人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「JOKER」という作品は、大掛かりに見せてくれているものは、
本当に私たちに身近な、身に覚えのあることだった。

一方で、私は、予告を観て涙が込み上げてしまったのだけれど、
実は、映画館で本編を観た時にはまったくそれはなかった。
そこにどんな違いがあるのか、何が起こっていたのか?
いま、探っています。

それを探りながら、
思いつくところを書いてみます。

映画を観て、思うのは、
アーサーは、自分自身を取り戻すプロセスの
途中にあると過程してみました。

つまり、
人が、自分自身を取り戻していく過程にあるとき、
自分自身の中のありとあらゆる側面・質に触れていく可能性があって、

逆に言ったら、その体験が、あなたにあなたを取り戻させることになる。

その時、この映画のジョーカーのような質に出っくわすこともある。
恐らく避けては通れない。

今までただ飲み込んでいたあらゆる欲求に気づきだす。
その中には、当然人が持っていて然るべき欲求もあれば、
世間においては常識的ではないとされている欲求もある。

不当な扱いに異議をとなえる。
頭に来てると言う。
それは悲しいと言う。
止めろ!と言う。

そして、
本当にハラワタが煮えくり返っていたら
殺す。

なんてことは、実際には出来ない。

出来ないことは、ないけれど、
払う代償は大きい。

だからと言って、自分自身の真実を
捻じ曲げるには、相当の努力が要る。
それは、今までの人生で散々してきた。

それは確かに存在しているんだ。

ゲシュタルトのワークで試してみるのは、
まさに、こんなこと。

普段は、日常を優先して、それらをないことにしている。
自分自身の真実に触れること。
それに、存在する機会を与えること。
それに、言葉や動作を与えること。
それに、自分の身体を差し出して、身体ごとなってみる機会。

安全な構造を作って、試してみることが出来る。

それをするには、安全な構造が必須なんだ。それに、
もう一つ、目撃者も必要です。

それを見届けてくれる人。
グループでのワークなら、複数の人が
見守ってくれている。

批判の声も、アドバイスもなく、
分析も、憐れみも、解釈もなく、
ただ、しかと目撃していてくれる。

しかも、
もっといいことには、
あなたの自己表現を見て、
自分自身の身体に響かせて、
自分自身の真実に共鳴させている人も居る。

実は、これが「聴く」ということ。
「聴かれる」ということ。

この機会は、人の健全さを後押しする。

映画のJOKERを地で行くか、
自分を大切に扱うか、
は、自分自身で選択することではあるけれど、
少なくとも、選択肢はあると
知っていたい。

と、私は思う。

だから、この映画を観て、
私は、ゲシュタルトを知っていて良かったと思った。し、
その機会を提供する側のことをしていることを
とても肯定できた。

そして、最近起こる事件の主人公を
単純に断罪出来ない私の思いと
この映画が描く世界の重なりを感じている。

多くの人が、この映画に共感を送っている。
それを見れば、明らかだ。
多くの人が、自分自身の内側にアーサーの存在を感じている。
ともすれば、JOKERへと育ててしまいそうだと
自分自身の内側に恐怖さえ感じるだろう。

自分自身と向き合うことへの
漠然とした怖さは、
この辺りにあると思う。

だけど、ゲシュタルトのアプローチは
それを、つまり自分自身の内側との出会いと対話を、
自然に誘ってくれる一つの
機会の提供になると思っています。

それは、人が成熟していく過程の中で辿るプロセスを
勇気づけてくれる。

自分らしいユニークな発想を、信頼の中で選択出来る可能性を
気づかせてくれる。
生きることを意義深く、すこし優しくしてくれる。
と、信じています。

あらゆることを支配下に入れなくてよくなる。
あらゆる人を牛耳る必要もない。

この世界で起こるあらゆる無数のことと共に居る。
と言う事実があるだけ。

それは、ただ起こってくるから。

避ける予防をするよりも
起こると分かっている方が、自然。

そうすることで、
むしろ、人生を意義深く、人生を逃さずに
生きることの助けになる。

ハプニングは、招くべき友になる。
あらゆる経験は、学びとなって、
自分自身の血や肉になる。

多分、それは、人類にデザインされているんだろうと
私は思っています。

これは、チャレンジでもあるけれど
投資すべき相手かなと思う。

それをギャンブルにしない為、
人間に備わった気づくという力を鍛えていこうと思っています。

それを、縁あって出会った人たちと
やっていくのは、楽しいです。

ここまで書いて、
私が本編で涙にならなかったことに疑問を持った
ことに対する答えは、やっぱり出てこない。

でも、過度に感情を揺さぶられていない自分に
やっと今ここまできて
肯定を出せた気がしている。

私は、今は、もう 「Just the way you are 祭り 」
じゃないということなのだとしたら、
それは、ちょっとは成熟の片鱗なのかな?と、
思って良いのかもしれないと思えてきました。
遠慮がちに。
すこし、ほっとしています。

ありがとう。








個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-10-09 10:24 | 所感

映画『JOKER』




圧倒された



アーサーが
地下鉄の駅の階段を駆け上り
夜の物騒な街中を一目散に走って逃げて
公衆トイレか何かの中へ入る
そこで、彼の様子が一変するところ。

とても印象に残っている場面

彼の中に
生命が宿り始めるのを見た気がした

公衆トイレの中での
彼のダンス

本当に優雅だった

見ていた私の左手も
少しゆらゆらと踊り出していた

ここを境に
アーサーに命が吹き込まれていくように見えた

人生の、自分として生きていない時間を
埋めていくように見えた


トイレの中でのダンス
自分の中にあるエネルギーと踊っていた
その存在を初めて許した
祝福のダンスか

その前に彼がやったこととは
あまりに対照的だ
だけど、そのエネルギーは、
長いこと閉じ込められていて、そしてついに自分の腕試しを終えて、
満足気に余韻に浸っている。
そんな風に見えた。
だから、釣り合って見える。

このダンスは、甘美なダンスだ

自分が、いま、自分自身と一致していると
心から身体から
思える瞬間だろうと 想像出来た

この甘美さは、
「ほかに何が要る?」
というくらいの悦びだろう。
もしかしたら、生まれて初めての
自分に許可を出した瞬間だったかもしれない。


もう誰かに愛される必要もない

愛される為に、身を削る必要もないのだ
その為に、空気を読む必要もないのだ
愛を乞う必要はないのだ

という安堵感
とも 感じた

私には、力がある。
何かを為すのに、誰かの力を借りる必要はないんだ

私は、私とさえ居ればいい
私は、私を抱きしめている
私は、私が愛おしい

私は、私自身とダンスする

その陶酔の中に居る

そんなアーサーだったな。

ただ、これは、
自己愛を獲得する(取り戻す)途中の祭りのように見える

でも、ここを通るのだね

そして、実際には、
この後にも道のりがあるんだ。

ここは、健全な自己愛を築く土台
現実をやっていく土台
のポイントゼロ

この後、大切に育てていく必要がある


アーサーの、渋滞していたエネルギーはメガ級
このまま、この途中のままで世間を巻き込んでいくのだね。

そして、だから、「ジョーカー」になっていくんだね。


アーサーが、自分自身に許可を出し、放出し始めた怒りに
世の中が便乗し始める

一皮剥いたら、実は、仲間だらけ。

飲み込み、隠して、生きていた時のアーサーは
あんなに孤独だったのに。

為政者がもっとも恐れるトリックスターの出現と扇動される群衆。

逆に言ったら、社会でこんな暴動が起こっていないことの方が
おかしいくらいに思う。
為政者の上手な管理か?
私たちに備わるバランス感覚か?
DNAレベルの種の保存の為せる技か?



ところで、

映画の最終版、福祉制度の中で受けていたカウンセラーと
再会していた。
そして、最後のシーンでは、真っ赤な彼の足跡。。
やっぱり。。。

彼はあのとき「聴いてないだろ?」って言ってた。
この気持ち、共有出来るな。

私も、産○カウンセラーの講義の時に、ウンザリしたよ。
聴ける人なんて、そこには居なかった。
学ぶものは、あまりなかったよ。

でも、同時に、私の生涯でもっとも聴いてもらった二人の内の一人は、
28歳の時に出会ったカウンセラーだよ。

それほど、「聴く」というものには力があると
私が体験として、人生として知った機会だった。

だからこそ、カウンセラーと名乗る人には
「聴く」ということの人類に与えられている力を
知っている必要があると思っているよ。
それから、もっとデカイのは、
「聴いてもらう」ことへの渇望。と、必要性。
それは人を育てる。育む。

多分、それを”体験的に”知らないんでしょうね。
カウンセラー当人が「聴く」をみくびっちゃいけないよね。

なんて言うと、それがそのままブーメランになって
戻ってくるでしょうね。私自身、「聴く」ということは、
精進の限りはないと思っているよ。

話が逸れました。


一つだけ、ちょっと気になっている個所がある。

映画の冒頭、予告にも出てくる場面でもある、アーサーの商売道具の看板を奪い取って
路地裏でアーサーをぼこぼこにする悪ガキ達。

アーサーが、この映画の中で唯一成敗を果たしていない気がしています。

他の面々は、殺されました。
この悪ガキたちは、この後どこかで出てきているんだろうか?

結果的には、この悪ガキたちもジョーカーを祭り上げる
群衆の中にいるムーブメントの金魚のフンということなんだろうか?


もう一つ、
書いておきたいことがあります。

それは、
次の記事にします。

一旦、休憩します。

ふぅ〜〜
呼吸〜〜


ああ、本当に
凄い作品だ。

携わった人たち全員に感謝の気持ち。は、さることながら、
ホアキン・フェニックスの貢献は偉大だと思う。
作品の世界観を十分に理解して、
更に、自分自身の中にある要素をブレンドし、この人物を創り出したと思います。

そこに、自分の肉体を投じて、全身全霊で演じている。
ように見えます。

ありがとう。






個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-10-09 01:34 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug