人気ブログランキング |

タグ:あるがまま ( 8 ) タグの人気記事

「誰かと居る」を学ぶ

これは、生きているあいだ中の
学びなのだろうと
想像しています。

苦学にすることも出来るし
拷問にする人もいるでしょう

自分独自のアートを編み出していくのもあれば

誰かのHow toを借りて、それで一生やり終えるのもありなのかもしれません

じゃあ、「生」が終わるとどうなるんでしょうね?


筋肉の緊張が、その人を形作っている
あるいは
その人が、自分のアイデンティティを維持するのに
特定の筋肉を、特定に緊張させている

とも、言えると思います。

そして、
その人が死を迎えると
つまり
筋肉が弛緩していく
その人は、キャラクターを一つ一つ解いていく

ということにも、なります。

それは、

一切の社会的な関わりから降りていく

呼吸が止まって
心臓が止まって
脳が、止まって

いく

アイデンティティが、解かれていく
いらなくなっていく

ここからは、
誰も証明出来る人はいないけれど

たった一人
死へ向かう探求をする

それまでは、「誰かと居る」為に築き上げたもの、
を、
全部下ろして
たった一人で、生まれて初めての「死」を探求する

いや、
もしかしたら、
生まれる前に出てきた世界へ戻る?
のなら知っているのかもしれない?

そして、寿命を全うするうちに
忘れてしまったその「一人」というところを通過するのだろうか?

この「死」への探求に、どっぷりと集中していける
誰に気兼ねなく
もう、なんの言い訳をする必要もないのだ

焼かれるまでの間
こんな時間帯があるような気がする

家族がいる人は、
こんな時周りに、泣いている人や
「目を開けて!」って身体を揺すられることがあるのかもしれないけれど
死への探求に集中している人のプロセスを邪魔する必要はない気がする

ただ、静かに 
ただ、共にそこに居て
この人の探求をする空間を共にするということを
してみたい

私が、その本人であるのなら、
そんな死と死の後の時間帯を過ごせるのなら
なんと贅沢なことかと思う。

死へ入っていくその人の周りの空間を埋めずに
その静寂を埋めずに
時間を埋めずに
邪魔せず
ただそこに居ることが出来る人たちが
共に居てくれたら それは本当に幸せだな
それは、ものすごく成熟した場面だな

ただ、何れにしても
それは、どう生きたか によるのだろうな。

どう生きたか
とは、

何に価値を置いて
そして、自分にはどう出来たか?
他にどんな可能性があるか?
どう関われるか?

その模索の足跡の一つ一つ
だな

うん

はぁ〜

こきゅう〜 をしています

今の私はこんなふうに
考えています




更新を通知する



個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-03-07 01:03 | 所感

誰かと居るを学んでいる

ゲシュタルトを学んで

私が、ゲシュタルト的な文脈で
生きるということをプラクティスをしてきて

思うことは

「誰かと居る」
を学んでいるのだと
いうことです。

これに気づくとき、同時に、
それまでの私は、
「誰かと居ないで平気でいる」
訓練をしてきた

と、気づきます。

「一人で生きる」というより

「誰かと居ないで平気」なように矯正する訓練
「誰かと居ないで平気」なふりをする練習

をしてきたなぁと思うんです。

これは、
結構出来るようにはなります。だけど、
これは、
私が、この世界に生まれてきたときに持っていた
動機とは反対なんだ。

だけど、
「諦めないといけない」

諦めることで、
命をつなごう

と、思ったんです。

それも、
認めます。

生き抜くために、
いっとき、大事な動機を脇に置く時間帯があった。
他の選択肢にも気づけなかった。

そして、
生きてきた。

生きて、
ここに辿り着いた。

そんなふうに思っていた。

そして、
辿り着いた場所で、
周りを見まわす機会を得ることが出来ました。

そして、
ゲシュタルトを手に取った。

世界を変えるより
世界を嘆くより
世界に唾を吐くより
自分自身を見ていく方法があると知った。

同時に、自分自身のことをいかに知らないか
ということを知りました。

生き抜く知恵と力、
を、知らないうちに身につけていると気づきました。

そして、
そうして、やはり、気づくのは、
私の深い深い奥にある動機は
「誰かと居たい」であったと気づきます。

だからこそ、生き抜いてきた。
のだと、思えます。

どこかに、方法がある。
無いわけがないと、何処かで信じていた自分を知ります。

この、人の奥深くにある「動機」は、
その人がどんな状況、状態にあっても変わることがないようです。

自分自身を見ていくとき、
変わっていくもの に気づくと同時に、
変わらずにあるもの の存在に気づきます。

本当に、人間一人の
力、知恵、
それを動かす生命力 
の力強さに圧倒されます。

クライアントさんとの出会いで、本当に震えます。

これが、必ずあるのを知っているから、
人のプロセスに絶対的な信頼を置くことが出来ます。

状況が扉を開けてくれてます。
向き合う場所を教えてくれてます。

いつ向き合うか、
どう向き合うか、
は、完全に任されています。

人生は、本当によく出来ているなぁと
感心します。

私のことに戻ります。

そして、やっぱり
「誰かと居る」を学んでいる。

それを、脇に置いたことなど、
ひとたびもなかったんだ
と気づくんです。

文字通り、それを誰かと共に学べる時があったらラッキー。

そして、
それぞれの人が、それぞれ一人、
自分の人生を生きていて、そして学んでいる。
そんなふうにして生きている。ことに間違いはない。
それは、事実。

ふりをすることでも、
平気でいる練習をすることでも、
ない。

この世界で一人一人それぞれに生きている
それは、事実なんだから。

学ぶべきは、
「誰かと居る」の方だろう。

今は、もっと具体的になって
「誰かと関わる」になっています。

そして、「ダメだ」って自分にダメ出しして
自分に退場命令をしていると思っていたのは、
関わり方の試行錯誤だったのだ。と、気づきます。

この世界から「退場せよ」と言われたわけじゃない。
そう意味付けしたのは、この私自身だ。と、気づく。
その言葉は、この私の言葉だ。

私は、私に唾を吐いていた。

だけど、
そこへ辿り着くのには、
それに気づくには、
一周回る必要があったのよ。私はね。


笑ってくれて、ありがとう。

いまは、そんなふうに
自分自身を知ることをしている。

何年も、こうやって私は私自身とのワークをしてきたけれど、毎回毎回、私は私を発見する。

これは、有難いです。
よろこびです。







個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-03-05 12:20 | 個人セッション

富士山だってときどき


戻りました。

セッションで、ワークショップで、
道端で、
あなたさまと、お会いできたら
嬉しいです。


ここ数年、
年に2回、富士山の足元で行われる
合宿に参加してきました。

もちろん、ゲシュタルトのアプローチを
深める学びです。

私自身を実験台に、
私自身の体験をつぶさに見つめてきました。

それは、
私を正確に映し返してくれる場でもあります。

自分自身をあるがままに見る、体験するって言うのは
多くの場合恐ろしいもんです。

通常の人たちは、恐ろしすぎて、
そんなことが起こるずっとずっと手前で
回避します。

それで、思うような生活があれば
全然問題ないです。それは、幸せです。

私は、そこに好奇心がありました。
「知りたい!」がありました。

自分と向き合うことで、果実を得る。
という仕組みを知りました。

喜びがありました。

私と同じような好奇心のある人、
または、その必要のある人がいるのを知っていましたし、
誰かとこの喜びを分かち合いたいとも思いました。

でも、難しさがありました。

自分自身の最奥部へ、触れていく為に、
どんな構造を作ればいいのか?

私みたいなマニアックな人じゃなくて、
もっと、普通の人にもこの喜びを共有するには
どうしたらいいのか?

そんなでっかい課題がありました。

それを、ここ数年かけて作っています。
そして、提供しています。

少しは、それを提供出来るようになったかなと
思い始めています。

さらに精進していきます。

富士山でさえ、ときどき、ひっそりと
この精進湖に己の姿を映して自分自身を
確かめているんだなぁ
なんて思うのです。

富士山に比べれば、なんともちっさい私ですが、
不肖わたしも、こうやって、自分がやっていることが
大丈夫かどうか、信頼できる鏡に映してみる
必要があります。

健全さを保つ為に。

信頼できる鏡がある、そんな場がこの世界にある、と、
思えていること自体が幸いだと思っています。

今年も、ゲシュタルトの気づきの場で
起こることを
楽しみにしています。




更新を通知する




個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2019-02-15 23:00 | 私のこと
この前の投稿は、
終わってなかった。

きっかけになったこの記事のタイトル
は、最後に疑問符「?」が付いていた。

「女性ばかりを狙う「ぶつかりおじさん」は、ストレス社会が生んだモンスターなのか?」

だから、これに
返事をするとしたら、

「いいえ、それは、
自分の中に生まれるもの。」

「自分の中にあるもの」

「だから、あなたのもの」
「当然、それは、私の中にもある」

「それに、どんな名前をつけるか、
どう育てるか、は、あなたに責任がある」

この場合の「責任」は、
”誰のせい”って意味じゃない。

あなたの力をあなたがどう使っていくか、
あなたに委ねられている。という意味。

その力の源泉に触れる時間をたくさん取りたい。

反発や、恐れ、にその力を振り向けてたとしたら、
勿体無い。

でも、そういうことはよく起こる。

もしかしたら、小さいときに身につけたクセかもしれない。

そうであることに気づくなら、今の大人の自分にその振る舞いが
必要か、検証してみることが出来るかもしれないよ。

もしかしたら、もうふさわしくないかもしれないよ。

その力の源泉へ、手を伸ばしていく機会を作りたい。
なんどもなんども。

あなたの、心からの願いや、思いがそこにあるはずなんだよね。

こんな大事なことなんだけど、
人は、すぐに忘れてしまう。

すぐに手放してしまうんだよね。

だから、なんどもなんども、
そこに触れる機会を作ることがいいよね。

そんな機会を、自分が自分に与えること。
それが、自分を大切にすること。
何よりも、優先したいことだと思う。
ときに、勇気が要ることでもあると思う。

あなたにとって、それは、何になるでしょうね。






個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2018-12-28 22:50 | 個人セッション

ワークショップのご感想

2月から、
これはほんとうに幸せなことなんですが、
ほぼ毎月ワークショップを行わせていただいてきました。

しばらく、グループでのワークを行っておりませんでした。

私が、個人セッションだけではなく、
グループでのワークの場を、もう一度やって行こう、やって行きたい。と、
思うに至る変化というのは、
これは、私自身のプロセスの体現でもありまして、
私自身が、グループやコミュニティといったものへの
信頼を、取り戻しつつ、いや、取り戻した(と言い切ってしまおう)
ことによります。

これについては、
ストーリーがあります。
それはまた、改めて書けたらと願います。

2018年は、今のところ下記のようなワークショップを行ってまいりました。
実に実に有難や。

『ドリーム・ワーク 夢の探求』
〜夢を現実に役立てる〜
わたしの中にある、わたしに関わりを求めている部分と出会う
第1回 2月25日(日)

第2回 3月26日(日)

第3回 6月2日(土)


『あるがまま の探求』
〜あなたが、そのままでいいのだったら?〜
自分自身の体験に触れる力と信頼
第1回 5月4日(金)みどりの日
第2回 7月8日(日)
第3回 7月22日(日)



ワークショップ後、ご参加の方々とのメールでのやり取りなどで頂くご感想の一部を、

許可を頂いた上でウェブサイトに掲載させて頂いております。


皆さんの感性から表現される言葉はどれも力があって、

その度私の身体に響きます。

だけれども、プライバシーとの兼ね合いもあります。


なので、一部の方の、また、部分的に切り取った部分になりますが、

許可を頂いた上でウェブサイトに掲載させて頂いています。

ご快諾頂いた皆さまに心から感謝の気持ちです。


ココにリンクを貼ります。

ワークショップ、また、ゲシュタルトの場に

ご興味をお持ちの方のご参考になればと共有させて頂きたいです。

↓↓

『ワークショップご感想』



現在、行っておりますワークショップは、

下のようなコンセプトで場を作っております。


ご興味おありの方と出会えましたらうれしいです。



*安全な構造を作って、ステップを踏みながら探求を深めていくスタイルです。
自然に、プロセスが動き始めます。


*自分自身の滋養とする為に探求の機会を求める方の場です。


*「気づき・選択・信頼」のゲシュタルトの最も根幹をなす三つの要素が発現される場であるよう、たっぷりの時間とスペースをとり、ゆっくり丁寧に、ステップを踏んで、プロセスを邪魔せず辿って行くことをなにより大切にします。


*なにより場の安全を確保する為に、ゲシュタルトのワークのご経験のない方は参加出来ません。


*このワークショップは、治療を目的とするものではありません。


★ご参加にご興味がおありで、ゲシュタルトのワークのご経験のない方は、

また、久しぶり方は、ワークショップの恩恵を十分に享受する為も

出来る限り事前に個人セッションをお勧めします。


ご参加にご興味を寄せてくださいましたならば、ぜひご相談くださいませ。


〜〜 8月に「夢の探求」ワークショップを行う可能性があります。

8月26日日曜日が候補日に上がっています。


プロセスの流れがありそうでしたら、ぜひ、コンタクトください。


「夢の探求」ワークショップ

藤沢セッションルーム「遊行之座」

10:00~18:00 8000円 (定員3名)


ゲシュタルトの場で、

お会いできたらうれしいです


お問い合わせ・お申し込みは、ウェブサイトの「お問い合わせ」ページから可能です。


ありがとうございます。







個人セッションでお会いできたらうれしいです。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2018-08-18 20:02 | ワークショップ
a0205246_13120353.jpg




セッションルームのバルコニーの掃除をしています。
デッキブラシ日和です。

ここを、すのこにして、
セッションルームから地続きのようにしたいと思っているのです。

夜は、夕涼みが出来たらいいなと、妄想しています。
夏が楽しみだ!


5月4日みどりの日に「あるがままの探求」を行うことができました。

ご自分の中、深いところへ触れる体験。
そこは、意外と、
温かく、賢く、頼もしい。

場を共にさせて頂きました皆様、
ほんとうに、ありがとうございました。

「私」の中に、確かに「あるがままの私」が居ます。
そして、その存在とは片時も離れたことはありません。

そんな存在に、席を作って、
礼を尽くして、挨拶をして、出会って、対話をしました。

わたしがわたしと和解し、
チームになっていく、つまり、統合のプロセスを
助けるワークとなります。

ゲシュタルトセラピーのセオリーの中で、
トップドッグとアンダードッグというのがあります。

トップドッグは、勝ち犬
アンダードッグは、負け犬です。

自分の中にいる、存在です。

葛藤の一つの形態と言いましょうか。

トップドッグは、四六時中アンダードッグへ偉そうに命令を
しています。

アンダードッグは、負け続けながら、生きながらえています。

ワークの中で、出てくれば、
勝つのは、アンダードッグの方です。
少なくとも、ただの「負け犬」ではないことがわかります。

何故でしょうか?

今回のワークは、こんなこととも関係があります。


また、グループの人たちの存在を感じながら、
ワークが行われることにまた意味があります。

自分自身との対話は、
多くの場合、
たった一人で、
脳内で行われてきた
場合が多いかもしれないと思います。

それは、
孤独感を盛り上げることに一役かう
ことにつながっている可能性があります。

知らずに孤立感を再生産していることもあります。

同じ探求をするグループの中で、
自分自身の探求を行うことは、
自己探求を、さらに社会の中で生きていく個人としての成熟化の
プロセスへつなげていくことになります。

「事実とコンタクトする」ことへ戻る
ことをプラクティス出来る機会とも言えるかもしれないです。

それによって、
「思考」を自分にとって好ましく使っていくことが起こります。

人前でワークをするなんて!と、躊躇のある方は多いかもしれないのですが、
試す価値は大きいです。
大きな恩恵があるはずです。
なので、おすすめしたいのです。
しつこく。笑

あなたのトップドッグは今なんと言っていますか?
アンダードッグはどうですか?


このテーマの探求は、
また是非機会を作りたい!と強く願っております。

もし、ご興味を向けてくださいましたら是非お声かけください。

2名いらしたら開催出来ます。


〜〜〜

6月のご案内をさせていただきます。

これは、私個人のことではありますが、、
この場所を、セッションルームとして1年が経ちました!
有難やです。

そんな節目でもありまして、
6月2日(土)にワークショップを行おうとしております。

ドリームワーク「夢の探求」を行います。

そして、ワークショップ終了後、
ゆっくりまったりシェアの時間に出来たらと願っています。

その夜のシェアだけにご参加というのも歓迎します!!

私の中での勝手なイメージは、「キャンプファイアー」。笑


火を囲んで、話したり、黙ったり、寝っ転がったり、星を見たり。。。

そんな時間と空間をイメージして、どなたかとご一緒できたら
私にとって最高のアニバサリーとなります。

よかったら、おいでいただきたくお誘い申し上げます!!


「夢の探求」ワークショップ

6月2日(土)
10:00~17:00 @藤沢セッションルーム 4000円  定員3名(2名min.)

*「夢の探求」については、
こちらのブログ記事がご参考になるかもしれません。
『夢の探求』ワークショップ

その後、シェアリング
18:30ぐらいから

テーマなどはありません。
キャンプファイアーの如くに過ごせたら。。
参加費少額でも頂けましたら助かりますが、詳細などはまだまったくノーアイデアです。

私としては、これはいつもそうなのですが、
その時の居合わせた人たちの中で起こってくることに任せて行きたいという気持ちです。
来てくださる人がいらっしゃれば、ですが。。汗


〜ワークショップご参加あたってのメモ〜

*自分自身の滋養とする為に探求の機会を求める方の場であれるよう、「気づき・選択・信頼」のゲシュタルトのもっとも根幹をなす三つの要素が発現されるよう、たっぷりの時間とスペースを確保して、ゆっくり丁寧に、またステップを踏んで、プロセスを邪魔をせず辿ってゆける場を作っていきたいと思い願っています。


*ゲシュタルトのワークのご経験のない方は、ご相談ください。事前にゲシュタルトの気づきや、「今ここ」に居る為のプラクティスの時間を設定します。(ご経験のある方でも思い出したい、プラクティスしたいというニーズのある方はぜひ言ってください。)

*このワークショップは治療を目的とするものではありません。

〜〜〜

ではでは、
近いうちにお目にかかれる機会が起こりますように願っております。

いつも、ありがとうございます。







個人セッションでお会いできたらうれしいです。



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村







by masumihug | 2018-05-16 13:16 | ワークショップ
a0205246_18250541.jpg
自分自身に、
くつろぐ為に。

冬至の日に、
やさしい、ゲシュタルトの場です。


やさしいゲシュタルト
〜*Being+Harmony〜
12月22日(金)冬至
10:00~17:00(終了時間はずれることがあります。
場のプロセスを優先しますが、ご都合はお聞きしながら行います。)
場所:藤沢セッションルーム(藤沢駅から徒歩6分)
   お申し込みの方へ詳細をお伝えします。
参加費:4000円
*『Being+Harmony』としてご案内しているものと同一です。


オープンシート形式
午前中は、エクササイズ

だけど、
まずは座って、呼吸をし始めるところから。

そして、アウェアネスの使い方、
一緒にやっていきましょう。
きっと発見があるはず。

いつも、内側では、いろんなことが
同時に、そして、複雑に起こっている。

その一つ一つに、目配せしていくと、
重心が床に降りていくのに気づくかも。

人生を重ねた方が、
更に更に、ご自分自身に
くつろいで、
そして、生き生きと、
世の中にご自分の質を混ぜていく。

それは、美しいなぁと思います。

ゲシュタルトのアプローチは、
そんな道筋を勇気づけていくと思っています。

また、自分自身と付き合っていく時のツールとして
持ち帰っていただけるものがきっとあると
思います。

とってもやさしいゲシュタルトの場。
ご一緒出来たらうれしいです。

やさしいゲシュタルト
〜*Being+Harmony〜
12月22日(金)
10:00~17:00(終了時間はずれることがあります。
場のプロセスを優先しますが、ご都合はお聞きしながら行います。)
場所:藤沢セッションルーム(藤沢駅から徒歩6分)
   お申し込みの方へ詳細をお伝えします。
参加費:4000円
*『Being+Harmony』としてご案内しているものと同一です。

*お問い合わせは、遠慮なくどうぞ何なりと。
*お申し込みは、facebookイベントページや、ウェブサイトのお問い合わせフォーム、
 あるいは、メールにてどうぞ! masumihug@gmail.com





〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

     




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2017-12-05 00:43 | ワークショップ

私が私でいること

「今私、まさに私だ」
「今、身体全体で私でいる」

そのように身体ごとで実感している瞬間。
あるかもしれません。
そんな経験が過去にあったなぁと思いだすかもしれません。

そして、
人生のいつもいつもがそうであるわけではないです。

「あるがまま」の自分で、
四六時中居られるワケでもないです。

ましてや、
「あるがまま」の私で居るために、
必死で努力していたとしたら、本末転倒です。

だから、
何度も何度も
繰り返し、思い出します。

こんな大事なことなのに、
忘れてしまうんです。

脇に置いてしまうんですね。

だけど、
安心してください。
それは、何処へも行かないんです。

あなた自身だからね。

いつも
あなたと共に居るんです。

だから、
それは、殆ど思い出すという
ことになります。

だから、
「自分の席に座る」を日課のようにやっています。

「呼吸に気づく」を、
ちょいちょいやります。

それによって、
「今ここ」へ自分が戻ってくることができます。

自分が自分へ戻ってくることが出来ると思います。

自分が、自分の家に戻ってくるような。
自分が、自分自身にくつろぐ。

そして、
今起こっていること、
今体験していることと、
それが何であれ、
「それと共に居ることが出来る」自分を
思い出すことができます。

セッションによって、
その力を育んでいるとも
言えると思います。

今、何と出会っていても
呼吸くらいはする時間があると
思い出すことができます。

そうすると、
選択肢があることに
気づきが広がっていくのを
知ります。

ゲシュタルトの気づきのアプローチは、
何もセッションの中だけのことではなくて、
日常で生かしていくことが可能です。

何より、自分自身に備わる機能だから、
何より、自分自身を先生にしていく
アプローチですから。

セッションという時間でゆっくり丁寧に
気づきの使い方、思考との付き合い方に
選択肢を発見したら、それを
日常へ落とし込んでいくことが
出来るかもしれません。

ゲシュタルトは生き物が生きる仕組み
そのものを応用しているわけです。

自分が、「自分自身へ戻ることが出来る」
と知っていることは、
幼少期のトラウマを解決しようとすることより
重要だったりします。

もちろん、その方の大きなテーマに取り掛かる
時があります。それを否定している訳ではありません。
ゲシュタルトセラピーはまさにそんな時頼りになる
アプローチです。

そこを一瞥しながら、目配りしながら、
今を生きていく術を身につけていくことは
自分自身のパワーを取り戻すことにつながります。

そう信じています。

ひいては、それが、
大きなテーマに取り掛かる準備になります。
あるいは、それが氷解していく可能性があります。

プロセスの邪魔をしないで
やさしく、
開いているドアから。

起こっていることに
任せていきたいと思っています。






〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

 



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2017-07-02 15:28 | 読んでほしい記事

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug