人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

成長だとか、
変化だとか、

というのがあるとするならば、、

と、書き進めようとしつつ、「成長」という言葉で引っかかることが
あるので、書きます。

世の中で使われている「成長」という言葉は、
なにかここで私が使う時に適切な好ましい感じがないのです。

「成長」って言葉が、悪いのではなく、
「成長」という言葉に、何か人々の「考え方」がくっついている、
ように思うので。

くっついている手垢のようなものが、ここで使う時に好ましくないと、感じるのです。

だけど、他に良い言葉が見つからないので、手垢なしのただの「成長」という意味で
捉えて頂けたらと思います。或いは、単に「変化」でも良いのかもしれません。

少し、落ち着きました。

戻りますね。

「成長」「変化」っていうのがあるとするならば、

わたしの好きなゲシュタルトのせんせーの表現によれば、

それが起こる場所は、

「何か」との向き合い方や、
向き合う質、
「何か」に気づく時のその質です。

と、聞きました。

あぁ、まさにそうだと、腑に落ちました。

「それ(気づいている対象)」と、
いま、わたしは、
どんなふうに、向き合ってるか?
或いは、つき合っているか?

「それ」に気づく時、
どんな質で気づいているか?

「それ」自体は、実際のところ一切変わりはないワケで。。

だけど、

「それ」と「わたし」の
(心理的/物理的)距離や、

「それ」に気づいた時の
わたしの姿勢や、
わたしの表情や、

その時の、
感情や、

興味、好奇心、

体の感覚や、呼吸の仕方。

が、変化していたとしたら、

プロセスしています。何かが起こっています。

そのプロセスを、
「成長」とか「変化」と、
表現したくなるかもしれません。
あるいは、「成熟」と呼ばれるものです。

「それ」とは、

あなたにとっての、
何か過去の、「思い出すのもおぞましい」と思っていたエピソード。
だとか、
ある特定の人物の名前が入ってくるかもしれない。
何か、概念かもしれない。

或いは
もしかたら、自分自身のある特定の「状態」かもしれない。

そして、
「それ」自体をなくそうとすることや、
「それ」をどうやって避けるか、やっつけるか、
勝つか?
手なづけるか?
に、長年腐心してきたかもしれません。

世の中にそういったHOW TO本が、ごまんとあります。
「それ」と戦おうと、する系ですね。

「それ」に働きかけるやり方。「それ」の方を変えようとするやり方。

もしかすると、
知らず知らずに「それ」自体に、
いたずらに力を持たせる努力になっていたかもしれません。

それによって、
誰か知らない本を書いた人が一儲けするのを助けている。
誰か知らないライターさんの生活を援助している。
かもしれない。
ってことに気づきが拡がっている自分に気づくとしたら、
これも、また、変化。と、言える。

人生の中に、いろんな「それ」があって、
「それ」の方を出っくわす度にやっつけなくてはならないのは
とても疲労する。

実は、「それ」には、一つ一つ個性がある。

「それ」を変えるんじゃなしに、

一つ一つの「それ」の顔を見てみる。
自分の「目」を使って見てみる。
自分自身の体験を使って、出会ってみる。

想像の中で「それ」について考えていることから
出て。

コンタクトしてみる。

ただ、目を開けて、
ただ、対象を見る。

それが、起こっているのに気づくかもしれません。

それを許していると、
身体に衝動が起こっていることにも気づいてくるかもしれません。

もう、止めていない自分に気づくかもしれません。
その衝動をどうするか、も、選択ですが、
その衝動とも一緒に居ることが出来る自分にも気づくかもしれません。


「想像」の中で「それ」について考えている
「それ」と直接会う

そんな実験が出来るのが、ゲシュタルトのセッションの場。
と、言えると思います。

そして、そんな時を迎えている方が
セッションにいらしてくださるのだなぁと思うときがあります。

人生を重ねなければ、向き合えない「それ」もあります。

言い換えたら、
人生を重ねたから、いま、向き合えている。と、言えることがあります。

そして、
その「向き合い方」というのは、
どこかで止まるワケではなく、
やっぱり、プロセスし続けるものなのだと思います。

で、それに気づく時、
今までも、「プロセスし続けていた」少なくとも「プロセスしようとしていた」
或いは、「プロセスを止めていた」
と、気づくのだと想像します。

世の中で変化しないものなど多分なく、
もし「止まっている」のなら、
誰かが「止めて」います。

だけど、「止める」にも、理由があります。
その必要がある時があります。
そのようにして、自分自身の身の安全を守っています。
何より身体は、「生命維持」を最優先します。

だから、今までの向き合い方を否定するわけじゃありません。
敬意を払いたいです。

その上で、新たな向き合い方を選択肢として付け加える
実験をしているのです。

或いは、
何かと共に居る力
自分自身の体験を許し、体験と共に居る力
を、確かめる実験でもあります。

それは、
自分が自分を信頼していく
プロセスとも言えるかもしれません。


そんなプロセスが動き出すとき、
サポートが必要です。
また、プロセスに時間を渡すことも。
また、安全を確認出来る環境が必要です。

必要なのはアドバイスではなく、
何も捻じ曲げずに、あなたを正確に映し返す鏡です。

「成長」って、居心地が悪いものなんです。
不安定なんです。
あえて、不安定を作り出すようなもんです。

だから、サポートが必要です。
人のカラダはそれを知っています。

サポートが見つかると、自ずと、
「止める」を止めるが始まるんですね。

そういうメカニズムは、自然なんですね。

そう信じています。

すべては、動き続けています。

わたし自身の経験からも、そう信じています。

すべての、大人になってからの自分自身の成長を許す人に
その勇気に、幸あれ!と、心から言いたいです。
それが、「成熟化」というものだと思っています。

ありがとう。








個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2018-02-18 01:53 | 個人セッション

2月10日まで研修に参加しておりますため
セッションをお休みさせていただいております。

さらに精進いたします。

戻りましたら、お会いできましたら幸いです。

ありがとうございます。






〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

     




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2018-02-06 00:39 | 個人セッション

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug