人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先日、
『Harmony & Inspiration♪』
と、題して、
ワークショップを行ないました。

辻堂の、ショッピングモールにあるスペースが
借りれまして、
何をしようかなぁ~と、2月から考えておりまして、

ハーモニー体操と、何か心理ワークを組み合わせて
やってみたいなぁ~と思っておりまして、

イメージワークをすることにいたしました。

結果は、
おもしろかったです。

やっぱり、ハーモニーと心理ワークの相性はぴったりだ。

ハーモニー体操で、カラダと心の緊張感から解放されて、
なんというか、宇宙遊泳のような、心の無重力状態に
近づいていくはずです。

心とカラダは、一如。

ハーモニー体操は、やさ~しく、その人の深~いところへ
届いて、骨のすぐ近くの、小さい筋肉に届いて、

通常の意識では、特定できないような、深い
部分の緊張を緩めます。

わたしのイメージでは、
骨にしがみついている、良かれと信じているので悪気はないのですが、
小さな筋肉たちに、「手を放して大丈夫だよ~」って
メッセージを届けるような、そんな感じがしています。

例えば、背骨が、その本来の並び、アラインメントが整います。
柔軟な背骨が蘇ってきます。

特に背中は、対社会の緊張感が如実に現れる場所。

筋肉は、感情と結びついています。

一方骨は、感情にはあまり関係ない。

人の動きは、骨を動かすことによって起こる。
骨を動かすのは、筋肉。

その筋肉に、感情(或いは、感情がくっついた記憶)がべったり
くっついていると、癖や、偏り、が起こる。

それによって、不合理に、骨の仕組みに反するようなカッコウで、
骨が動かされ続けることになる。

カラダの不調は、こんなふうにして、起こっている場合があります。

筋肉の緊張を解いてあげることによって、
1回のレッスンで、癖から解放され、骨にとって合理的な動きへ
変化して、結果、楽で、優雅で、しなやかな、
そして、もう痛まない動きが身についてしまうことが普通に起こります。

と、ハーモニー体操の仕組みの説明が長くなってしまいました。

ハーモニーの良さは、また、改めて書くことにしますね。

で、
そんな、ハーモニー体操を、まず、ワークショップの前半に
ゆっくり丁寧に行ないました。

そして、そのまま、イメージワークをファシリテートしました。

今回は、ちょっと先の未来へ、
自分の、在りようを見に行ってみました。

それは、自分が最も幸せな在り方、であり、
自分らしく社会とつながっている在り方、
この言葉は、なんでもいいのですが、
ワークをする人にとって、ちょっと先の未来の、
最も心地良い在り方をしている自分、と、その環境
を、見に行きました。

ハーモニーでカラダへ働きかけた後、
ニュートラルな、前提の無い、体の状態で、
イメージの世界へ旅することは、
思った通り!良い結果につながったようです。

アクセスのし易さ、
イメージの、分かり易さ、
結果、
エッセンス、メッセージを受け取り易い。

ハーモニー体操自体が、瞑想のようですからね。

特に、わたしのリードするハーモニーはこの色が強い
かもしれません。これは、わたしが狙っているワケではなく、
わたしの質なので、仕方ない。
自然に起こってしまう。

わたしのハーモニーの場では、寝落ち率高いです。

ハーモニーでは、レッスン中寝るのは、良いこと、と、
されています。緊張が解けた証拠です。

そして、そういう時、その人にとって、今一番必要なのは、多分
寝ることなんです。

但し、ハーモニーでの睡眠は、通常の睡眠とは、ちょっと
違うようです。何処か、目が覚めているような、脳のどこか一部は、
起きていて、わたしのリードの声を聴き続けているようです。
おもしろいですね~。

イメージワークは、カラダや心が緊張状態では、
あんまり意味がない。

リラ~っクスした状態で、行ないたい。

しかし、この、リラ~ックス状態になることは、
意外と、ことのほか、
難しいことなんですよね。

だから、ハーモニーの力を借りるのは、
良いアイデア!

心身ともに、深~くリラックスした状態へ
シフトできます。

わたし自身、会社員時代は、この自分のモードの
シフトチェンジに、だいたい二日はかかっていましたよ!!

土日を全部使って、やっとやっとリラックスしてくると、
もう日曜日が終わっていく時間。。。なんて、感じだったなぁ。

だから、ハーモニーの約70分くらいでこのシフトチェンジは、
とっても魅力的でしょ。

この状態になってはじめて、
瞑想や、イメージワークや、自分と向き合う系のことが
成り立つんじゃないかと思います。

あ、それで、ワークショップですけど、
イメージワークをファシリテートします。

グループで。
グループで行なうことにも意味があります。

その場に居合わせた人達のエネルギーに、自然と
勇気付けられています。

そして、ゆっくり丁寧にイメージの中を探索して、
感じて、味わって、体験して、
戻ってきます。

必要なことは、全て記憶して、還って来れます。

そして、見てきたもの、色、感じ、言葉、ストーリー、などなど、
絵に描いておきます。

そして、全員でシェアしました。

必要なら、お一人に関わることもいたしました。
つまり、そのイメージにまた戻って、その先を見てみたり。です。

とても、パワフルな体験になるはずです。

カラダに体験として刻まれますから。

そして、それは、カラダにとって心地良いのです。

「心地良い」は、一番のモノサシになります。
ここに、信頼を置けるようになると、
自分との付き合い方が、楽になります、
現実世界を生きていくのが、楽になります。

お一人お一人の詳しいことは、残念ながらここに書けないですが、
こんな感じで、午後を過ごしました。

おもしろかったので、いつかまたやりたいなと思います。

その時は、よかったら、どうぞ、まじってください!

イメージワークを経た後は、現実世界で起こってくることが
違ってきます。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2015-04-30 06:10 | 個人セッション
5月のHarmony♪体操のご案内★

いつものように、毎週月曜日、

ゆっくりまったり行ないます。

【日にち】5月4日(みどりの日)、11日、18日、25日 いずれも月曜日

【時間】13:30~15:30くらい
【場所】 藤沢 (藤沢駅から徒歩7分)
【参加費】1500円・ハーモニー初体験の方は1000円にて♪
 (わたしの心理セラピーのクライアントさまは、
僅かですが、1200円にて♪
​ ​
併用していただきたいので)

寝っ転がって、目を閉じて、すこしぽかーんとして、
ゆだねていきます。

世界一やさ~しいアプローチ。
リードしていきます。

キーワードは、がんばらない。

息が上がってたら、やすんで~のサイン。
奥歯が重なってるのに気づいたら、
どうどう、がんばらなくていいよ~と自分に声をかけて。

こんなにやさしいのに、
いつの間にか、カラダが楽になっている、
優雅で、しなやかな動きを身につけている。

それは、骨にとって合理的な動きです。
それが、普段の動きへ落とし込まれていきます。

筋肉に、安心してもらって、手を放してもらう、
そんな機会になります。

心地良さ、が、すべて。

今のあなたのままで、
今のあなたのカラダのいろ~んな部分に手伝ってもらって、動く。
やがて、カラダ全体が、ハーモニーしているおもしろさ。
楽しんで!

心理と、ボディの間。
夢とうつつの間。
気持ちいいです。

どうぞ、気が~るに、まざってください!
どなた様もウェルカム♪

お申し込みは、何日に行くよ!って、メール
いただけましたらOKです♪

ウェブサイトに、いただいたご感想を載せています。
よかったら、ご覧くださいまし。

猫が横切る時があります。
お茶の時間には、カラダにやさしいお菓子を用意します。
たまに、豪華になるときがあります。(笑)

○○に効きます、なんて、言い方は、しないけど、
「今の自分にとって、必要なことが起こるみたいです。」
は、本当です。

お申し込みは、メールにて。
masumihug@gmail.com

お日にち、教えてください。
どーぞお気軽にまじってください!


心理学をもっとカジュアルに、もっと役に立つものに、
もっとおもしろく、
使えるツールとして提案したい!

なにか、シンクロする感じがあったら、
そんな流れがあったら、別になんでもなくても、
ぜひ、ご連絡ください。気楽に。
お待ちしています。

ではでは、
お会いするのを楽しみにしております♪

いつもありがとうございます。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2015-04-28 23:29 | ハーモニー体操
a0205246_23094094.jpg
2003年に、
友人に薦められて買った本。

確か、アマゾンで、中古で購入した。

スピリチュアルとあるけれど、
この人のスピリチュアルは、
現実逃避方法としてのスピリチュアルではなくって、
人間の存在の、複層的な在り方の、
霊的な、あるいは、深層部分でなにが起こっているのか、と、
見えている世界の層では何がおこっているのか、って
ことを、精魂込めて、自身の体験からの言葉で、
説明してくれている。

とても素晴らしい本。

その素晴らしさを証明している証は、

今の自分のテーマに合わせて、
つまり、
読んでいるその時の自分に合わせて、
理解が、深まるところ。

この本を買った当時、
内容について、
わからないことがたくさんあった。

分からないのか、分かるのかも
あんまり分かっていないような、と言うべきか。

そういうところは、でも、なんとな~く
わかったつもりになってて、
体験はしてないけど、
うん、うん、そうなんだろうなぁなんて、

思いながら、

ハウツー物的な捉え方で
読んでいた。

だけど、
心理の勉強をしたり、ゲシュタルトによって
自分自身を掘り下げていったり、

そして、また、何より、自分自身の人生で
起こってくることによって、
その折々で、
この本を手に取ると、
あぁ~と、理解が深まる。

あぁ~、このことを言っていたのかぁ~!

そして、同時に、

とうとう、こんな境地に自分は来たのか、なんて、
思うこともあった。

それは、現実には、辛い体験をしている渦中であり、
一方で、「スゴイなわたし」なんていう、
心理オタク的な感想でもある。ね。

この本、オススメします。

読む方の、その、あらゆる局面で、
必ずや、必要な
エッセンスを受け取るでしょう。

気づきが、起こること、間違いない。

文章のどこを取り出しても、
そのまま、
今日の名言になります。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2015-04-28 05:50 | 個人セッション

なんにもない

ひとしきり、
アタマの中にある
断片を、しゃべった後、

「なんにもない」
「わたしには、なんにもない」

って、言った瞬間に、

目の前に、あるのは、
可能性。

しかも、無限の。

予測、推測、心配、将来の不安、
忖度、戦略、先回り、先手を打つ、保証、
約束、

そんなものは、
あるように見えているだけ。

今が、変わったら、いっぺんに泡と消える。
とらぬ狸の皮算用。

今に居て、
ゆっくりカラダを感じて、
確実な今を描写していこう。

描写するごとに、
地に足がついてくる、
重心が降りてゆく、
エネルギーが湧いてくる、
はずだよ。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ






by masumihug | 2015-04-26 06:00 | 個人セッション

その体験は

どんな体験だって、

生きていて遭遇することは、

今しかできない、体験であって、

それがどんなに、あなたにとって辛く苦しいものでも、

あるいは、まさに、人生に挑まれていると感じるような

出来事であっても、

そのあなたの体験を、わたしは、ディスカウントしたくない。

その体験を薄めたくない。


なんであれ、今しかできない、

あなた固有の、

あなたに必要な、

そして、多分、あなたが望んだ、

体験なんだ。って感じるから。


そして、それと、しっかり向き合ったとき、

つまり、

もやっとした気配としてではなく、

それに光を当て、

しっかり、目を開いて、見て、

一つ一つ手にとるように、

ためつすがめつ、いろんな方向から観察して、

感触を確かめ、

味わって、没頭して、

それを全身で体験して、

それと、しっかり取り組むことで、

見えてくる、

それと、コンタクトができてくる。


「それ」が、何かが、見えて、くる。

自分のことが、また一つ、解明される。

自分が、愛おしく感じる瞬間。


そうした時、その体験は、あなたの珠玉のエピソードになる。

エピソードの一つ。


あなたが、あなた固有の人生を、

多分、前より随分と逞しく、

生きはじめる。


あなたは、自分が逞しさを求めていたことが
分かる。
準備だったんだねって、
わかるんだ。

個人セッションで、お手伝いさせてください。









いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2015-04-23 00:18 | 個人セッション

個人セッションをどうぞ

ゲシュタルト療法をベースにした、
心理セラピーを行っております。

あなたが、今、迷っているとしたら、
いつものパターンに出くわしているなら、
なにかざわついているなら、それはいい兆し。

葛藤を道しるべとしていく方法があります。

あなたが、もし、
「自分らしく、今を生きたい」と、
願う人なら、お手伝いができます。


プロフィールにも書いていますが、
「とげ抜き地蔵」
と言われたことがあります。

実に絶妙な表現です。
ありがたいです。

あなたがあなたらしく居ようとする時、
あなたがあなたの人生を生きようとする時、

引っ掛かるトゲが、
心に、身体に、あるのなら、
そして、
あなたがそれを抜きたいと
思うなら、

それを、
やさしく抜くお手伝いが出来ます。

そして、
私は、思うのだけど、

そのトゲは、
あなたが、これからの人生をやっていく時の
あなただけの鍵となる。

じっくり見ることで、
丁寧に味わうことで、

トゲは、鍵へと変容すると、
知っています。

文字通り鍵は、
あなたの人生の開かなかった扉を
開ける。

そんなお手伝いをすることは、
私のよろこびでもあります。

個人セッションの場だからこそ
できることがあります。

ゆっくり丁寧な、
あなたのための時間になります。

お問い合わせください。

お会いするのを楽しみにしております。





〜個人セッションをどうぞ〜

お申し込みは、ご希望のお日にち(できたら複数)と
時間帯をメールで教えてください。調整してお返事させて
いただきます。急でもそれがGoodタイミング♪な時が
あります。どうぞ遠慮なく。お会いできたらうれしいです。

◆個人セッション料金:初回10,000円 2回目以降13,000円
*基本的な所要時間120分(少しはみ出ることもございます。
時間の余裕を持ってお越しいただけると助かります。)
*藤沢駅から徒歩約10分の落ち着く和室で行います。
(お申し込みの方へ場所の詳細をご案内いたします。)

◆ご予約、お問い合わせ、ブログ読んだよ♪、Hello!のメッセージ、
そのほかなんでも、すべての始まりはこのメールから。
➡️ masumihug@gmail.com





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ









by masumihug | 2015-04-18 06:06 | セラピーのご案内
観ました。

つい観てしまった。

よく勘定してみたら
わたしが最初に結婚したのと
同じ頃だった。

1990年代。
あぁ~、こんな感じだったなぁと。

男の人は、
こんなふうに、
何も言わない。

そうだった。

今の時代とは、
随分違う。

うん、個人的な感覚と、
社会に漂う気分は、
当たり前に、
わかち難い。

男の人は、こんなふうに、
何も言わなくてよくて、
男の子のままでよくて、
ふらふらしててよくて、
女だけが、がんばって。

わたしが、わたしのフィルターで
そんなふうに見てしまっている
ことは、否めない、
のだけれど。

いや~な感じと共に、
観ていました。

観てしまいました。
なんと、140分もある、長い映画です。

わたしも、この映画の翔子のように、
壊れてしまった。あの時。

翔子と同様。
結婚が直接の原因じゃない。
決壊の引き金なだけ。

元々壊れていた自分を、
大事にせず、
大事に仕方は、分からず、
だから、大事にしてくれない相手、
選んでしまう。

この映画のストーリーや、
意図するところ、
は、置いといて、
この夫婦に、
この時代に、
いや~な気持ちを
持ちつつ、
観た。

ホントこんな感じだった。

それでもこの夫婦は粘った。

わたしは、こういうのは嫌だった。
で、離婚した。

カナオのこと、
ずっとそばに居た夫って
評価が高いみたいだけど
そうかなぁと思う。

好きなのか、何なのか、何でも無言で。。

でも、確かに、
男の人は解っているんだよね。

皆まで言わずともって。ね。

わたしは、
そばにいて、二人でいるのに、とても
孤独感を感じて、
それは、生殺しだと思ったんだ。

わかっているなら、
言ってよ。

あの時のわたしは、自尊心が育っていなくて、
自分を辛くする方法だけは知っていて、
だから、そういう人、選んでいたワケだけど。

皮肉なことに、いや、だいたいにおいて、
心の、精神のプロセスというのは、皮肉な展開を
必要とするワケだけど。

もうダメだと、自分がもう本当にダメなのが分かって、
底を打った。わたしは。

人生初のカウンセリングを受けて、
徐々に徐々に、自分で自分の人生の選択をして
いく方へ、恐る恐る、近づいていった。
幸いだった。

(あ、その時の相手を責めている
のではないです。
その人が悪いワケじゃない。)

何故、この映画を観てカナオが良いという人が多いのだろう??

この時代においても?

こんな夫婦が、リアルに感じる人が多いのかもしれないなぁ。

もしかしたら、多くの女性が妄想の中でダンナがこんな風に
思っていてくれたら、報われる、
なんて、思ってて、
それが描かれているからなんだろうか?

高い評価をしている人の、評価ポイントは、
カナオが、狂った翔子の様子にも動じず、
鼻水を拭いてあげたり、「キスしようとおもたのに、べたべたやん」って言ったり、
その後、鼻をぺロッて舐めてあげたり、
その前に、「好きだから、一緒にいる」だったか、そんなことを言う。ところ。

自分の女が、こんな状態になって初めて、
「好きだから、うんぬん」なんて!!

もっと最初に言ってよ!

もっともっと最初から、もっともっと、本当にそう感じているのなら、
出し惜しみせずに、もっともっと、好きだって、惚れてるって言ってよ!

それは、本当に大事なことだよ。

惚れた女が、壊れる前に
言ってよ。

残酷じゃんか。

良かったのは、名古屋から帰ったカナオに、倍賞美津子が
翔子をお願いしますと頭を下げたところ。
やっとこの母親が自分の役割を引き受けたから。
翔子は、家族のメンバーの本来の役割をみんながしないから、
一人で何役もこなそうとしてムリがきてたから。これでやっと
収まった感じがした。翔子は翔子をやればいいし、翔子とカナオって
いうカップルがやっと出来た感じ。とってもシンプルな横に一本の線の
つながり。
​長男夫婦に対しても、この母親が、「あんたたち夫婦揃ってんだから
なんとかやんなさいよ!」って言って、それで、場面からも、
ヤンキーっぽい妻とその息子たちも退場していくことで、
観ている方は、ほっとする。この家族が責任を引き受けたのだと
感じるからだ。

責任とは、自分の人生を生きるということにおいての責任であって、
責任者出てこい!の「誰かのせい」というような意味ではない。

余談ですが、
機能不全家族ってのは、
それぞれが、
それぞれの役割を
引き受けてないとき、
のように、感じています。

こんなふうに、
たくさんの想いや、
記憶が、
喚起された映画では
ありました。

そういう意味じゃ
いい映画、
です。

願わくば、
今の時代のカップル達は、
もっと率直で、
もっと素直に、
もっとエッチに、
愛し合っていてほしい、
と、願わずにはいられない。

こんな、何十年もかけて、
たくさんの犠牲の上に、
たった一言の、
好きだから
が、聞けて、
生きかえるなんて、
もう止めてください。


GYAO!っていう動画配信サイトで、
4月19日まで、無料公開しています。


いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


by masumihug | 2015-04-11 12:24 | 個人セッション

シェアすること

シェアができるってことは、幸いなこと。

シェアとは、
自分の感覚を、そのまま、表現すること。
自分の体験を、話してみること。

解決を求めるワケじゃなく、
結論も求めない。

ただ口に出してみる、機会。

融通無碍に。
ぼそぼそと。
率直に。
ポツリポツリと。
カラダの感覚を探りながら。
ぴったりの言葉を探しながら。
立て板に水、とは、ほど遠い。

そんなふうにして、
みんなが、徐々に徐々に、
場の安全を確かめていると、

誰かの口から、思いもかけないストーリーが
披露される。

それが、誰かの長年の痛みをやさしく癒す
ことがある。そしてまた、誰かのインスピレーションを刺激
して、瓢箪から駒が飛び出てくることがある。

最初の一人の体験のシェアがきっかけになって、
場が深まると、その場は、とてもダイナミックな
うねりとなって、現実の世界をも動かしてしまう。
ことがある。

シンクロニシティーが起こり始める。

それほどの、人間には、力が最初から備わっている。

一方で、
「ただ口に出してみる」ことが
出来ない、または、
憚られる、という環境は、
あるいは、そんな感じが自分に起こっている
ことに気づいたら、
なにか、どこかに、
ムリがあるとき。
誰かがが、ムリを起こしているとき。

或いは、
ある特定の話題について、
そんなことになっていることがある。

それは、集団、社会、国家、家族、
学校のクラス、はたまた、自分自身の中
でも起こる。

口に出すことが、自分を危険に晒す
可能性が高い、と、想像されるような場。

危険とは、攻撃されることだったり、
でも人間にとって
危険とは、なんであれ、「孤立」すること。

それは、怖い。避けたい。

だから、自分の感覚を言語化することを
止めて、感じていることを受け取ることを止めて、
生き抜くために、感覚を遮断する。

これも、また、一つの生きていくための工夫。

一時的には、危険を、生命の危機を、凌ぐことができる。

一方、こういった人間の心理、メカニズムを利用して、
何か意図をもった大きな力は、社会の流れを一つの方向へ
動かすことが可能だ。

後々の世、歴史の教科書に書かれるようなイベントも、
実際には、徐々に徐々に、そんな風潮、何気ない雰囲気、
潮目、口に出せない感じ、口に出すと誤解されてしまうかも
しれない、口に出すと誰かが傷つくかもしれない、という想像、
不謹慎、自粛、風評被害、etc. なんていう言葉
などによって、作られて、いくんだなぁと、そんな気がしている。

口に出せない雰囲気を感じたら、それは、何かが何処かが
詰まっている。あるいは、誰かが詰まらせている。

よくよく感じて、自分の感覚、身体感覚とのコンタクトを
密にして、いよう。

そして、安全なところから始めたい。
安全を確認して、始めたい。

シェアすること。

あなたのその感覚を、安全にシェアできる人と、
一番身近な人と、大切な人と、守りたい人と、
解決や結論はちょっと脇に置いて、
まずは、その、カラダに起こっている感覚を
口に出してみることから、始めてみてほしいです。

そんなことが、本当に、大切になってくる
時代のような気がしてならない。

議論すらできない雰囲気、というのは、
とても、危険な場です。





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。








by masumihug | 2015-04-07 06:23 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug