人気ブログランキング |

タグ:フォーカシング ( 3 ) タグの人気記事

2012年秋〜2013年まで
フォーカシングのワークショップを
よくやっていました。

古いブログ記事を見直しておりまして、
そのフォーカシングを、
ワークショップとして提供したいなぁと、私が
思うに至った経緯と、それにまつわる私自身のこと
について書いた記事に会いました。

少し手直しして、
ここに再度アップいたします。

よかったらご覧いただけましたら
うれしいです。

*****

「感じることが難しい人へ」

2013年2月9日の記事を少し手直しして再掲します。



感じることが難しい人。

それ、かつての私。

どう感じますか?という質問をされると、
イラっとするほどだった。

今はと言えば、その質問が大好き。
感じる質を使うことを自分の生業にしている。
だから、もっと磨かなきゃいけない。

でも、こうなるには、人生は私にちょっと苦労をさせた。

2003年、突然左脚膝から下が炎症を起こし、
しばらく入院し、仕事を休み、病院のベッドで一日中
点滴で抗生剤を身体に流しながら、一日中夢を見ていました。

毎日毎日一日中夢うつつで過ごしました。
病棟の廊下の突き当たりに大きな窓があって、
そこから毎朝朝日が昇るのを見ました。
車椅子に座って。左足だけ、前に突き出したまま。

こんなにゆっくり一日を過ごしたのは、人生初だったかも。

会社へは、でもやっぱり心配だったり、自分の存在を知らせたかったり
もあったかもしれない、しょっちゅうメールで経過を知らせていました。

笑っちゃう。

ぼーっとしながら、自分のやり方、生き方を変えた方がいいのだろうと
分かっていました。

退院し、それからしばらく経って、
あまり大きな声で好きとは言い難かった世界へ恐る恐る
入って行きました。

瞑想なんかを始めてみました。
いわゆるスピ系の人達との交流がありました。

でもね、私は、感じることができなかった。
頭では理解してるよ。
理論はバッチリ。

でもね、実は、感じていないの。
瞑想なんて、絶対ムリだ!

それは、強烈な劣等感だった。
この世界に答えがあるかもしれないと来てみたけれど、
「感じられない」のは致命的だった。

会社もダメ、こっちの世界でもダメ。
私、居場所ないじゃん。

最後の最後、あるセミナーに参加した。
もう、これでダメだったら、私は、またあの物質至上主義の世界
へ戻りますという覚悟で。

そこでやったのは、来る日も来る日も、「感じる」の練習。
真夏の屋外で、ひたすら、木、道端の石、野良猫、花、雲、ビルの窓、
それと向き合った。

泣きそうだった。
落伍者だ。私。

会社では、一定の評価をもらっていた、つもり。
そのために、脚が痛くても、痛さも感じずに、がんばった。
「男なんかに負けるもんか。」
実際、私、男よりデキるし。と内心思っていた。

そして、同時に、
人として、女として、自分がなんの価値も、厚みも、ないの
分かってた。そしてそれを認めてしまうのが、うすうす分かってて、恐かった。

セミナーの、最後の方で、指導してくれる人が私に言った。

「あのね、今手を置いている机、触れてる手が、固いとか冷たいとか、
感じてるでしょ。それが、感じるってことだよ。分かる?
深刻ぶらないで、真剣にやって!」

私、その言葉で、何かが落ちた。

正確には、感じている身体の部分とそれを受け取る心がつながった。
のが分かった。
カチっと音が鳴ったような気もする。

そうか、今、既に、ここにあるんだ。

それでも、感じることは、相変わらず苦手ではあったけど、
徐々に受け取る回路が、流れが良くなっているのが分かる。

日常に戻る。
オフィスにいて、私の中でいろんな声がしている。
それに気づいた。
驚いた。

だって、私は、仕事をしたがってない。
絵が描きたい。ピアノが弾きたい。
今、外へ散歩に行きたい。
太陽を浴びたい。と言っている。

はっきりとした欲求があった。

もっと正確にいうと、
何か、モヤっと、自分の中や周りに存在しているらしいことを、
一つ一つ捕まえて、言語化することが出来るようになった。

「モヤ」のままにしておくことや、
それを無視することにしていたことを、
捕まえて言葉にすることを、
自分に、許可をした。のだ。

そして、
「これが生きているということか!」
と知った。

許可をするとか、しないとか、
自分のカラダで、自分の人生なのに。。。
許可なんかホントはいらないのにね。

この後、このセミナーの続きを受けるため、
要はもっと感じるために、
本家のある米国へ2回も行った。

それが、2007年のこと。
私は、「感じる」を取り戻すのに、ものすごい時間とお金を使いました。
私の場合にはそれが必要でした。

そして、
やっと人間になった。と、本当に思いました。

だから、私、
「感じる」には、人一倍、思い入れがあります。

「感じる」のレッスンができないかなと、ずっと頭の片隅にありました。

私のように苦しんで、答えの見えない人がいるはずだから。
そんな所でスタックしなくたっていいと。

同時に、これを伝えるのは難しいと感じていました。

そして、スキルとしてのフォーカシングに出会いました。
うれしかった。

フォーカシングは、その辺りを知らぬ間に越えさせてくれると思いました。
やさしく、穏やかに。
身体のどこか、を入り口に、ゆっくり丁寧に辿っていくことで、
いつの間にか、「感じる」をやっている。
と、思いました。
これなら、安全に伝えられるし、私みたいに大金を払わなくていい。

「感じる」ことに困難を感じる人に、サポートができたらと思っています。
そのために、このワークショップをもっと育てていきたいと思っています。

なぜなら、人間は、感じていないわけがないということ。
そして、感じるとは、ここに肉体をもって生きているということだから。

今の私は、感覚の中にいるときが大好き。
それを使うのが大好き。
そして、もっとこの感覚を磨こうと、磨かなくちゃいけないと思っています。
そして、描写するための言葉、ぴったりのコトバをもっと持ちたいと思っています。
感じたことを、言葉にして、最高の贈り物にしたいと思っています。

大の苦手だったモノが、今私の一番頼れるモノになっています。

フォーカシングワークショップが、参加してくださる方々の
何かのきっかけになったらと願います。

次回のフォーカシングワークショップは、
2/24日曜日
3/16土曜日
です。

****

**注:この記事は、2013年2月9日のものです。

元のブログ記事はこちらです。↓

フォーカシングだけのワークショップは
現在は行ってないんです。
だけど、

フォーカシングとゲシュタルトのアプローチは
途中までとても似ています。

セッションの中では、それが自然に起こるように
ファシリテートしています。









〜個人セッションでお会いしたいです〜

120分間、自分自身に最大の興味と関心を向ける
あなたのための時間です。
あなたがあなたと出会っていく時間になります。

 



いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。





by masumihug | 2017-03-07 01:57 | 私のこと
a0205246_08281772.jpg
今朝の新聞の広告欄。

『人の2倍ほめる本』
(人に好かれる、うまくいく話し方)

わたし。。
こういう感じに褒められても、
気持ち悪いです。

つい最近も、ありました。

どうかフツーに褒めてください。笑

褒めることで取り引きしないでください。

好かれるって書いてありますけど、
ないです。

「好かれ」たい、ならまだかわいい。

「うまくいく」ってなんでしょうね?

私を懐柔するつもり?
思い通りに動かそうっての?(そうはいかないぜ!💢)

それとも、

「なんかあっても気を悪くしたり、
私を攻撃したりとかしないでね。」
のメッセージ?

まだ何も起こっていないのに、
(私との関係が)そんなふうになるって、予測しているの?

???

なんであれ、
言葉で発されていることに加えて、

お腹に、もう一つ、
相手を操縦しようとするような
意図を持ちながら、
何かが繰り出される時、

受け取る側は、
その隠された意図が何であるかはすぐには
分からないけれども、(分かるときもあるが)
「何かある」のは分かります。

「何か」を受け取ります。

そのメッセージが明確でない分、
それは、とても奇妙な感覚として、
感受されます。

言葉より、「何か」の方の印象が強くなる。

人間て、常に感受し合っていますから。
みくびってはいけません。

奇妙な感覚を受け取った相手は、
「褒められた」気がしません。

それよりも、
奇妙な感覚が何なのか気になっています。

人は通常、もやもやしている状態に留まることが耐えられません。

理由を探そうとします。
想像がどんどん膨らんでいきます。

その時、その人の過去の経験が参考材料となります。
脳は、似たようなシチュエーションの過去の記憶を
探します。

中には、とんでもない厭な思い出を持っている人もいます。

その場合、あなたは何にもしていないのに、
むしろ、好かれようとしたはずなのに、
嫌われるという事態を招く可能性があります。

だから、
お願いです。

褒めるなら、

いや、
あなたが、
目の前の誰かさんに対して、
いいね!と思ったことがあったなら、

シンプルに
「いいね!」と言ってほしい。

そして、
もし、もうちょっと付け足したいなら、

「私は、」という主語を付けて、
今のあなたの状態をそのまま描写して
伝えたらもっといい。

それは、プレゼントになります。

「私は、あなたのそういうところを見ると、
自然に笑ってしまうの。」

とか、

「私は、いつもあなたの選ぶ言葉に
はっとするんですよ。インスピレーションを
ありがとう。」

とか、

いい言葉がすぐに見つからない感じだったら、
身体の感覚を探ってみて。

身体は、表現していて、それがまだ言葉に
なっていない時かもしれないよ。

胸の辺りに手を置いて、感じてみると。。。
「うれしい!」(という感覚に)出会うかもしれないよ。

「私は、いま、この辺りに何かを感じているんだけど、
まだ言葉にならないの。
そして、今、間違いなくすごくうれしい!」

とか、

更に、一瞬目を閉じてみると、
自分の内側の、とっても素直な感覚に触れ易くなるかもしれません。

「私は、今、ぴったりの言葉がないのだけど、
とにかく、あなたに会えてよかったって感じています。」

とか。

ただ、自分の今の状態を描写すれば、
それでいい。

それ以上でも、以下でもなく。

身体は、いつも何かを表現しています。
嘘偽りのなく。
もっとも信頼できる、しかも「私だけの」情報源です。

そして、それを丁寧に辿って、
丁寧に言葉にすると、
それは、極上の
プレゼントになる可能性があります。

褒めようとして言葉を探すより、
歯の浮くような言葉をたくさん並べるより、

端的で、シンプルで、最適な言葉が見つかります。

その時の、二人の間で起こっていることに
相応しい、ぴったりの言葉が
見つかります。

やってみて!

この本読んで真似するより、
結果として得られるモノは、
大きいかもしれないよ。

※注)当然のことですが。。
↑の私が書いたサンプルをただ真似したら、
同じように気持ち悪いですよ。笑
歯が浮きまくります。
あくまでも、自分自身に起こっている
ことを描写してみてくださいませね。





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。






by masumihug | 2016-07-14 18:37 | 所感

思考は悪者なの?

なんか、へんだな~と
時々でっくわして思うのだけれど、
思考を悪者のように言う人。

そうじゃないと思うよ。

思考が悪いんじゃなくて、
大事なのは、その材料だよ。

以前にもブログに書いておるんですが。

(以前の記事はコチラです⇨『思考するんなら徹底的に」

新鮮な材料、つまり、五感やカラダで、
今まさに、体験していることを材料にして、
思考するんだよ。

そういうふうに、人間の仕組みは出来てる。

だから、記憶の中にある前例とか、パターンがべっとり
くっついていてそれが筋肉の動きまで連動しているような
そんな未完了なエピソードがあれば、
今体験していることを見逃してしまう。

思考の材料が、フレッシュなものでない。

だから、つまり、古い材料で思考していて、
これが、いわゆる、かの有名な 「堂々巡り」。

これは疲れるねって話であって。。
思考そのものが悪いって話しじゃないはずだよ。

セッションの中では、
その「堂々巡り」についても
見ていくことができますけど。

たとえば、
そこは、しょっちゅうぐるぐるうろうろしてるくせに、
本人節穴の目で見てるってことだから、
(セッションという時間と場所の中で)
2つの(本人と私の)気づきを向けていくというワケです。

本人、毎日見逃してるから、ここは宝の山になってるワケです。

それがね、心理ワークのおもしろいところだよ。

そして、言いたいのは、
「思考」を悪者にしないでと。
人間に、ムダなものなど一つも備わってないよ。
言いたいです。

逆に、思考するんなら、
徹底的にやってみたらとも、言いたいです。
それこそアタマから血が出るくらい。

ヘンなところで止めて、「あ~思考が出てきた」なんて
お化けが出たみたいな、言い方して、そのお化け
あなた自身です。

あなたが、まさにあなたに出会ってる瞬間なんだよ。
あなたが、まさに、あなたらしい、あなた独自の
解を導きだそうとしてるその直前。

心の目を括目して、よろこんで、注意深く、丁寧に、ゆ~くりと
出会ってみたら、とってもおもしろいよ。

そんなとき、自分の手を見てて、きっと、
指がもにゃもにゃと、空をうごめいているよ。
多分、きっと、目はうっすらと閉じている。かも。

何かに触れそうな、瞬間だよ。
言葉以前のもの。
雲のようなもの。
掴めない。そして、確かにある。とわかってる。

おっかけてみて!
続けてみてください。

私は、内心わくわくして、お手伝いします。

個人セッションでお会いしたいです。

*セッションは医療行為ではありません。





いつも読んでくださり、ありがとうございます。
よかったらぽちっと↓ お願いします。
ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ



by masumihug | 2016-04-21 06:20 | 個人セッション

わたしを知って、わたしを生きる。神奈川県藤沢市にて、心理セラピーを行っています。ホームページこちらです。 https://kiku-therapy.jimdo.com/


by masumihug