人気ブログランキング |

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

信州へ

私は、信州で育ったワケでもなく、
どっちかっていうと、海の方だし、
海のない場所へ行くと、息が苦しくなるたちで、
でも、どうやら、その信州のDNAか何かが、多分
私の中に入っているのが、なんとなく分かる。

母の出身が諏訪でして、
それでからか、お友達や知り合った方が信州に地縁の
ある方だったりすると、ちょっとうれしいと身体が言うのが分かる。
で、そういう方が、少なからず私の周りにいらっしゃる。

で、年に1,2回森へ行きたくなるんです。無性に。

でも、必ず行けるとは限らない。だから、まあ、仕方ないと
しているんですが、今回は、必要性を改めて感じた。

少し前に、諏訪や八ヶ岳、奥蓼科へ行ってきました。

エネルギーを取り戻したし、縁を感じたし、今回ほど離れがたい
と感じたことはありませんでした。

できたら、半々くらいであちらに住みたいくらいの気持ちです。
そんな理由ができないかなあと、天にお願いしています(笑)。

自分の、身体・心のメンテナンスのために、
信州へ行くことを、ちゃんと組み入れた方がいいみたい。

私の内科の先生が、今年の夏は千年猛暑だと言っていました。
だから、この夏は生きているだけでよしとしてください、って。

私は、今自分の身体の変化をひしひしと感じているとこです。

内科の先生ははぐらかすけど、これが、多分更年期か、
その始まりか、この身体と折り合いながらやっていくのを
今私は、試行錯誤しています。

この西洋医学の先生あり、東洋医学あり、ゲシュタルトやなんかの心理セラピー、
それから信州のエッセンス、いろんな力を借りて生きている。

人は一人で生きてるわけじゃないから、本来そうやって助け合うワケなんだけど、
それを実感する。

そして、私も、誰かの助けになれるように精進の毎日です。


写真は、奥蓼科の御射鹿池にて、よろこんでいるワタクシ。


a0205246_1195746.jpg
by masumihug | 2013-09-22 04:44 | 私のこと
ちょっと、急なお知らせなんですけど。。。

次の三連休、
もし、お時間があったらいらっしゃいませんか?

5,6,7月と開催していました、エンカウンターカフェの経験を踏まえて、
もう少し構成して、その良さは残して、短い時間だけど、ご参加の方が
楽に、自由に、「ただの自分」であれる場が創れたらなと思っています。
ご参加をお待ちしています♪

今回は、女性限定で行わせてください。
男性の方で、女性のお友達へお声かけくださいましたらとってもうれしいです。

「ゆっくり、聴いたり話したり、わたしのストーリー シェアリングの会」
日にち: 9月22日(日)
時間 : 13:00-16:00(多少はみ出すことがあります)
場所 : お申し込みの方へお知らせします(藤沢駅南口から徒歩10分ほど)
参加費: 2000円
ファシリテーター: 佐野ますみ 
参加にあたり: 今回は、女性、おんなのこ、女子の会にさせてください。
          畳の和室でゆったりと行います。足を伸ばせる楽な服装をおすすめします。
          シェアリングを中心にしますが、簡単なワークも行う予定です。
おやつを作ったら持って行くかもしれません。

お申し込み・お問い合わせ先 ⇒ masumihug@gmail.com さのますみ

気が付くともう9月も半分過ぎている。
あっという間に2013年も終盤へ。
早いですね。

あなたにとって、2013年、今のところ、どんなですか?

この季節の変わり目に、ちょっとだけ時間を止めて、ご自分を振り返ったり、
ねぎらったり、してみるのはどうかなあと思っています。

今の自分をじっくりと味わって、現在位置が見えたら、
残りの3ヶ月をどんなふうに過ごしたいかが見えてくるんじゃないかなあ。

そんな気がしているんです。
そんなテーマで、今回は始めてみようかなと。

忙しい日常の中で、役割ではないただの自分でいること。
私は、2年前まで会社員でいましたが、1日にたった5分間でもそれは難しいと感じていました。
ただ、ヨガのレッスン、一人で夜走る時、そんな自分の身体とコンタクトを取りながらの時間と場に、
そんな瞬間があったと感じています。

今回は、身体とコンタクトを取る時間をとってみようと思っています。(走るワケじゃないです!笑) 
自分の身体にくつろいだ時、そのスペースから表現するとき、
どんなことが起こるでしょう。
そんな時間と場をナビゲートできたらと思っています。

そして、気持ちや経験をシェアする事には、こんな効果があると思います。
エンカウンターカフェの経験から私が感じている事です。

見ず知らずの人と出会い、語られる誰かの経験、価値判断なしにその人とその人固有の経験が尊重される場を創ります。

ただそれだけで、何かが溶けていくのを感じるはずです。それが、人が昔から自然に行ってきた、
集い、語り合う場で起こるダイナミクスです。
心理学的根拠に基づいた癒しのアプローチでもあります。
それぞれの方が、その時に必要なエッセンスを持ち帰る、そんな場が創られると感じています。

古くて、新しい、そして、やさしく、安全な場を心理セラピストが見守ります。
どうぞどなたでも安心してご参加ください。

ご不明の点、疑問、質問、その他なんでも、ありましたら、お気軽にご連絡ください!

お申し込み・お問い合わせ先 ⇒ masumihug@gmail.com さのますみ
by masumihug | 2013-09-16 04:44 | 個人セッション

出会いたいひとたち

私は、今、フツーの人たちに関わっていきたいと強く思っています。

フツーの人って、とっても抽象的な表現でごめんなさい。

フツーってなに?論議はちょっと置いておいて。

つまり、社会的になんらかの役割を担われていて、
それに日々懸命に取り組んでいらっしゃる方々。
別の言い方だったら、働き、納税し、消費し、健康で、日々暮らしていらっしゃる人たち。

そして、もしかしたら、実は、お一人で、複数の役割を引き受けている人たち、
でもあるかもしれないと感じています。

例えば、ある女性は、もしかしたら会社員であり、お母さんであり、妻であり、
家族の誰かを介護し、もしかしたら、また別の家族の誰かが心の病であり常に気がかりで
あったりするかもしれない。

たくさんの役割、その役割としての発言、その役割としての気持ちやニーズ、役割としての顔や態度。
そして、「ただの自分」でいるってことを脇に置いて。

もしかしたら、
身体も心も健康でなければ、こなせない。から、心も身体も健康なのかもしれない。
病気に、なれない。から、病気じゃないのかもしれない。

誰かをケアすることはあっても、ご自分をケアしてくれる目や手はあるだろうか。と、感じる。
一日に5分でも、「ただの自分」になる時間が取れていらっしゃるだろうか、と想像し、案じます。

役割をまっとうすること。
本当に頭が下がります。

誰かがそれを引き受ける。愛と責任で。
引き受けてくださって、ありがとう。

だから、それが持続可能であってほしいです。
そして、よろこびをもってすることであってほしいです。
それを引き受けた人にしか味わえない醍醐味を享受する機会であればと思います。

フツーでいること、いられることは、今どき、普通じゃないかもしれない。
フツーを維持することは、もしかしたら並大抵じゃないかもしれない。

だから、普通に生きてきた、ことは、豊かな経験と智慧の賜物です。
あなたの努力の賜物です。
あなたらしさが宿っています。
大いに祝福をしたいです。

真面目に生きること、生産的であること、自律/自立的であること。
そのように教育された私たち。

そして、そのように生きてきた人が、その真面目さが故に、自分の心や身体、
すなわち命を危うくするなんてあってほしくない。
あなたが貢献する家族、団体、コミュニティー、ひいてはこの国が存続していくことと、
あなた自身の存続は、どっちか一方ということはないはず。

セッションという非日常を設定することで、「ただの自分」と久しぶりに出会えるかもしれません。
なんの役割も持ってない、素の自分。
役割を持つ前の、あなたってどんな人?

そして、その人が心からほっとしたとき、その人は、あなたになんと言うのでしょうか。

そして、そのスペースから眺めたとき、どんな景色が見えるでしょうか。

そして、そのスペースからまた役割に入っていくとき、どんな気持ちが湧いてくるんだろう?

よかったら、セッションという場でお手伝いをさせてください。

あなたの中にある葛藤と葛藤せず、その葛藤を道しるべに、よりよく自分の人生を
生きることをお手伝いさせていただけたら、それは私のよろこびです。

あなたに出会えてうれしいです。
ありがとう。


9月7日2013年


「聞くセラピー」ウェブサイトより
by masumihug | 2013-09-09 04:44 | 個人セッション

自分のことになると

「ひのえうまうまれ」として、私のことを書いたのですが、
ちょっと大雑把に過ぎました。
反省しました。

もっともっと一つ一つに大切なエピソードがあります。
そういうことをすっ飛ばしては、いけないな。

一旦非公開にしました。

丁寧に書き直したら、またアップするかもしれません。

私自身のことをもっと発信していきたい気持ちに変わりはないです。

経験したこと、気持ち、をなるべくぴったりな言葉を使って
表現したいと思っています。自分が自分に共感していると、それは、
人にも伝わっていくと感じています。

今回のは、それが、ちょっと違った、感じがしました。
もっと、丁寧に感じて、時間をかけて、書き表したいなと
思いました。

それだけ、ちょっと報告したく。

ありがとうございます。
by masumihug | 2013-09-08 02:22 | 私のこと

ブログを書くこと

ブログは2011年から書き始めました。

当時は会社勤めをしていました。
ブログで自分の意見、気持ち、出来事を世間に向かって発信するなんて恐い事は、
足がすくむ思いでしたが、ある時から、すっとその恐怖が
拭い去られ、書き始める事が出来ました。

きっかけは、モモです。
このブログの最初はモモの本の引用から始まっているんです。
これ、訳わかんないデスよね。

モモのお話しは、私にとっては、目からウロコでした。
実は、この時まで読んだことがなかった。
図書館とか、小学校の図書室とか、必ず置いてあるから、
目にはしていたけど。

読んで、びっくり仰天。驚いた。

最初の方に、こんなことが書いてあったから。

モモは、聞くことしかできない、でも聞くことは、誰にでも
できることじゃない。

この言葉で、私は自分を肯定する事が出来た。

傾聴を基本にカウンセリングを始めていこうと思って
会社を辞める流れへぐっと進む事になりました。

その最初の現われが、ブログで発信するってことへの
恐怖が、雲が晴れるように消えたことでした。

今思うと、恐れ知らず、身の程知らずの行動だったんだけど。
この時、思いきれた事で今の私につながっている。

タイミングとは、そういう絶妙さがあったり、なかったり。
いずれはそうなったんだとは思います。
それは、後から振り返って分かることだし。

この本を私に紹介してくれたのは、当時のパートナー。
私は、聞くことが大好きで、聞くことしかできない。と言って
嘆いていた時に、勧めてくれた。そして、二人で、ふらっと
入った狭くて本が天井までぎっしり詰まって並べてある古本屋さん
で、ふと、頭を上げた目線の先に、「モモ」の文字。

即購入し、読んだら、さっきの文章。
涙があふれました。

そんなふうに私の人生がぐーっとカーブを描いていくのでした。

今の私のセラピーのスタイルは、聞く、よりも、身体で感じるで、
クライアントさんの身体に気づきを向けて、より動的なセラピーです。

もちろん、聞く、聴く、全身で聴く、傾聴の基本的姿勢は最も大事な土台です。

でも、アプローチの仕方が変遷し、今はだいぶ変わったので、
名前を変えたいのです。が、まだピンとくるモノが出て来ないです。

これは、ゆっくり待とうと思っています。

エピソードが長くなりました。

今は、不特定多数の方々へ向けて、自分の思うところを表現し、発信することが、
私の心の健康に良いということが分かりました。

私は、言葉が好き。
言葉が美しいと思う。
言葉の持つ力に魅了される。

文章で表現するのは、ときに難しい、そして、それが結構好きなんです。
一生懸命言葉を探して、紡いだつもりでも、殴り書きだなあ、と思う。
そして、そんな作業が好きです。

そして、読んでくださる人がいてくれて、ときどき感想を聞かせていただける
のは、私にとってなによりのご褒美です。
ほんとうにありがたいことです。

こんな時代が来るなんてね。考えられなかったもん。





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。










by masumihug | 2013-09-01 04:44 | 私のこと

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug