちを
なるべくぴったりの表現をつかまえて、言葉にする
ようにしています。

時間がかかっても。
表現がなかなか上手くいかなくても、
言葉を尽くしてみようと思っています。

なぜか、ふと思い出したので、
ここでシェアさせてください。


「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック
訳・佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための 
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう そうすれば
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
by masumihug | 2013-05-11 04:44 | 日記

自己紹介/プロフィール

久しぶりに自己紹介を
手直し。

自分の来歴を修正したってことじゃないです笑!

表現とか、今まで盛り込んでなかったことや、
もう言う必要もないかなって、トコを
スッキリさせたような感じです。

改めて、私のプロフィールです。


佐野珠美 (さのますみ)
聞くセラピー セラピスト
心理カウンセラー
産業カウンセラー
日本ゲシュタルト療法学会会員

神奈川県藤沢市
1966年10月20日生まれ

海運会社勤務のかたわら、2009年よりコーチングセッションを開始。
コーチングに違和感を感じ、徐々に心理療法の領域へシフトしました。
その後、2011年8月長年勤めた会社を退職し、「聞くセラピー」として心理カウンセリングを開始しました。
2012年4月から7月まで、精神障害、知的障害をお持ちの方々と生活を共にする形での支援に関わらせていただいた後、藤沢へ戻り、10月「聞くセラピー」を再開しました。
現在、神奈川県藤沢市にて、傾聴、フォーカシング、ゲシュタルト療法を組み合わせた
心理セラピーを行っています。

2003年、自身の過労による入院を機に、自分自身の生き方を見直すことになり、それは、徹底的な自己探求の始まりとなりました。この探求の過程、自己変容のプロセス、なによりも私自身の体験が現在のカウンセリングの基盤となっています。自分にも、誰に対しても、『楽に、自由に、自分らしく』在ることを、いつも願っています。そのお手伝いが少しでもできましたらそれは私の喜びです。

2008年会社勤務のかたわら、夜間や週末を使いコーチングのトレーニングを受けました。そして、2009年から実際にコーチングセッションを開始しました。人生の後半は自分個人として社会と関わっていきたい、できれば、今までの学びをシェアする形で、との強い想いが叶いとても嬉しかったのを覚えています。

セッションを行ううち、クライアントさんとコーチのミスマッチ感を感じてきました。クライアントの多くは、実は自身の自己基盤の脆弱さに気づいており、そこに不安を抱えていました。通常コーチは、何か明確な目標を持ちそれに向かって進む人を下支えし、ブレそうならトラックに戻し、必要に応じて加速させる伴走者。しかし、目の前の人に必要なのは、無条件に肯定し受容される体験だったり、悲しみや怒りを認め表現していく機会だったり。まさにカウンセリングの領域でした。そして、そのようなケースで私自身も自己効力を感じていることに気づきました。

コーチングの講座の中で学んだ、「傾聴」の素質が私にギフトとしてあることを、クライアントの反応を見て、何かが起こっているのを見て、かすかな感じでしたが知っていきました。そして、一旦コーチングを全て終了し、カウンセリングの領域へシフトすることを徐々に進めていきました。

現在は、傾聴、フォーカシング、ゲシュタルト療法を交えた、独自のセッションを行っています。心理学の理論、科学をベースに、そして一番信頼できる自分の直観にアクセスしながら、セッションを行っています。

好きなもの、こと: 謎を解くこと、量子の世界観、おもしろいこと、美しいことモノに触れる、日差し、空気の良い場所、月を観ること、猫、犬、パン焼き、勝手に踊ること、海、自転車、散歩、走ること、料理、洗濯物を干すこと、ぼーっと考える、かわいい服、リネン、トートバッグ、音楽を聴くこと、写真を撮る、人と共感すること、自分と共感するためのありとあらゆること。


5月8日2013年
by masumihug | 2013-05-10 04:44 | 私のこと

ノルウェーの濃い霧

昨年の始めか、もうちょっと前か、
友人のサイキックヒーラーの女性が、
私のことをこう表現した。

彼女は、月一で瞑想会をやっていて、
私が来てくれると助かるというようなこと
をよく言ってた。
私は、それが何でなのか、当時よく分からなかった。

濃い霧って言われた私は、
当時、なんだかちょっと、心地悪かった。
それが何の役に立つの?って。

通常の世界では、私は、明るく活発な人と言われていたし、
そういうイメージを作ろうと、常に心掛けてきた歴史が長い。
実際そういう質も持っているし、
その質を前面に出そうとしていた。

実は、暗く、鬱々と、悶々と、思考を巡らす時があるなんて、
微塵も感じさせないように、めんどくさい女だって思わせないように、
長年工作してきた歴史があって、その癖がある。

当時、会社を辞めて、カウンセリングを始めていたのに、
まだそんな、自分のプレゼンスのところで戸惑いがあったこと思い出す。

最近気づいたけど、やっとその霧を自分のモノに出来たんだなと感じた。

ちょっと、霧のことも忘れていた。

昨年10月に聞くセラピー再開の宣言をし、
それからしばらく、ワークショップや自分のセッションをやっていくことに
没頭していた。同時に、うんと頭を使って、暗記したり詰め込んだりの
勉強系の事にも同時に取り組んでもいました。

私は、最近ふと気づいた。
その自分の霧、めちゃくちゃ濃く漂う霧を、
ワークショップやセッションの時、
思いっきりその場に放出しているって気づいた。
そうすることで、その場をホールドする。

そういう場で、唯一、セラピスト・ファシリテーターが意図することは、
安心安全な場を創り出す事だと思っていて、
あとは、場、参加者を信じ、最善が創られると信じる。
参加者さん、クライアントさんが、心から安心すると、
自然と、それが起こる。
その時に、私は自分のこの質を使っていたのだと気づいた。

ずっと、このジメっとした質が嫌いだった。

私は、ものすごく、はしゃぐ質も持っている。
それと、相反するので、扱いにくかった。手に余る。
だから、無い物にしようとしてた。

でも、今は、これが、幸いだと感じている。
この、自然と出てしまっている、モノ、自分の実存、
に寛げるようになりました。
それが功を奏してくれる。

この間、彼女に、やっと霧を自分のモノに出来たよって報告した。

今では、私は、そこに放置しておくと部屋中カビだらけになる濡れ雑巾、
って自分のことを表現して、笑を誘える。
程に、その質に、よろこびと愛着と、誇りを感じてます。

ありがたいです。

この世界にあるものは、必ず陰と陽の側面を同時に持っている。
自然の、周囲の、場の、エネルギーに任せていると、
自分の陰と陽が波のように立ち現れる。
その時、自分のどっちの質も必要だと分かる。
時に、好ましくないと思っていた質が思いのほかパワフルに自分を
突き動かすエネルギー源だったと驚かされたりする。

そんな、自分の質を、遺憾無く発揮し、それが喜ばれる場所を
見つけることに、自分のエネルギーを使いたい。時間を使いたい。

クライアントさんが、ご自分の陰と陽に統合するお手伝いが
出来たら、幸せです。
by masumihug | 2013-05-09 14:17 | 個人セッション

ワークショップのご感想

フォーカシングWS(松井 恵さんと私でやっています)第6回終わりました。
今回も善い場が創られました。ありがたいです。

初めのうち、難しさを訴えていらした方が、最後には、
大きな気づきが起こる体験をされていたのは、うれしかった!
お顔が変わってた。良かったです。

アンケート(ご協力thanks!です)でいただいた
コメントの一部をご紹介したく。。
(掲載についてご了承を得ています)

幼い頃から今日の体の声は?と訪ねていたが、聴くというより、痛みに反発していた気がします。体の声に立ち止まってみたいと思いました。体の声や反応を知りました。おもしろかったです。ミニセッションでは、今の自分の気持ちに納得が出来ました。とても楽しかったです。皆さんのお話の中にも気づきがありました。また参加したいです。(レイキプラクティショナー 女性)

身体の感覚ではっきりと違いがあったのが自分でよく分かった。とても新鮮でした。まったく新しい体験だった。楽になる方法を見つけました。少人数で濃い時間でした。また参加したいです。感覚に着目する療法をもっと学びたい。(NLPプラクティショナー 女性)

とても心地良かったです。分かり易かった。身体の感じる部分が変化していった事がびっくり。自分にとって○○が思いのほか不安で恐いのだなーと分かりました。ミニセッションの時、なんで涙が出たのかな?泣く事は恥ずかしいけど、なんかすっきり♪ますみさんの不思議な力で何かを感じました。自分で導き出すんだなと改めて分かりました。(トールペイント講師 女性)

ありがとうございました。
興味、好奇心を持って真剣に取り組んでくださいましたこと、
ありがたく、敬意を表します。

今回も参加者さんお一人お一人の個性が際立ちます。
私はそれを見るのが大好き!

ワークショップは、楽しい。
そして、私もたくさんもらう。

ありがとー(≧∇≦)‼
by masumihug | 2013-05-01 04:44 | 個人セッション

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug