人気ブログランキング |

タグ:コミュニケーション ( 4 ) タグの人気記事

映画『メッセージ』観た


『メッセージ』観ました。
思いがけず、かなりおもしろかったです。

お誘いあって、なんの期待もなく、
予備知識もなく、ただ行ったのだけど、
行って良かった!!

私は、最近、家の敷地を通り道にしている猫と、
(その猫さんがなんとも可愛いので)
煮干しを使ってのコミュニケーションを
試みているのだけれど、
その「煮干し言語」と相通ずるものを
感じてしまい感慨もひとしおとなりました。

そして、

地球外生命とのコンタクトも、
地球内生命同士のコンタクトも、
隣の人とのコンタクトも、
猫とのコンタクトも、
起こってくることは同じ。

言語=思考
その背景に、文化、習慣、歴史。

それを無視しては始まらない。
敬意を払いたい。

そして、

「解らない」に出会うと恐怖に駆られて攻撃しちゃう。

そんな時代を散々経たんだから、
ちょっとばかしは賢くなって、

「解らない」に出会ったら、ちょっともっと近づいてみる。

で、

「あなたを教えて」
「あなたに興味があるの」
「わたしは、にんげん」「こんにちは」
(わたしは、こんな顔(姿・かたち)をしています)

まずは、挨拶から。
ちょっとずつ。
「星の王子さま」で、確かきつねが言ってたことじゃないか。

自分と、自分自身とのコンタクトの時だって、
同じトラブルが起こる。
頻発する。笑

やり方は、やっぱり、
文化、習慣、歴史、に、敬意を払う姿勢で、
挨拶から。

セッションの時は、
私も、クライアントさんの内側の「クライアントさん自身」に、
敬意を表すること、その人に教えてもらうこと、心がけてます。


ところで、

ヘクタポッドの繰り出す「文字」は、
成り立ちが「漢字」と似てる。

これは、英語圏の人の思考や常識に
フレッシュなインパクトを少なからず
与えるんじゃないかな。と、
想像しました。

とてもわくわくした映画。
インスピレーションをたくさん得ました。

今年は、映画の当たり年か。

a0205246_17335667.jpg
煮干し言語の一例
*追記です。
一つシーンを思い出しました。

映画の中で、言語学者のルイーズがヘクタポッドにもっと近づいて、
ガラスの壁越しに手と手を合わせた瞬間、それまでの情報量なんか比較にならない
程の情報を受け取る。(と、これはわたしの勝手解釈ですが。)

一種のインパスと言おうか、或いは、イルカの情報伝達を連想しました。
イメージ的なものを使って体感を伴う情報伝達
をするとたくさんの大事な情報を瞬時に伝えられます。

そんなところから、近づけば、更に、触れれば、
待った無しに大量の情報交換が行われます。

お互いの間に電流が流れるような。そして、それは、火傷するようなリスクの
可能性もあって。。だけど、お互いが、同じように相手を知りたい、伝えたいと強く
思っているからなのかもしれない。

ルイーズとヘクタポッドとのコンタクトのプロセスは、
個人レベルの好奇心を超えていて、
人類、宇宙市民、っていう大きなヴィジョンを共有する者同士の、
大いなる目的がある。という、ところで握り合えた。

そうわたしは妄想し、ぐっときました。

ヴィジョンのスケールが違うと、
カテゴリーエラーが起こるワケです。

大体の場合、気づいてないのです。

もうそこら中で頻発しとるよ。笑
(仲良くなれるはずの夫婦・上司と部下・恋人、あらゆる二人の間で。。)

いやはや、良かったです。



〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

 



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。








by masumihug | 2017-05-28 17:51 | 所感
「ゲシュタルトの気づき」
の視点から見ると、
私たちの日常の風景に、
風が通っていくのを感じます。

そこに、スペースが空くのを
感じることがあります。

その一つで、
こんなのがあります。

「コミュニケーションは、
相手のニーズがわかること
それを満たすことではない」
- Christine Price

会話をしていて、
相槌を打っているからといって、

それは、「あなたに賛成です」と言ってるワケじゃないし、
ましてや、「はい、あなたの言うようにします」では
まったくない。

時々、「あなたに賛成です」
「そのようにします」
が、
自動化していて、
相手の話を受け取り、味わい、吟味することも
すっ飛ばして、
瞬時に、
相手の意向を汲んで動くにはどうしたらいいかな。
と考え始めているように見える方がおられます。

或いは、このような反応が自分の中に起こることを
知っていて、或いは予測してしまって、
人とのコミュニケーション自体を
辞退してしまう人、
嫌気がさして止めてしまう人を見かけます。

残念です。

「相手の話を聴くこと」の中に、
「あなたに賛成です、そのようにします」
は含まれていません。

そのように、感じるならば、
あなたが今まで生きてきた中で、
どこかの時点で取り入れた考え方。
採用した信念。かもしれません。

そんな、
自分の中にある仕組みに気づいたら、
切り分けることができます。

ただ「気づく」だけでも
自分自身にとって好ましい方向へ
動き始めます。

自分自身に観察の眼差しを向けて、
ゆっくり丁寧に、
自分の中で起こっていることに
映画の一コマ一コマごとに区切るように
そのプロセスを注意深くたどってみてください。
優しくね。

気づきという光を当てると、
今のあなたにとって最早必要ない仕組みであれば、
消えていく可能性があります。
変容していく可能性があります。

合理的で、楽で、自分らしい振る舞いへ、
変化している自分に気づくはずです。

そして、今まで採用していたやり方を
決して馬鹿にするのではないです。
それにはきっと理由があります。
「そうせざるを得なかった」時期があったのかもしれない。

だから、優しい眼差しでアプローチします。

元のやり方に、新しい選択肢を加える、
かもしれないし、
或いは、
いくらでも選択肢はあるのだ、
その時決めたっていいのだ。なんて、
自在感が増すかもしれません。

自動反応だったところに、
隙間ができます。

日常に散らばっている
こういった小さな一つ一つ。
それらに、気づきを向けて、
一つ一つを今の自分仕様へ調整していくことができます。

快適さ、自由度が増し、
自分自身にくつろいでいます。

これは、より大きな責任を取り扱っていける
自分を準備することにつながっています。

そんな転換点におられる方が、
セッションに来てくださいます。

それは、そういう理由からです。

一見葛藤です。
もうカオスでしかない。
って、思っておられるでしょう。

だけど、いつも書いているけど、
それは、吉兆。

取り組む意味があります。
価値があります。

人生がそれをあなたに要求してるんだから。
乗ったらいいよ。




いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2016-08-02 01:13 | 個人セッション

コンタクト

a0205246_09415074.jpg



誤解を恐れず言えば、
わたしは、コミュニケーションなんて
どうでもいい。
コンタクトが欲しい。


誰かと共に居て、
その人を感じながら、
自分自身の内側に触れながら、
また、その人に触れていく。


その現在形の流れの中に身を委ねること。


これが、わたしが、
もっとも求めていたものだと
ゲシュタルトに出会って
徐々徐々に、知っていきました。


それが言語化されたのはずっと後になってからだけど。


誰かと会って、話をして、
たくさん話をして、一見盛り上がって。。
だけど、家に帰ってきて、何か物足りなさを
感じる時がある。


一方で、短い時間だったけど、
お互いの詳細情報を話したりはしていないけど、
十分に「出会った」と、感じる時がある。


この違い。


深く触れて「出会った」時のよろこびは、
はかりしれないものがある。


人間の3大欲求に、もう一つプラスして
もいいんじゃないかな。
と、思うほど、わたしには重要。


こんなコンタクトを体験するような、
大袈裟じゃないワークショップ、
できるかな。


ご興味ある人いるかしら。

a0205246_09420464.jpg

写真は、
古〜い冊子。
Gestalt Awareness
A Photo Essay
By Paula Bottome & Steve Gardner


これを度々開く度、
意味するところの深さに驚きます。





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2016-07-25 09:44 | 個人セッション
a0205246_08281772.jpg
今朝の新聞の広告欄。

『人の2倍ほめる本』
(人に好かれる、うまくいく話し方)

わたし。。
こういう感じに褒められても、
気持ち悪いです。

つい最近も、ありました。

どうかフツーに褒めてください。笑

褒めることで取り引きしないでください。

好かれるって書いてありますけど、
ないです。

「好かれ」たい、ならまだかわいい。

「うまくいく」ってなんでしょうね?

私を懐柔するつもり?
思い通りに動かそうっての?(そうはいかないぜ!💢)

それとも、

「なんかあっても気を悪くしたり、
私を攻撃したりとかしないでね。」
のメッセージ?

まだ何も起こっていないのに、
(私との関係が)そんなふうになるって、予測しているの?

???

なんであれ、
言葉で発されていることに加えて、

お腹に、もう一つ、
相手を操縦しようとするような
意図を持ちながら、
何かが繰り出される時、

受け取る側は、
その隠された意図が何であるかはすぐには
分からないけれども、(分かるときもあるが)
「何かある」のは分かります。

「何か」を受け取ります。

そのメッセージが明確でない分、
それは、とても奇妙な感覚として、
感受されます。

言葉より、「何か」の方の印象が強くなる。

人間て、常に感受し合っていますから。
みくびってはいけません。

奇妙な感覚を受け取った相手は、
「褒められた」気がしません。

それよりも、
奇妙な感覚が何なのか気になっています。

人は通常、もやもやしている状態に留まることが耐えられません。

理由を探そうとします。
想像がどんどん膨らんでいきます。

その時、その人の過去の経験が参考材料となります。
脳は、似たようなシチュエーションの過去の記憶を
探します。

中には、とんでもない厭な思い出を持っている人もいます。

その場合、あなたは何にもしていないのに、
むしろ、好かれようとしたはずなのに、
嫌われるという事態を招く可能性があります。

だから、
お願いです。

褒めるなら、

いや、
あなたが、
目の前の誰かさんに対して、
いいね!と思ったことがあったなら、

シンプルに
「いいね!」と言ってほしい。

そして、
もし、もうちょっと付け足したいなら、

「私は、」という主語を付けて、
今のあなたの状態をそのまま描写して
伝えたらもっといい。

それは、プレゼントになります。

「私は、あなたのそういうところを見ると、
自然に笑ってしまうの。」

とか、

「私は、いつもあなたの選ぶ言葉に
はっとするんですよ。インスピレーションを
ありがとう。」

とか、

いい言葉がすぐに見つからない感じだったら、
身体の感覚を探ってみて。

身体は、表現していて、それがまだ言葉に
なっていない時かもしれないよ。

胸の辺りに手を置いて、感じてみると。。。
「うれしい!」(という感覚に)出会うかもしれないよ。

「私は、いま、この辺りに何かを感じているんだけど、
まだ言葉にならないの。
そして、今、間違いなくすごくうれしい!」

とか、

更に、一瞬目を閉じてみると、
自分の内側の、とっても素直な感覚に触れ易くなるかもしれません。

「私は、今、ぴったりの言葉がないのだけど、
とにかく、あなたに会えてよかったって感じています。」

とか。

ただ、自分の今の状態を描写すれば、
それでいい。

それ以上でも、以下でもなく。

身体は、いつも何かを表現しています。
嘘偽りのなく。
もっとも信頼できる、しかも「私だけの」情報源です。

そして、それを丁寧に辿って、
丁寧に言葉にすると、
それは、極上の
プレゼントになる可能性があります。

褒めようとして言葉を探すより、
歯の浮くような言葉をたくさん並べるより、

端的で、シンプルで、最適な言葉が見つかります。

その時の、二人の間で起こっていることに
相応しい、ぴったりの言葉が
見つかります。

やってみて!

この本読んで真似するより、
結果として得られるモノは、
大きいかもしれないよ。

※注)当然のことですが。。
↑の私が書いたサンプルをただ真似したら、
同じように気持ち悪いですよ。笑
歯が浮きまくります。
あくまでも、自分自身に起こっている
ことを描写してみてくださいませね。





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2016-07-14 18:37 | 所感

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug