人気ブログランキング |
a0205246_00593558.jpg


『この世界の片隅に』観ました。


戦争の前も最中も後も今も

わたし達は変わらずこの土地に暮らしている人なんだなぁと、

そんな感覚を覚えました。


いかにも日本の風景だとか日本人らしいだとか、

そういうのとも違う感じです。


その感じを映画の後半になればなるほどじわじわと、

よろこびに似た感じで感じるのです。

これまで観てきた戦争をモチーフにする映画を観た後の

感覚とはだいぶ違うものを感じているのです。


そして、

こういうことはあるけれど、

信じる自分と、そばに居るほんの一人か二人か3人か、

全部じゃなくても部分的でも信じられる人がいたら大丈夫だろうと、

そんなふうに今感じています。


世の中がどうであろうと、

外で何が起きていようと、

自分の中に必ずある健全さ、

それを見つけて、

それに触れていることが出来ると思えた。

これがこの映画の感想として

相応しいのか?どうかわからないけど。


そして、また、

明日になったらまた何かに気づくのだろうと思うけど。

そして、もう一つ強く思うのは、

のん(元の能年玲奈)の声なしには、

こうは思わなかったと思うのです。

これは、間違いないな。

のん、おめでとう!よかったよって言いたい気持ちがあります。


追記:今朝、早朝の朝の薄い水色の空に浮かんでる雲間から

金色の太陽の光が漏れている様子を見ていました。

もしかして今が戦争の最中でも、わたしはこの空を見るだろうなと、

そんなふうに思いました。今までもこの空はずっとあって変わりなく、

地上で何が起こっていようと、これからも同じようにあるのだなぁと

思いながら、歩いていました。

この映画の力を感じます。





〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

 



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2016-12-15 17:12 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug