人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夏蜜柑

a0205246_11728.jpg



















剪定で落とした実をたくさん頂きました。
季節外れの夏蜜柑。
マーマレードに。

苦味の立ってる、私ごのみの味。
美味しい。

あぁ、自然のおこぼれに与った。

ありがたいなぁ。

こういうのが、うれしい。
by masumihug | 2014-01-28 17:00 | 日記
お知らせさせてください。

というか、しっかりお知らせをしていませんでした!!
今頃気づいて焦っています。

『ゆっくり、聴いたり話したり、わたしのストーリー シェアの会』 第6回は、
2月11日(火)です。

日にち: 2月11日(火)建国記念日
時間 : 13:00-16:00(多少はみ出すことがあります)
場所 : ご参加の方へお知らせします。 (藤沢駅近く)
参加費: 2000円
ファシリテーター: 佐野ますみ 

ご参加にあたり: 
女性に限りご参加いただけます。(男性の方ごめんなさい)
畳の和室で行います。足を伸ばせる楽な服装をおすすめします。

テーマは、なんにいたしましょうか。
今回は、場に任せましょうか。。
いつだってそうですけど。
参加者さんのエネルギーに沿っていきます。

どうぞ、どなたでも歓迎いたします。

ピンときたら、気になったら、きっとそのタイミングです。

どうぞ、遠慮なくお問い合わせください。
不安がありましたら、どうぞそのように私にお伝えください。

みなさまのご参加をお待ちしております。

ウェブサイトに、関連のページがあります。
ご参考にご覧ください♪

http://kiku-therapy.jimdo.com/シェアの会って/
http://kiku-therapy.jimdo.com/シェアの会のご感想/

お会いするのを楽しみにしています♪






by masumihug | 2014-01-28 00:35 | 個人セッション
ゲシュタルトの、

わたしにとって初めての、

泊りがけセラピーを

やらさせていただきました。

こんな、すごい場所で。。。


a0205246_041377.jpg



















ほんとうに、

うれしい。

そして、自然現象の只中で、

行われるセッションは、

もう、どうしたって、こうなるんだろうな。

私自身が、ほんとうに、この上なく、
安心して、委ねて、
ファシリテートすることができました。

わたしの想いはすぐに、自然、環境、から
返事が返ってくるようで。。
そして、それは、いつも祝福のサインであって、
これ以上の、ファシリテーターにとっての安心できる
環境はないのではないか?

それすなわち、参加者さんへすべて還元されることになり。。。

ご参加のみなさんのご感想が、手元へ届いてきております。。。
わぉ!です。

やってよかった~。

ありがとうございます。

このゲシュタルトリトリートのレポートは、
また、改めて書くかも、しれないです。多分。

そして、改めて、ご参加のみなさまへ、感謝の気持ちを
お伝えいたします。

勇気と、真摯な好奇心、大切なところへ触れてくれて、
見せてくれて、みなさんと共に、「今ここ」に居続けた。

すごい経験を、
ありがとう!
by masumihug | 2014-01-25 00:50 | 個人セッション
『ゆっくり、聴いたり話したり、わたしのストーリー シェアの会』 第5回

いただきましたご感想を、
ご本人様のご了承を得まして掲載いたします。
ご協力をありがとうございます!

お一人お一人には、固有の価値観やバックグラウンドが存在すること、
ご参加の目的はそれぞれであること、など、ご理解の上で、お読みいただけましたら幸いです。
私の解釈なども控えます。

プライバシー保護の目的、また分かり易さの目的で、少しの編集を加えております。

★今日は、ありがとうございました。
回数を重ねていくうちに今まで心の中に封印していた自分の感情が少しずつ口に出してみることによって、楽になるんだと実感しています。
相手の嫌な部分が実は自分の嫌な部分や、羨ましいと思っていた部分であったと気づかされた時は、本当にハッとさせられましたし、気づけて良かったです。
オラクルカードのメッセージ 「Love yourself and others」。今まさに私へのメッセージだと思いました。
いつもいい人でいたから、知らず知らずに嫌な人にも普通に接していて、それがストレスになっていても、気づかないフリしてました。
負の感情って持っていてもいいんですね(笑)。そう気づきました。
出来れば人の目を気にせずに、もう少し「自分らしさ」を出していければ良いなと思います。
今日出会った方々と想いをシェアできて本当に良かったです。感謝。
(40歳代女性)

★先日はシェアの会ではありがとうございました。
思えば小さい頃から自分には何も悩みがないって思ってましたし、
他の人からも、「○○って何も悩みないでしょ」なんて言われてきました。
でもそれは悩みを、背景に押しやっていただけだったんだってやっと気づきました。
そして、もっと自分の気持ちに気付いて大切にしようって今は思っています。
いろいろな事に気付くことができたことに感謝です。ありがとう!

★シェアの会は、ますみさんが書かれていたように、「未知の自分」と出会う場、
そういう信頼できる場であり、同時に、毎回良い意味で緊張感がある、そんな感じがしています。

年末年始のわたしはといえば、実は、とても、空虚な思いに囚われてもいました。
家族と過ごしていても、なんだかその虚しさに沈むのが怖くて、
役割をなんとか演じてやり過ごしていました。

今回のシェアの会は、ゆっくり自分に内側に触れる、身体を感じるワークから始まりました。
身体を床に預けていると、広がってきたイメージは、砂漠。
それも見渡す限り、砂以外になんにも見えない、砂丘の景色です、
手に取れば、砂は何の意味もなく、ざらざらと、こぼれ落ちてしまうもの。
とても心もとなく、だけど、ゆっくり、そこにいてみることに。
砂の上に身体を預ける、あたま、せなか、こし、おしり、あし、砂の上の、重みを感じる。
ゆっくり、呼吸している、感覚している、風に吹かれれば、吹かれ、砂に舞われば、舞われるわたしの身体が、ただ、いる。
そこにいる。それだけのことがわかった。と納得してみました、
良くもなく悪くもなく、それがわかったこと、そこにただいることができた自分を、認めることにしました。

本日出会った方々の話の中には、やっぱり「わたし」の一部がいる、という面を見たり、不思議。
投影という問題。心の影。わたしも、たくさん闘って苦しくて、
そして結局、自分の中に戻って行った、いろんな出来事を思い起こしました。
昨年は、ますみさんの個人セッションも大きなきっかけとなり、わたしの中の、
ひとつの「幻想」がガラガラ崩れた...と感じがしています。
やっと、自分のむなしさを怖がらず、見つめようと思えたし、今はここにいることもよし、と少しは思えてきています。
幻想が崩れたあと、何が見えるかわからないという感覚は、前にもあって、
...そして、その恐怖や焦りから、逃げて、同じことを繰り返したことがあります。
ますみさんが、初めての感覚だから、怖いと思うかもしれないけど、
そこの感覚を味わって欲しい、
といっていた、その言葉、ありがたかったです。
わたしの「砂漠」を、判断せず、ただ、知ってくれている、という人がいるんだ、ということ;
いまのわたしには、大きなことです。
今はそこにいてみることに、しました。
ありがとうございます。
(40歳代女性)

*********************
次回シェアの会は、2月11日(火)建国記念日です。
どうぞ、どなたでも混ざってください!
お会いできることを楽しみにしています😃








by masumihug | 2014-01-18 13:10 | 個人セッション
『ゆっくり、聴いたり話したり わたしのストーリー シェアの会』第5回
おえました。

ご参加くださいましたみなさま、
ありがとうございました。

今年初の会に相応しく、
また、ある意味ではいつもの如く、
善き場が創られ、必要なことが起こったなぁと
感じております。

これは、とりもなおさず、ご参加の方々によってはじめて
成り立つもの、起こるもの。

みなさまの、真摯な姿勢に、なんというか、ぴったりの日本語が
なくていつも困るけど、敬服します。という気持ちです。

ありがたいです。

そして、ちょっとしたアクシデント発生。
この極寒の時に、エアコンが故障し、別の部屋へ移動したり、
いつになく施設に人が大勢いて、バタバタガヤガヤしたり。。

そんな中、みなさんがプロセスに委ねてくださる姿勢、
その起こっていることも気づいて、材料として場に持ち込んで、リサイクルして、
おもしろがってくださる姿勢に私は助けられました。
感謝しています。

そして、同時に、私は、申し訳なく思っております。
そして、対策を探ろうと思っています。
そうなんです、そろそろ、また新たな良い場所との出会いを求めていた矢先ではありました。

そして、シェアの会です。

今回は、「今年の私」というテーマを立てました。
そして、思いがけず出てきたのは、
関係性の中で起こってくる、投影、その仕組み、自分のイヤな部分、羨ましさ、
などなどだったですね。

これは、実はシェアの会のあり方そのものでもあります。

「他人と出会う」ってことは、
「自分と出会う」し、「強烈に自分を見せられてしまう」機会
であります。

その局面で、自分の中に生まれて来る「葛藤」、それとどう
取り組むか、どう付き合うか、がキーとなります。

いつも、言ってるんですけど、そして、自分に対しても言っている
ことなんですが、「葛藤」と葛藤せず、「葛藤を道しるべ」にしていくって
いうことなんです。

なんにせよ私の提供する場では、これをやっていくことをしています。

世の中のその部分を勇気づけていきたいというのが、私の強い動機となっています。

自分の内側で起こる「葛藤と葛藤する」とは、具体的に言うと、
自分の内側で起こっている「違和感」「身体の感覚」「言葉」「イメージ」
なんであれ、内側で浮上してきているモノを、一生懸命心の中の「背景」
へ押しやろうとする努力のことです。

この努力は、知らず知らずに人がやっているんですけど、実は非常にパワーを使います。

このとき、押しやらずに、いい意味でサレンダーして、その力を抜いて、そのモノを自分の
身体に浮上させる、そうするとどうなるのか試してみる。これを安全に実験できる場を
提供していきたいと、私は願っています。

(ゲシュタルト療法では、背景を地、浮上してくるモノを図と言います。
「ルビンの杯」の絵で有名です。)

それによって何が得られるか?と言いますと、
自己理解のプロセス、自己自覚領域(アウェアネス)の拡大、
言い換えれば、「自分らしく、楽に、自由に」この世に存在し易くなっていく、
ということになります。

ゲシュタルト療法の目指すところは、これです。

私自身は、こんな事を意図し、セッション、ワークショップ、シェアの会、をやっています。

ご参加の方やクライアントさんは、理論について知らなくても大丈夫です。
その場に委ねれば委ねる程、それが自然に起こってきますから。
身体のセンセーションに従っていけばいいだけです。
何故なら、それが人間に備わった仕組みだからです。

今回のシェア会にインスパイヤされて、
私が少々熱くなっておりますね。

そうです、良いシェア会でありました。


そして、最後にカードで遊んでみました。

普段、特にセッションではカードなどは使わないです。
ご自分の経験、感覚を大事にしてほしいから。
でも、今回は、年初だし、遊びの要素も入れて、今年1年を勇気付けてくれるかなあと、
Goddess orcle cardをみんなで引いてみました。

結果、みなさん喜んでくれました。

象徴的なビジュアルと簡潔な言葉で、お一人お一人のシェアの内容や気づき、
今年頭に感じていることを代弁して、勇気付けてくれた感があります。

今年をやっていくとき、折に触れ、このカードがみなさまを
勇気づける役割をしてくれたらいいなと思います。

カードを座っていたサークル状に並べてみました。
5人の女神さんが勢揃いする図はまたいい感じですよ~。
一人一人の力強さ、個性。それが時に集まったときのステキさ。
昨日の場を表しています。

なんというかな、この女神がそばにいてくれている、というよりは、
お一人お一人は、この性質を備えた人物そのものである。という
ふうに言いたいです。私は。

スイマセン!また長くなりました。

ご感想をいただいております。感謝です!!

そして、それは、明日の記事でアップします(汗)

次回シェアの会は、2月11日(火)建国記念日の予定です。
是非、どなたでも、飛び込んでください!

今回もありがとうございました。
私、シェアの会が好きです。

またみなさまと近いうちにお目にかかりたいです♪


a0205246_23575648.jpg
by masumihug | 2014-01-17 22:22 | 個人セッション
この映画を観た人の、
いわゆる、レビューってやつを、
ちょっと読んだら、びっくりした。

この映画のかぐや姫に対して、
不倫だとか、わがままだとかいう、
意見が結構ありました。

おもしろいですね。
興味深い。

なんというかな、美奈子に対する
バッシング、と、起こっている仕組みは同じ。と、
感じました。

かぐや姫には、男性が、美奈子には、女性が多いよう。
それぞれ、非難の声をあげている人です。

これがゲシュタルト療法のセッションだったら、
かぐや姫に一言言いたい人に、「かぐや姫」の座布団を
置いてもらうと思います。

「美奈子」に腹が立つ人だったら、「美奈子」の座布団
を置いて。

そして、その空の座布団にその人をありありと置いてみる。
そうすると何が起こるかな。
いわゆる、これが、エンプティチェアです。

そして、クライアントさんの中に起こってくる感情や言葉を、
その相手へ表現していくことをファシリテートします。

その相手が、自分の内なる「かぐや姫」、内なる「美奈子」
だってことに気づいていきます。

実際には、クライアントさんは気づかないかもしれない。
それでもOK.体中では、わかっています。

気づきの瞬間がやってきたとき、心と身体が一致する瞬間が
やってきたとき、はっと何かが変わるのがわかるから。

そして、次の瞬間から、見える世界が変わります。

身体が楽になったり、自由度が高まった感じがしたり、するかもしれません。

ゲシュタルトの良いところは、これが、一瞬の紛わしで終わらないこと。

心理療法ですからね。
スピ系の、なんちゃってとは、違うところです。

その人にとって必要なことが起こります。
だから時には、何も起こらない、も、あるかもしれない。

スピ系のなんちゃってアプローチがちょうどいい、という
人もいるし、それはそれでそこでちょうど良く成立していると思う。
けれども、そこに限界を感じている人だったら、もうそろそろ
本気で取り組むときかもしれないです。
吉兆です。
そんな感じがします。

ご興味あったら是非ご一緒に♪
ゲシュタルトワークショップや、個人セッションで!














by masumihug | 2014-01-10 04:44 | 個人セッション

『かぐや姫の物語』観た

『かぐや姫の物語』観ました。

昨年観た、『風立ちぬ』の時、
予告編を観て、一瞬で釘付けになり、
いつ公開になるんだろうと思っていました。

その間に、テレビで、『おもひでぽろぽろ』ってのを
やっていて、まるで予備知識なく、何気なく、見始めて、
結局最後のエンドクレジットの背景に続いている部分で、
泣かされました。

涙がね~、止まらなかった。

この作品が、高畑勲さんの作品と後で知りました。

そして、かぐや姫。

予告編を観ただけで、あ~っっっと
何か、胸をつかまれるような感じがした。

なんなんだろうね、この方は。

女性のことを、なんでこんなに知っているのだろう?

女よりも、生身の女という生き物を知っているの?

女の子が、女性になっていく、こと。
生きる、ということ。
生々しさ。
逞しさを、いやおうなく身につけていくこと。
どうしようもない、人生、運命、というもの。
それを、受け入れていく、諦念、その過程、葛藤。

『かぐや姫の物語』で、ひときわ印象に残っているセリフ。

「生きてる手応えがあれば。。。」

それがあれば、日常の一つの出来事、事件、事故、アクシデントなんて、そんなのは、
生きていくため、ハプンすることであって、なんでもない。
むしろ、それが、生きているという手応えの瞬間瞬間である。

と聞こえました。

私は、かぐや姫も、おもひでぽろぽろも、おんなじテーマで
あるように聞こえました。

実際、『かぐや姫の物語』は、最後の方、ちょっと作り込みが
足りない感じがいなめない、んだけど、それはまあ、どうでもいいと
思える程、さっきのテーマがどーんとあるから、ストーリーの細部を
凌駕してしまう。

この地球で、わざわざ、この肉体を持って、「生きる」をすると
決めて、ここへやって来た。

これは、月からきたかぐや姫も、おもひでぽろぽろの妙子も、おんなじ。

地球へ生まれる前には、決めていたこと、忘れてしまうんだよね。

そして、その、生まれる前、ふと、思いついたようなこと、例えば、
「あ、また、身体で感じたいな」
「そうだ、地球いこう」「そうだ、また、人間やろう」

を、ふわっと思い起こさせてくれるものとは、
自然なんだろうな、山、川、虫、花、動物、木、風、雲。
田舎暮らしっていうんじゃなくて、その、自然の営みそのもの。

それに触れると、その、人間になる前にふと切望したことを
思い出すんだろうな。

それと共に生きているのが、10歳くらいの時が、もしかして、
ピークであり、境目なのかな。

大人になって、もう一度、その10歳の少女の自分が、自分の中に
蘇るときがある。その力強さ、逞しさ、何かを知っているような自分。。

そんなことを感じました。

映像が、本当に素敵でした。
素人目にも、ものすごい手作業なんだろうと想像させます。

木蓮の花、菜の花、一つ一つ、描いてあった。

日本の中の絵の上手な人がたくさんいて、その人達が
丹精込めて描いたんだなぁ。
心を込めなきゃ描けないよな。あれは。
絵が上手でありがとうと言いたくなりました。

それは、背景なんだけれど、現実世界で私たちだって、背景にあるものだって、視野に入っている、
それらからも何かを受け取っている。のとおんなじで、アニメーションだって、
この背景の作り込みが、私たちに背景からメッセージを送っている。のを、感じた。

すごい作品だった。

まだまだいろいろ感じそうです。

オススメします。

by masumihug | 2014-01-09 16:31 | 所感
ゲシュタルトワークショップ、3回目。
新年1月5日に行いました。

ご感想をいただきましたのでここに掲載させていただきます。
掲載につき、ご本人様のご了承をいただいています。
ご協力、ありがとうございます!


★ゲシュタルトってどんなの?という疑問が、
私の中では明確になったような気がします。
「今ここ」の考え方もよ~くわかりました。
それは、もちろん私なりの理解なんだけど・・・
でもなんだかすごく嬉しいです。

参加してよかったです。ゲシュタルトとはどんなものなのか、
本を読んでもよくわからなかったのですが、
説明がわかりやすかったのでよくわかりました。
そしてゲシュタルト療法にとても興味が湧きました。
また参加したいです。

(ワークショップの中の一つのワークについて) 
おもしろかった。
シンプルなワークでしたが、難しく感じました。
考えすぎてしまっていたようです。
自分の普段の思考パターンがわかりました。
自分一人でもできると聞いたので、気軽に練習することで、
「今ここ」を感じるようにしていきたいと思いました。

(ワークショップの中のもう一つのワークについて)
何よりも印象に残っていて、好きになったワークです。
このワークができた自分に驚きました。
あまりにも深いワークで、涙がこみあげてきて・・・・びっくりしました。
このワークが好きです。またやってみたいです。

最後のミニセッションでは、
常に「今ここ」を感じるための配慮というか、
「感覚にアクセスして味わう」という体験があったために、
とても丁寧にやってもらった感じがありました。
だから、自分の中にまだ迷いがあったことについて、
大切に、儀式のように取り扱うことができたような気がしました。
そして、後日、実際に感謝の気持ちと共に決断に至りました。
今、とてもすっきりしてます。
大事なタイミングで、このワークショップがあって本当にありがたかった。

1日まるまる使ってのワークショップをぜひやって欲しいです。
料金、安いと思いました。

★★★

ご感想、ありがとうございます。

いつも思うのですが、ワークショップというのは、
ご参加の方によって創られる。と言うか、成り立つ。

必要な事が起こります。
すごいな~と感じます。
始まる前まで、何が起こるかは分からないです。

ご参加の方々が真剣に取り組んでくださることに感謝の気持ちです。

場に飛び込んで、身を委ねて、くれればくれるほど、
今ここ、から得られる果実を受け取られる。

私がすることは、参加される方がそうしやすいように、
場を創ることだと思っています。

皆さんの、ユニークな在りよう、エネルギー、に魅了されます。

ありがとうございます。

来月も開催する予定です。

お日にちのご希望ありましたら、大歓迎!ご連絡ください♪







by masumihug | 2014-01-08 21:06 | 個人セッション

思考するんなら徹底的に

「考えるな、感じろ!」
なんて、よく聞きます。

考えすぎ、とか、よくいいます。

でもね、考えちゃうんでしょ。

今は、考えちゃう自分が止められない、のなら、
徹底的に思考へ入ってみたら?

その頭で、考えられるだけの思考を働かせてみてよ。と言いたい。
たっぷりと時間を取ればいい。
朝まで、夜が明けるまで、白々と、というか、窓から青っぽい空が
見えて来ても、思考が止まらないなら、気がすむまでやってみたらいい。

そして、そういうことをしてくれた人達がいるんだよね。

哲学者、心理学者、私たちの先人達、頭から血が流れるほど
思考し、仮説を立てては、試し、反証し、理論を構築してくれた人達。

実は、私たちがいくら思考したって、その人達がもう前にやってくれている
ことが大半なんだと思う。

でもね、思考するのは悪いことじゃない。
自分でどこかまで思考して、狂いそうになったその後で、先人の知恵に触れると、
同じような苦悩を辿ったことが見え隠れしていることに気づくから。

そんなこと考えてたの、自分ひとりじゃなかったんですね(泣)

所詮人間、同じようにできているから。

先人達に感謝しよう。ありがとう。
この世を生きる同志だ。サンキュー。

そして、その上で、その知恵をインポートして、自分固有の経験を
乗っけて、今の時代の環境をレイヤーして、自分独自の理論を構築しよう。

そういう時の思考は、決して堂々巡りではない。

夜が白々と明けてきて、ゲンナリするような感じじゃない。はず。

「思考」自体は、悪いことじゃないんだよ。

材料が問題なんだ。

何を材料に思考するかが大事なんだよ。

今までのデータ、知ってること、一般的に言われていること、を
材料に思考したって、ただ、鍋をぐるぐるかき回しているだけだ。
煮詰まるだけ。どどめいろの液体。

そういう時の言葉は、「--した方がいい。。」とかそんな感じ。
思考の末の挙句の果てにも、まだ、煮詰まっているにもかかわらず、煮え切らない。。
こんなもの食えたもんじゃない。

そうじゃなくて、先人達の血と汗の結晶を借りて、そこへ、あなた固有のユニークな
経験を乗せて、更に、今現在触れているその生きている環境からあなたが受け取っている
要素を足して、思考する。

新しい、観点がやってくる、Ah-ha!って発見がやってくる。
唯一無二の、あなた独自のセオリー完成!の瞬間だ。

思考だって、人間に備わった大事な営み。
バカとハサミは使いよう。

要は、使う人にかかってる。

自分への自戒を込めて。。





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ







by masumihug | 2014-01-05 04:44 | 個人セッション

Happy new year!

あけましておめでとうございます。

年明けの、この新鮮な空気感が、好きです。

厳かに、静かに、ゆっくりと、そして、目の前のものは
なんにも変わりなく、新しい空気が漂っている。

そんな雰囲気の中、ひきこもる。
ただ一人の自分といる。

今日は、独りでいても大丈夫みたい?に感じないですか?
むしろ、一人でいたい。感じ。じゃない?

「積極的ひきこもり」を、オススメします。

普段忙しい人には、この期間、
プチひきこもるにもうってつけだと思います。

今年は、土日休みの会社員の方々は、日並び良く、
思いがけずに長いお休みになっているのでは?

いずれにしたって、6日から日常が始まる。のだから、
是非、ただ、自分と居るだけの時間を取られてほしいなあと思います。

そして、もし、できたら、そんな気になったら、
自分の内側の、なんとなくあんまり見ようとしないところ、
あるのは知ってるけど、厄介な気がして、あんまりアクセスしようとしてない場所の
ドアを開けて、開けようとして、みてほしい。

そのドアの前に立ってみることから、自分独りのひきこもり時間を
始めてみてほしい。

そこに立つと、どんな感じ?
身体は、どんな感じ?
恐い?寒い?心細い?どんな言葉で表現すると、ぴったりなんだろう?
身体に響かせるように探ってみて。
ぴったりの言葉が出てきたら、受け取って。
例えば、
「そうなんだ~、少し恐くて、少しワクワクする、んだね~」

そして、ドアを開ける気になった感じがしたら、開けて見てみてほしいなあ。
決してムリはしないでね。
やさしいやり方でやってね。

どんな世界か、じっくり、時間をかけて味わう。
表現する、描写する。

言葉、イメージ、身体の感覚。
色、温度、感触。
言葉にして、口に出してみて。

それは、それは、本当に、豊かな世界が広がっている。
と、私は、想像します。

じっくり、どっぷり、浸って。
もういいかなって思ったら、帰ってくる。

ありがとね。
また来るからね。と声をかけて。

何故か、これをするだけで、日常をやっていく自分が
頼もしく感じるはず。

日常が、新鮮な色に見えたりするかもしれないです。

よかったら、そこで見てきたもの、受け取った言葉を、
描いて、書いて、おくといいです。
夢のように、移ろいやすいので。

うつろいやすい、のだけれど、この世で暮らす自分を
地に足つけてくれる、背中を押してくれる言葉だったりします。

ひきこもりのススメ。

今の時代を普通に暮らすことは、実は結構タフです。
普通に日常を送っているとしたら、どうぞご自分をねぎらって
褒めてあげてください。
よくやってるよ、ありがとう。

そして、たまに、日常にポーズボタンを押して、そこから
ちょっと降りて、独りへひきこもってください。

また日常へ、力をつけて戻るために。

あなたが日常を回しているから、この世が動いている。のも事実。
ありがとう。
そして、あなたは、ちょっとだけこの世を降りて、休んでもOKです。
あなたにはその価値があるし、
世界中の誰かが動かしていてくれるから。

どうぞ、たまに、休んでください。
その手を放して、荷を降ろして。

そんな時のアイデアを、私いろいろ持っていると思います。
休むとき、どうしたらいいか分からなかったら、どうぞ、聞いてください。
あなたにぴったりの方法を、一緒に、探りたいです。

今年、良い年にしよう!

ありがとう。
by masumihug | 2014-01-04 22:25 | 個人セッション

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug