人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日常を
一旦停止して
ただ
自分自身とともに居る
やさしくやさしく 

厳しくする必要など
まったく ない 

急ぐ必要も ない

比べる対象も ないです

何かを達成しようとする必要もありません

こんなふうに、
自分自身と
「出会う」という方法があります。

「対話」する という方法があります。


もし、今まで
自分自身と戦っていたとしたら、

確かに、戦う というのも
出会い方の一つのあり方 ではあります

それにも一理ある

そして、
もしかしたら、そろそろ別の やり方の存在に
あなたは、気づいているのかもしれないです。

それが、あなたのニーズを満たすことに貢献すると
どこか知っているあなたもまた居ることに
気づいているかもしれません

ゲシュタルトの場は
実験の場です

試してみることができます

よろこんで 共に居ます
とても興味深く 共に居させていただきます


時に、自分自身に圧倒されるかもしれません。
どこから手をつけていいのか。
そもそも出会える相手なのか。(自分なんだけど)

今、すでに、どこかに触れています。
すでに、始まっているところからなら、たやすいです。

そして、
それは、あなたが今を生きていく時助けになります。

なんでかといえば、
自分を一番よく知っている人をチームメンバーに迎えていくプロセスだからです。

自分自身といいチームになる


自分自身と出会っていくことがそれに貢献します

自分のこと、

よーく知っているようで、

実はまだまだ見逃しています
見くびっているし
誤解している可能性があります。

どこへも行かず、
いまここで、
ゆっくりと時間を使って
やさしくやさしく 出会うことが出来ます。

自分自身の中に発見があるはずです。


起こってくること には 意味があります。
どんな存在にも セッションの場では 居場所があります。

どんな存在にも 表現する機会があって
それを聴いてもらえます

ちょっと待って タイム! も言えます

この機会に全部をやろうとする必要もなく
その日に出来る楽なところまでにして、また次もあるって
わかった状態で、ゆっくり出会うことが出来ます。

何も、やり損ねてはいない

ゲシュタルトのセッションは、
こんなアプローチです。

一口にゲシュタルトと言っても、いろんなゲシュタルトが世の中に存在しています。

少なくとも、珠美の作る(作ろうとしている)ゲシュタルトの場は、このようです。


どの人の中にも、必ず健全さがあります。
それは、信頼できるものです。
だから、私は、安心してファシリテートしています。



自分自身の敏感さを叩きのめすことなく、
それを、自分に備わる正確なセンサーとして信頼していけるよう

自分自身の恐れを、賢明さとしてチームとなっていけるよう

「そのままの私」に触れる瞬間をたくさん持てますよう
それは大きな力となります

あなたのその真面目さを、真摯さを、
自分自身の誇りに思えるよう

あなたのそのやさしさを、誰かに向けるように
ご自分自身へも向けることを思い出すよう

願いながら
ともにいます。

何より いま 生きているあなたが
すでにそのあらわれであるわけだから。

あなたの歴史 あなたの文化 
あなたの経験 あなたの知恵

その塊が あなた

お会いできたら 光栄です。



更新を通知する





個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-04-26 06:35 | 個人セッション

瀧さんみたいな人望

瀧さんが釈放された。

頑張れ!ダンボールに手書きの文字の
ボードを持参してメッセージを伝えようとしている人や
応援の言葉を投げかける人がいた。

必要とされている

今まで長く長く表現活動してきたことへの
賛同の表れなんだろうなと思う。

仕事関係者や、直接関わった人は、彼に対して
持っている印象はとても良くて、一致している。

人望の厚さを感じる。

おまけにご近所の評判も良いらしい。

そして、高校生の時からずっと一緒にいる
相棒さんが熱烈なツィートをしているのを見れば
この人が瀧さんにどれだけ支えられていたか分かる。

一方で、
瀧さんは、瀧さんをどう支えていたんだろう。

これは、芸能人だけの話じゃないと思う。

普通に社会を構成する人として、
周囲の信頼を得ていくこと、
自分自身が居やすい環境を作っていくこと。
あなたが居て欲しい って言われること。

これは、本当に大変なこと。

何が大変って、自分が自分と格闘すること。
自分が自分と折り合いをつけること。
だと、私自身は思う。

30代くらいの時に真剣に考えていたのは、
何か合法的に自分自身の抑えきれないエネルギーを
落ち着かせる薬ってないか?ってことだった。

大事な人と衝突してしまう
大事な関係を壊してしまう
ことで、手からこぼれて行ったものがたくさんあった

瀧さんと同列に語るには、全然レベルが違うんだけど

でも、瀧さんの人望を支えるものの一つに、
今回の問題になった薬の貢献があったのだったら?

って、
思わないこともない。

もちろん、
私は、薬物を推奨しているわけじゃない。

でも、
この薬のおかげで、
頑張りがきいた
疲労困憊するような現場でやさしさを維持できた
期待されている役回りを果たせた
面倒臭くならずに、丁寧に出来た
腐らずに居ることで、事態が好転した また 周囲が勇気づけられた

かもしれない

こんな人が場に一人居てくれたら、
本当に助かる
感謝される

逆に言えば、人はそんなに自分自身の肉体と精神を
高めに一致させて、良い状態で、一定には保てない

恐らくは、人生かけてそれを学んでいるんだから

だから、
薬を使うことで、人生の学びを
ショートカット出来ることは確かだとは思う。

ただ、人類の仕組みはとっても上手く出来ているから
やっぱりどこかで学んでいく時がくるように思う。

ショートカットしたつもりでも、カットした部分を
やはり端折ることは出来ないんだ。

私は、多くの人が、
自分自身の持て余すエネルギーとどうやって行けるか?
という探求を、人生でやっていると思っている。

多くの場合が、そのエネルギーと戦う、それを抑え込む、消す、ないことにする、
というアプローチを取る。

世に溢れているノウハウ本は、要はそういうことを書いているように見える。

そして、多くの人は、ドラッグへの抵抗はある。
どうするかというと、お酒、甘いもの、炭水化物 を摂取する。

私は、これを火消しと呼んでいる。

一瞬、火が消える。

火消しの方法は、他にもある。
自分のエネルギーの暴発が起こりそうな気配を感じたら、
別の強い刺激を注入すること
いわゆる、〜依存と言われている 
そういう方法。

激しいね

疲れる し、
後味は、とても似ている。


落語の「死神」を思い出す。
蝋燭の炎が消えると、その人の命が果てる。

この火消しは、小さな殺人とも言える。
自分で、自分自身を、ちょっとずつちょっとずつ殺している。

これは、悲しい。
これは、悔しい。

だから、時々、無性に腹が立つ。
でも、自分では、目の前の誰かに腹が立っていると勘違いしている。
実際のところ、腹が立っているのは、己のこの行為であったりする。


瀧さんのことは、瀧さんにしかわからない。

瀧さんにとっては、タバコの一服くらいの軽さのようにも見える。

でも、自分のことは、もっともよく知らないことであったりする。

それを知っていく過程が、人生だったりする。

そういう意味でも、
今回の瀧さんのことは、
物事を自分の延長上に感じさせてくれている。

「これは、大なり小なりわたしのことだ」と、
どこか、日本の人たちの胸の奥の方へ届いているような気がする。


合法的な薬うんぬん と、30代くらいの時に言っていた私自身は、
40歳を過ぎて、ゲシュタルトに出会って、
本当に助かった。

「ショートカットする薬はない」とわかったこと
遠回りに見えて、近道なこと
ゲシュタルトは、薬ではないが、その生きる時の道を行く乗り物である
ってことが、今、わかっていること です。

私を殺さない、そしてまた、ほかの誰かも殺さない 
やり方がありそうだとわかって来たのは
私にとっての朗報でした。

その乗り物は、好奇心で動く。
そして、私のエネルギーがエネルギー。笑

そして、そもそも、そのエネルギーの源に、こんな素朴な願いがあることがわかっています。

私は、コンタクトがしたい。
私は私と、そして、目の前の人と。

心で、声で、肌で、思考で、
どんな方法であっても良い
その時できる、最善の方法が見つかると信じている。

そんな瞬間が人生に持てる、ということが
わかって来ました。

これは、私のよろこび。


更新を通知する





個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-04-05 06:58 | 所感
初めて
令和とタイプしている。

これほど、フォントによって
印象が違う文字もないかもしれないと
今日、なんどもなんども繰り返し見た
ニュースの映像を見ながら思っていました。

NHKのニュースで、
官邸で取材していた方(高井正智さん)が言っていた言葉が
とても印象的だった。

菅官房長官が、令和の文字を掲げた時、
集まっているプレスの大勢の人たちの手が止まったと。

そんなことは、現場にいてとても珍しいことだと。

「一瞬の静寂」と言った高井正智さん。
ご自身もその場に居た一人として、
一斉に瞬間に起こったその静寂のその時に
何かを体験した。と、言わんばかりに、
高鳴る感じが、伝わってきた。

安倍首相の談話の中で、
長い日本の歴史の中で、変わっていくものがある一方で、
日本人の中に変わらずにある価値というものがある。と、
表現していた。

私は、その静寂の瞬間に起こっていたこともまた、
それと通ずるものがあると感じた。

「令和」と書かれた額が掲げられた時、
その場にいた皆が一斉に動きを止めたのは、
それは、ただの文字の羅列じゃないのを
私たちは、知っているからだと思う。

面構え、身体、ボディ、姿、を、見る必要がある。

更には、醸し出すエネルギーや、
纏っている景色のようなものまであるだろう。

だから、
その瞬間にその文字と出会っている。

どーんと、身体に感覚が起こってくる。のに気づく。

そして、己のそれに耳を澄ます。
聞いてみている。

それに、ちゃーんと時間と空間を取ること。

多分、高井さんが言っていた「静寂」の一瞬に
それぞれの人の中で起こっていたのは
そういうことだと思う。

それを私は想像して、本当に胸が震えた。

この出会った瞬間に、自分自身に起こること。
それに耳を澄ますこと。

ここに、実は、人間は、絶対の信頼を持っているんだと思う。
本来的に。
生き物として。

そして、日本人は、その信頼がとても篤いのだと
私は、思っているんだ。

そして、それを時々、言語化する。
語彙が豊富な人もいれば、そうじゃない人もいる。

だけど、なんであれ、今日は、
己の身体全体で、みんなが、それぞれに「令和」に
初めて出会った。

出会ってみる をやったと思う。

そして、割と、多くの人が、「うん、いいじゃない?」って
感覚を自分自身の身体で確かめたように思った。

典拠となったのが、万葉集ということで、初めての国書だということを聞いて
また、胸が熱くなった。

これは、少し、私の想像がたくましすぎるのかもしれないけれど、
長い長い戦争の影響がやっと終わりを告げて、
日本と日本人がようやく自分自身の誇りを取り戻し、さらに、
それを外へ表現することを自分に許した。
或いは、自分への許可として受け取った。

そんな気がした。

その誇りとするその質の、なんと繊細なことか。
なんと、奥ゆかしいことか。

あまりに、顕微鏡レベルなもので、そして、言語にし難いもので、
だけど、それは、確かに手応えとして掴んでいると言えるもので、
だから逆に、許可し難いものでもあったよね。と、誰かと言い合いたい感じもある。
けれど、今、いいんだよね。確かに、あるものね。と、言い合える感じがする。

確かに私は、感じている。
それ以上に誇張する必要もなければ、証明する必要もない。
それでいいじゃないか。

そんな感じがしています。

一月後の即位・改元に向けて、
良い土台が出来上がったなあと思えました。

生前退位というのは、いいものですね。

今日は、会った人に「おめでとうございます」という言葉が
自然に口をついて出てくる。相手の人も、自然にそれを受けて、返ってくる。

今日は、自分が日本人として生まれて良かった。
と、心から思いました。

理にかなっているものは美しい。
自然界とそっているものは、美しい。

日本人の身体の中には、そのセンサーが張り巡らされて
あるんだと思うんだ。

(あ、日本人だけじゃないとは思うけれどもね。)

その繊細さ、感受性のひだ、を、
常にONにしながら現代の日常を生きるとしたら
それは身体がいくつあっても足りない。ってことになる。

だから、
いい塩梅に、センサーをOFFにしたり、調整をする必要がある。

それは、調整であって、ダメ出しであるべきではない。

自分自身の繊細さや感受性、感性を、自分の誇りにしていく道がある。
良きものだと捉えて、選択的に使っていく道がある。
と、私は思っている。

ゲシュタルトの気づきのアプローチは、
その良いナビゲートをしてくれる。



更新を通知する



個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-04-02 06:48 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug